ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】映画「キャノンボール」

<<   作成日時 : 2012/09/06 21:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

THE CANNONBALL RUN (1981)



キャノンボール デジタル・リマスター版 [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
2010-12-17

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by キャノンボール デジタル・リマスター版 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




豪華キャスト映画ってダメ映画になりやすいよね

ロジャー・ムーアジャッキー・チェンの共演!
ということで少年時代わざわざ劇場まで見に行ったが、あまりの下らなさにゲッソリして出てきた思い出あり。
にもかかわらず、ブックオフでDVD見つけて買ってしまった・・・
やっぱり下らないけど、人間の器が大きくなっているので、なんとか許容範囲、昔よりは好感度がアップした感じだ。
ファラ・フォーセットが意外とかわいいし、怪奇俳優のジャック・イーラムはけっこう面白かった。
が、なんといっても007ロジャー・ムーアである。
007シリーズでは、ムーアだけが唯一、「アストンマーチンに乗ったことがないボンド」であった。(ムーアといえば、ロータス・エスプリ
それが今回、ついにアストンDB5でレースに参加。
アストン、全ボンドをコンプリートである。
最後も「ゴールドフィンガー」のパロで締めるし、007好きなら見ても損はしないかな。するかな。


*** ネタバレあらすじ ***

アメリカで開催される違法な公道レース「キャノンボール・ラン」
賞金目当てにバート・レイノルズディーン・マーティンといったクセ者たちが集まってくる。
イギリスからロジャー・ムーアアストンマーチンDB5で、日本?からジャッキー・チェンがコンピュータ制御のジェット・エンジン付きスバル・レオーネで、アラブからも石油成金がロールスロイスで、その他いろいろバカが続々参戦。
主人公バート・レイノルズはスピード違反でも捕まらない救急車で走る作戦を立て、怪しい医者ジャック・イーラム)と患者役の美女ファラ・フォーセット)をスカウト。
いろいろ大乱戦の末、ピーター・フォンダ率いる暴走族軍団とストリート・ファイト、ここでようやくジャッキーカンフーが炸裂。
スタントマン出身のハル・ニーダム監督は、生身のスタントで迫力あるシーンを撮りますが、どうもこうアクションが短くてブツ切りな感じ。
違法行為を楽しい祭りのように描くのも感心しませんな。
一応ネタバレするけど、優勝するのはカウンタックガールズ

追記:007シリーズ第8作「死ぬのは奴らだ」で、製作会社がショーン・コネリーにかわる新しいボンドを探してる時、バート・レイノルズも候補に上がったそうだ。
が、アメリカ人はイカンということで、イギリス人のロジャー・ムーアに決まった。
そういうトリビアを知ってから本作を見ると、また微妙な感じ。
しかしレイノルズ、どう見てもボンドじゃないよねえ・・・


バート・レイノルズの主演作「さすらいのガンマン」のエントリーはこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/201211/article_5.html












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
キャノンボール、映画館に見に行きましたよ。

やはりロジャームーア見たくて(笑)。

自分がロジャームーアだと信じきってる金持ちの御曹子・・・50過ぎた男が御曹子ってのもね(爆)。

服と女性がコロコロ替わるのもウケてました。

当時はカッコ悪いロジャームーアが
「ちょっとなぁ!(汗)」
って思いましたけど・・・今見ればなかなか良いですね。

キャノンボーラーの人達がかなり鬼籍に入られてるのが悲しかったですね。
ナッシュ
2016/09/17 20:28
でもロジャーはおいしいとこもってきましたよね。
鬼籍に入った人の中で、特にファラ・フォーセットが残念・・・
なんかひどい死に方だったらしいですね。
あうち
2016/09/17 20:48
ファラ フォーセット、美人でしたね。
内容は覚えてませんが中坊の頃に見た

「サンバーン」

か刺激的でした・・・同時上映だった

「カリフォルニアドリーミング」

は更に(爆)。
ナッシュ@荒らし中〜!
2016/09/19 09:19
サンバーンおぼえてますよ!
カリフォルニアドリーミングは覚えてませんがエロそうなオーラが漂ってますね!
ファラーの2番煎じだったスーザン・アントンも好きでした。

あうち
2016/09/19 14:12
こちらですね。

>ジャッキーのプロジェクトAってこれより後でしたっけ

後です。

>それって「EDの時にNG場面集をやる」という趣向がプロAに受け継がれたってことですよね。

そうです

>あの時代って日本のTVドラマもやたらとNG集をやっていたような・・・

やっていました。でもシリアスなドラマはNG集やらない方が良かったかも

>しかしレイノルズ、どう見てもボンドじゃないよねえ・・・

「さすらいのガンマン」を見た時に、改めてそう思いました
蟷螂の斧
2016/11/27 07:13
「さすらいのガンマン」ご覧になりましたか!
あのエンディングがすごい好きです。
レイノルズもヒゲをそればイメージ変わるかもですが、いずれにしろボンドはイギリス人じゃないとイヤですよね・・・

NGがはやりだしたのって「とんだカップル」あたりからでしたっけ・・・
記憶がもうろうとしてますが。
あうち
2016/11/27 20:52
>あのエンディングがすごい好きです。

いいですよね〜
あの映画はマカロニウェスタンらしい残酷さもありました
悪党たちが列車を狙う目を開けたまま死んでいる乗客たちが何度も映される
「何て、残酷なんだ」子供の頃、テレビで見てウンザリました
だけど、マカロニウェスタンの撮影現場って案外和気藹々で楽しい雰囲気だそうですよ

>NGがはやりだしたのって「とんだカップル」あたりからでしたっけ・・・

そうです。例えば、タヌキ役の秋山武史さんがハンバーガーを食べている最中に突然咽て、咳が止まらない場面
「あぶない刑事」等で名脇役だった秋山さんも45歳の若さで逝去。まだ幼かった娘さんの弔辞が泣かせました・・・
蟷螂の斧
2016/11/28 17:55
怖い映画の撮影現場は笑い声が絶えない、あるいはコメディ映画の現場はピリピリしてる、という話を聞いたことがありますが、そんな感じなんでしょうかね〜
ラテン系の人たちだし楽しいかもしれませんね。
ロケ弁もおいしそうなのが出てきそう笑

うーん、すみません。秋山武史さんという方知りません・・・
画像で見てもピンと来ない・・・
思えばあのころからドラマをほとんど見てないかも。
「あぶない刑事」も1話も見たことないし・・・
主役の人がレパードに乗ってるということしか
あうち
2016/11/28 21:37
>怖い映画の撮影現場は笑い声が絶えない

北野武監督の「アウトレイジ」

>コメディ映画の現場はピリピリしてる

マリリン・モンロー主演「お熱いのがお好き」

>ロケ弁もおいしそうなのが出てきそう

ナポリタン?

>ピーター・フォンダ率いる暴走族軍団

イージー・ライダーとは随分違う雰囲気
蟷螂の斧
2016/11/29 20:15
たしかにピーター・フォンダが、こんなチンピラのやられ役とはビックリ・・・
このころはフォンダ・ファミリーの地位もずいぶん下がってたんだなあ。
ジェーン・フォンダも大した作品に出てなかったし。

コメディアンてチャップリンとかウッディアレンとか素顔はシリアスで暗い感じの人が多いですもんね・・・
タケシ監督もけっこう怖そうだけど、そうでもないのかな。
東映のヤクザ映画は現場もピリピリしてたらしいですね。
労働組合ができて争議が絶えなかったそうで
あうち
2016/11/29 21:39
>フォンダ・ファミリーの地位もずいぶん下がってた

栄枯盛衰・・・しかし、お父さんは「黄昏」と言う地味な映画で大成功
この映画は主演男優賞、主演女優賞、脚色賞の3部門で受賞

>チャップリン

私生活に関しては、あまり良い事は言われませんね
猪俣勝人先生も相当嫌っていました

>タケシ監督もけっこう怖そうだけど、そうでもないのかな

物静か
そして、役者さん達の演技を信用してるから一発でOK
中尾彬が「こんなに楽でいいの?」と驚いていました。

>東映のヤクザ映画
>労働組合ができて争議が絶えなかった

まさに仁義なき戦い
蟷螂の斧
2016/11/30 17:40
ヘンリー・フォンダというと西部劇しか知らなかったですが、そのようなアカデミー作品にも出てたのですね・・・
とうろうさんは相当映画にお詳しいですね。
タケシが物静かとは、また意外な・・・

チャップリンの生涯の物語を高校時代の英語の時間に読まされました・・・
ものすごく暗い人生だったです・・・
あうち
2016/11/30 21:38
>タケシが物静かとは、また意外な・・・

ビートたけしさんが小心者で普段静かと言うのは、ほぼ定説です。
「アウトレイジ」「アウトレイジ ビヨンド」
同じく小心者で大人しい三浦友和とは目も合わせず、ほとんど会話もせず、筆談が多かったそうです

>チャップリンの生涯の物語

彼が有名になってから同級生達が批判したと言う説もあります。
「あいつは、あんな愛情のある人間ではない
でも、いいんじゃないんですか?あれだけ素晴らしい映画をたくさん作ったのですから

>とうろうさんは相当映画にお詳しいですね。

そうでもないですよ
昨夜「惑星ソラリス」を初めて見ましたが、よく理解できませんでした
蟷螂の斧
2016/12/01 07:46
ほえー百恵相手にビビルならわかりますが、友和相手にビビルとは・・・
驚きの素顔ですね! フライデーに殴りこんだりするくせに・・・

ソラリスは私も始まって何分かで切ってしまった・・・
でも原作はもっとわかりやすいし、おもしろいですよ!
SFカテゴリーにあるので、よかったら見てください。

チャップリンもそうですが、クリエイターの人格と作品は別に考えるべきですよね。
というかあまり作った人がどういう人間か、知らないほうが楽しめますよね。
あうち
2016/12/01 20:48
>SFカテゴリーにあるので、よかったら見てください。

拝見しました。別の監督だったら、もっとわかりやすい作品になったかも

>フライデーに殴りこんだりするくせに・・・

案外、冷静にあれこれ計算して殴りこんだかも・・・・

>クリエイターの人格と作品は別に考えるべき

そうなんです。
それとは別の事ですが、悪役専門の役者さんが、案外善人や真面目な人が多いと知るとホッとします
蟷螂の斧
2016/12/02 21:19
見ていただいてありがとうございます。
ソラリスはうまく作ればSFホラーっぽいおもしろい作品になりそうなのに、みんなアートっぽく作りたがるんですよね笑

悪役商会のように悪役俳優は良い人が多いという風潮ですが、クラウス・キンスキーなんかは現実でも相当イヤなやつで悪党らしいという話です笑
でもそういう人の方が珍しいかも

あうち
2016/12/02 22:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ネタバレ】映画「キャノンボール」 ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる