ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】映画「ターミナル・ベロシティ」

<<   作成日時 : 2012/11/14 20:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

TERMINAL VELOCITY (1994)



ターミナル・ベロシティ [DVD]
ブエナ ビスタ ホーム エンターテイメント
2004-04-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ターミナル・ベロシティ [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




割と面白かったポスト冷戦時代のスパイ・アクション

マーティン・シーンの息子チャーリー・シーン、悪役俳優クラウス・キンスキーの娘ナスターシャ・キンスキーというビッグな父を持つ2世俳優共演のスカイ・アクション映画。
たぶん映画自体の企画が「ムーンレイカー」スカイダイブアクションに影響されて始まってると思う・・・
ナスターシャが死亡(偽装)するダイブシーンは、もろ「ムーンレイカー」だもんね。
しかし、一方的に007から影響を受けるだけではないのが本作。
クライマックスの「車といっしょにダイブして、トランクに閉じこめられたナスターシャを救出してからパラシュートを開く(絶対ありえないシチュエーション!)」では、逆に「ゴールデン・アイ」に影響を与え返している。
崖からダイブしたボンドが、空中でセスナに乗りこむアレね。
しかし!「地上で開くパラシュート」では「オクトパシー」からもパクッとるね。
だが!「パラシュートのない相手を抱いて2人でダイブ」のシーンは逆に「慰めの報酬」にパクられてるしね。
まさしく007と一進一退のパクリ攻防。
けどまあ、なんといっても冷戦終了後の「ロシアが西側の仲間になった」という空気感が、同時代の「ゴールデン・アイ」と共通してますね。
なかなか面白かったし、ナスターシャも綺麗だし、レンタルで借りるのにいいんじゃないかな。


*** ネタバレあらすじ ***

チャーリー・シーンスカイ・ダイビングのインストラクター。
ある日、彼のスクールに金髪美女のナスターシャが入門、チャーリーはウハウハ。
だが、初ダイブの日、ナスターシャチャーリーの指示を待たず勝手にダイブ、しかもパラシュートが開かない!
あわてて追いかけるチャーリー、が、ナスターシャは地面に激突、ご臨終!
スクールは休業、チャーリーは責任を問われることに。
事故に疑問を抱くチャーリーは、ナスターシャの身元を調査するうち、謎の殺し屋に襲撃され、ますます深みにはまっていく。
ついに生きているナスターシャを発見、彼女と取引きして怪しい工場に潜入したり、検事局の男が実は敵の殺し屋だったり、ジャンク屋が改造したジェットエンジン付きトロッコで逃走したり、いろいろ大変な目に会うチャーリー

ここからネタバレだが、ナスターシャの正体はロシアKGBの調査官
ロシアから大量の金塊を盗み出し、それで兵器を購入、ロシアでクーデターを起こそうと企てる一味を追って、アメリカまで来たのだ。
ダイビング事故で死亡を装ったのは、敵をかく乱するため。
「ロシアでクーデターが起きたら、第3次世界大戦が始まって世界がピンチ!あなたも敵を捕まえるのに協力して、チャーリー!」
と言われても、とんでもない事件に巻きこまれ失業してしまったチャーリー激おこプンプン丸だ。
仕方なく、ナスターシャは1人で敵に立ち向かっていくが・・・
捕らえられ、キャデラックのトランクに押しこまれ、そのキャデラック金塊を積んだ飛行機に搭載され、飛行機は離陸する。
そこへカッコよく小型機で現れるチャーリー
1、まず小型機から、金塊を積んだ飛行機に乗り移る。
2、貨物室で格闘、この時、銃弾で燃料タンクに穴が開く。
3、貨物室のハッチが開き、チャーリー殺し屋を乗せたままキャデラックが落下!
4、殺し屋が脱落する!
5、キーを抜き取ったチャーリー落下するキャデラックの上をトランクに移動!
6、トランクのキーを開けて、ナスターシャを中から出す!
7、キャデラックから飛び降り、ナスターシャタンデム・フライト
8、無事脱出成功と思いきや、目の前に風力発電の巨大な風車群が!
9、奇跡的に巨大な風車の間を飛び抜け、なんとか着地!
10、やれやれ・・・と思ったら、殺し屋のボスもパラシュートで着地、チャーリーをブチのめし、ナスターシャをナイフで刺す!
11、チャーリー殺し屋ボスの未使用の予備パラシュートを開くと、風に流され、ボス巨大な風車の餌食に!
12、燃料が漏れた飛行機は砂漠に不時着、一味は警察に捕まる。

まさに怒涛のクライマックスですな・・・
ラストは、チャーリーがモスクワで勲章をもらって、メデタシメデタシ。
ナスターシャが生きてるのが納得できないんだけど・・・


本作に影響を与えた「007/ムーンレイカー」のエントリーはこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/201208/article_9.html
ナスターシャの父クラウス・キンスキーが凶悪すぎる衝撃ラスト作品「殺しが静かにやって来る」のエントリーはこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/201209/article_16.html
チャーリーの父、マーティン・シーンが列車から転落する「カサンドラ・クロス」のエントリーはこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/201301/article_5.html












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ネタバレ】映画「ターミナル・ベロシティ」 ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる