ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】映画「007/ダイヤモンドは永遠に」(2)

<<   作成日時 : 2012/10/18 22:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

B級映画の安っぽさムンムン、これが本当に007?



007 ダイヤモンドは永遠に アルティメット・エディション [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2006-11-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 007 ダイヤモンドは永遠に アルティメット・エディション [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




例によってお尻から見どころ単位でネタバレビュー。

見どころ:女装ブロフェルド

見どころというより、見たくないところですな。
悪のボスが女装するのはシリーズで唯一。
ブロ猫を抱いたマダム・ブロフェルドにつられて、ティファニーあっさり捕まる。
ティファニーがなぜブロを知っていたのか、謎です。

さらに詳細なネタバレはこちら!
http://puripuriouch.at.webry.info/201406/article_11.html


見どころ:ダイヤモンド衛星の攻撃

打ち上げられた衛星が、地球攻撃を始める。
合成は低予算映画並みですが、衛星のデザインはグッジョブです。
それにしてもダイヤの密輸の話から、このようなSF展開へもっていく脚本、かなり強引で無理ありすぎ。

さらに詳細なネタバレはこちら!
http://puripuriouch.at.webry.info/201405/article_10.html


見どころ:クッションボール?で落下

衛星はバハ・カリフォルニアの石油櫓でコントロールされている。
場所がわかった時点で詰んだも同然ですが・・・
ティファニーを救出するため、なんと呼ぶのかわからない、けったいな水に浮くボールで降下するボンド
歴代の空中降下シーンの中でも、かなりマヌケだ。
制作者側はユーモアをこめたつもりなんだろうけどね・・・


見どころ:カセット交換失敗

海上油田基地ということで、なんか殺風景な美術セット。
ボンドに計画を説明したくてたまらないブロさん
拉致されたはずのティファニーが、エロい衣装でフテくされたように寝転がってるのも、なんかヤル気がなくていい。
衛星をコントロールするテープを、ボンドは小手先のトリックですり替える。
抜いたテープをティファニーのパンツに突っこむところ、やらしい。
結局はティファニーのドジで失敗しますが・・・
ガイ・ハミルトン監督「黄金銃」でもそうでしたが、こういうヒロインのドジでボンドがピンチになるという展開好きだよね。
ドジッ娘属性があるのかな?

石油櫓、カセットテープ、ボンドのセコい手口、ティファニーのドジ、こういった要素が一体となって、安っぽいB級映画の雰囲気を高めます。
B級マニアは嬉しいだろうけど、世界最高のエンターテイメントを期待する一般客は「これが007なのか?オーマイガー・・・」とゲンナリ気分。

さらに詳細なネタバレはこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/201410/article_9.html


見どころ:石油櫓でのバトル

ヘリ部隊が石油櫓を攻撃開始、ようやく007らしいスペクタクルの始まりです。
といっても、迫力イマイチですがー
本来は海底部隊も登場、もっと盛り上がる予定だったのが、爆発事故で撮影が短縮されてしまったらしい。

秒読みが始まる中、1人だけ小型潜水艇で脱出しようとするブロさん
小型潜水艇のデザイン、グッジョブです。
ボンドがクレーンを奪って、潜水艇をコントロールセンターに叩きつけるところは、この映画で初めてのスカッとするシーン、007の醍醐味です。
「くたばれブロフェルド!」って感じで、ボンドもようやく復讐を果たしました。
3作も連続して悪ボスを務めたブロフェルド、いったん退場。


見どころ:客船で殺し屋コンビを返り討ち

事件解決後、原作だとクイーン・エリザベス号でイギリスへ向かいながらティファニーと甘い時を過ごし、殺し屋コンビと最後の戦いに突入するのですが、映画だと、よくわからん客船が出航シーンだけ登場、あとはセットでの撮影となります。
豪華客船を借り切って撮影できなかったところに、予算の不足を感じますな。
ともあれ専用デッキのある高級スイートルームのセットは、ナイス美術。
ウイントキッド殺し屋コンビが給仕に化けて、料理を運んでくる。
ケーキに仕掛けた爆弾がなんともチープで・・・これが本当に007?と何度問いかければいいのか。
「ムートン・ロートシルトはクラレットだよ」
ワインのウンチクで相手を偽者と見破るボンド、しかし続く格闘もなんかチープ・・・
火だるまになった方はガッツを認めるが、股間を圧迫され「ワーオ!」と嬉しそうな顔をするホモ殺し屋はちょっと・・・
こういう下品なギャグ、やめれ。ハミルトン

さらに詳細なネタバレはこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/201706/article_17.html


見どころ:ティファニーのおねだり

「あのダイヤを取り戻す方法はないの?」
衛星を見上げながら欲の張ったことをいうティファニー
最後に洋上を行く豪華客船の俯瞰図があれば良かったのだが・・・
セット撮影では無理か。
エンディングオープニングとまったく同じバージョン。

さて、これで今度こそ本当にコネリーは去っていく。
番外編「ネバネバ」で復活する時まで・・・


#07 007/ダイヤモンドは永遠に

1 コネリーがギャラ取りすぎで製作予算を圧迫した安普請失敗作
http://puripuriouch.at.webry.info/201210/article_13.html
6 愛妻トレーシーを殺された復讐が始まる!え?ちがうの?
http://puripuriouch.at.webry.info/201210/article_18.html
5 ティファニーで肉食を?ファニー・フラッシュ!変わるわよ
http://puripuriouch.at.webry.info/201210/article_17.html
4 月面車のシーンを10回見ると幸せになれるよwww
http://puripuriouch.at.webry.info/201210/article_16.html
3 秀逸なセットには目を見張るが、アクション手抜きやろ(笑)
http://puripuriouch.at.webry.info/201210/article_15.html
2 B級映画の安っぽさムンムン、これが本当に007?
http://puripuriouch.at.webry.info/201210/article_14.html
7 *** シリーズ第7作「ダイヤモンドは永遠に」あれこれ ***
http://puripuriouch.at.webry.info/201210/article_19.html











テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
>女装ブロフェルド

「頼むからやめくれー!」と思いました。

>衛星をコントロールするテープを、ボンドは小手先のトリックですり替える。

「(若山弦蔵の声で)この裏切り者め!」と言いながらカセットを入れる。
「ヒッ!?」と驚いた小声を出すティファニー。あれは笑いました!

>日本の映画にもチラホラ出てたけど「人間の証明」まだ見てない・・・

暇な時に是非!ラストは衝撃的でした!
松田優作はもう四半世紀以上前に死去。40歳。若かったんですね・・・。
蟷螂の斧
2016/03/17 08:05
石油基地シーンのティファニーの衣装というか水着がすごく好き
というかティファニーの衣装すべてエロいですねー
カセットテープというのも懐かしい・・・
それにしても本心ではブロはボンドを殺したくないのでは、と思うほどボンドの始末を後へ後へとずらしますな。
「人間の証明」はこんどTVでやったら必ず見るです
「野生の証明」は何回もやってるのに(高倉健が出てるから)
あうち
2016/03/17 11:08
>「くたばれブロフェルド!」

もしかして、死んでいないかも知れない。再びブロフェルドが登場する可能性もあるからと本に書いてありました。

>豪華客船を借り切って撮影できなかった

あれはセットだったんですね!初めて知りました。
ボンドガールと良い雰囲気で・・・と言う時に、敵(小物)に襲われる。「黄金銃を持つ男」と同じパターン。

>ウイントとキッドの殺し屋コンビ

土管の中で嗅いだ安物の香水が伏線となっていました。

>本心ではブロはボンドを殺したくないのでは、と思うほどボンドの始末を後へ後へとずらしますな。

脚本の弱さ?

>エンディング

「死ぬのは奴らだ」でお会いしましょう。
蟷螂の斧
2016/03/18 08:04
あ、セットというのは私の推測ですが^^;
どこかの船を借りてるかもしれませんね・・・
でもあのシーンの外の風景が単に暗い空だけだし
あの船室以外映らないし
本物の船の中で炎上するスタントはやらないかなーと思ったから
ちょっと英語版ういきで確認してみようかな^^;

やっぱり船で撮影したという記述がないのでセットと思われます。
出航するところはイギリスのサウザンプトンのようです。

せっかくブロが復活できる余地を残したのに著作権でモメてしまうとは、ついてないですよね。
最新作で復活できたからよかったものの・・・
あうち
2016/03/18 12:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ネタバレ】映画「007/ダイヤモンドは永遠に」(2) ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる