ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】映画「ネバーセイ・ネバーアゲイン」(2)

<<   作成日時 : 2012/08/31 16:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今まで面白かったのに、クライマックスでオジャンでござる



ネバーセイ・ネバーアゲイン [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2009-02-06

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ネバーセイ・ネバーアゲイン [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




見どころ:馬に乗って城壁からダイブ

地元のアラブ人に人身売買されそうなドミノ
馬を奪ったボンドが、ドミノを救出。
なーんか、アクションの切れが良くない・・・
馬ごと城壁からダイブするシーンは、もろ合成だし。

さらに詳細なネタバレはこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/201611/article_6.html


見どころ:原潜でドミノとシャワー

城塞から馬ごとダイブしたボンドドミノは、アメリカ原潜に救助された。
原潜内で、2人いっしょにシャワーを浴びます。

さらに詳細なネタバレはこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/201410/article_10.html


見どころ:水中メカ登場

悪人側は水中メカ核弾頭を輸送。
ついに登場した水中乗り物の数々、「サンダーボール」に引けを取らないカッコよさ。
特にロケット型のが好き。
しかし・・・ 数が少なくて寂しい・・・

さらに詳細なネタバレはこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/201407/article_15.html


見どころ:人間ロケット

一方、アメリカの潜水艦に救助されたボンドも、1人乗りロケットで追いかけますが。
「サンダーボール」でも登場した人間ロケット、今回は「ぶら下がり健康器」にジェットエンジンをつけたような姿。
SFっぽいメカ続々登場でワクワクです。


見どころ:神殿遺跡でのバトル

地底の遺跡で、核爆弾の準備をするラルゴ一味。
こんな遺跡があったら世界遺産です・・・
デザイン的に悪くはないのだが、なんともディズニー的チープさが漂う。
「レイダース/失われたアーク」の影響が濃厚ですな。
そのインディ・ジョーンズ・シリーズの3作目で、コネリーがパパ役で出演、今回のボンドより遥かに良い演技を見せるわけですが。

そこへボンドたちが潜入、銃撃戦が始まる、が、すぐ終わる。
「サンダーボール」のクライマックスでは、映画史上に残る壮大な水中バトルを見せてくれたのですが、それに比べると、あまりにショボい!ショボすぎる!ショボボボボ〜〜〜〜ン!!!
「サンダーボール」を超えたいなら、ここは1番お金とエネルギーをかけるところだろ!
無理にいいところを探すと、アーウェン37という特殊銃で、スタン・グレネード(目潰し閃光弾)を発射するシーンが良かった。
それだけ。


見どころ:水中でラルゴと決闘

水中スクーターで核爆弾を運ぶラルゴ、井戸から発射するつもりだろうか。
ヘリから井戸にダイブしたボンドは、水中でラルゴと戦う。
「サンダーボ−ル」では暴走する水中翼船で戦いましたが、今回は1対1の水中格闘。
危ないところをドミノに救われるのも、旧作と同じですが・・・
「え?これで終わり?」

さらに詳細なネタバレはこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/201707/article_1.html


見どころ:「2度とごめんだ」

プールサイドでドミノとイチャつくボンド、そこにMr.ビーンが侵入、プールに落ちて笑いを取る。
ミスター・ボンド、帰ってきてください!」
ネバーアゲン(2度とごめんだ)」
と答えてボンド、カメラ目線で観客にウインク。
Never Say Never Aain・・・と、コネリーの奥さんの声、じゃなくて主題化が流れてエンディング。
有名な話ですが、「(ボンド役は)2度とごめんだ」というコネリーに対し、奥様が「Never Say Never Aain(2度とごめんだ、なんて言わないで)」と答えたのが、本作のタイトル。
ということは、奥様も著作権があるってことでいいのか、ケヴィン・マクローリー
ともかく、これでコネリーボンドは永遠に去っていきました。

今回のエントリーで並べたクライマックスパートの見どころは、まったくいいところナッシングです。
アカデミー尻すぼみ賞です。
クライマックスは映画の中で1番おもしろくなければなりませんよね。
製作する時は、まずクライマックスのイメージを先に作るべきじゃないかなあ。
アーヴィン・カーシュナーは映画学校の講師をしていたのに、そんなこともわからんかなあ。


#92 ネバーセイ・ネバーアゲイン

1 傑作と思いきや、クライマックスで失速の残念作
http://puripuriouch.at.webry.info/201208/article_16.html
6 ついに帰ってきたコネリー、微妙なところもあるが、グイグイ引きこむ
http://puripuriouch.at.webry.info/201209/article_3.html
5 本家と同じキャラが出ても、見劣りしてしまう偽物の悲しさ
http://puripuriouch.at.webry.info/201209/article_2.html
4 タンゴは若造に似合わない! 脂ぎった初老のコネリーだからこそ
http://puripuriouch.at.webry.info/201209/article_1.html
3 本シリーズに先行するバイク・アクション、カッコイイ!
http://puripuriouch.at.webry.info/201208/article_18.html
2 今まで面白かったのに、クライマックスでオジャンでござる
http://puripuriouch.at.webry.info/201208/article_17.html
7 *** シリーズ番外編「ネバネバ」あれこれ ***
http://puripuriouch.at.webry.info/201209/article_4.html











テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ネタバレ】映画「ネバーセイ・ネバーアゲイン」(2) ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる