ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】映画「ナバロンの要塞」

<<   作成日時 : 2012/12/17 20:23   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

THE GUNS OF NAVARONE (1961)



ナバロンの要塞 [Blu-ray]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2012-10-03

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ナバロンの要塞 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




冒険小説の王者マクリーンの作品で唯一マトモな映画化

最高傑作「女王陛下のユリシーズ号」に続く第2作として、王者マクリーンが発表した「ナバロンの要塞」
今度は不可能な任務に挑むプロフェッショナル集団の物語だ。
この名作もすでに日本では絶版、原作をわりと忠実に再現した映画DVDのみが入手可能。
追記:このエントリーの後、ハヤカワ文庫さんより原作が復刊されました!
ハヤカワ、ブラボー!

ティオムキンの勇壮な音楽、いいですなあ。
テーマ曲のコーラス入りバージョンも、すごく好き。
ミラー伍長を演じるデヴィッド・ニーヴンは、007の原作者フレミングジェームズ・ボンドに推してた人ですが、どーーー見てもボンドには見えないだろう・・・(旧カジノでは年老いたボンド役をやってますが)
それよりグレゴリー・ペックの方が、断然ボンドにふさわしいと思いますが。
アメリカ人のペックにはボンド役はオファーされなかったんでしょうな。
かわりに本作で、マクリーン作品を代表するヒーロー、キース・マロリー大尉をカッコよく演じています。
TV放映時の吹き替えは城達也
ジェット・ストリームですよ!


*** ネタバレあらすじ ***

エーゲ海のナントカって島に孤立するイギリス軍兵士を救うため、艦隊を派遣したいのだが、島へのルートにはナバロン島の巨砲がガンとして睨みをきかせており(砲だけにガン・・・なんちて)、近づく艦船をエーゲ海に葬り去らんとしている。
イギリス軍の偉い人はコマンド部隊を組織、この巨砲を爆破しようと企てる。
集められたのは登山家のマロリー、爆破の専門家ミラー、ギリシャ人レジスタンス闘士のアンドレアメカニック殺しのプロ隊長の6名。

漁師を装い、オンボロ漁船で出航した彼らだが、さっそくドイツ軍哨戒艇によって停船を命じられる。
隙を突いて、一瞬でこれを撃破するのが爽快。
続いて襲いくるの中、ナバロン島に上陸。
ただでさえ登攀困難な断崖絶壁が、雨で滑りやすくなって一層危険を増しているが、ここをマロリーのリードで、なんとか登りきる。
出色の登攀シーンだ。
手を突っこんだ隙間から鳩が飛び出すあたり、「ユア・アイズ・オンリー」に影響を与えてますなー。
ここで隊長が滑って、足を折ってしまう。
お荷物となった隊長に、マロリーは本国と連絡を取った後、作戦の変更を告げる。
「我々だけで巨砲を爆破するのが無理そうなので、上陸部隊ナバロン島の海岸から急襲をかけることになった。我々は市内でゲリラ活動をして、ドイツ軍の注意をひきつける」

2人の女性レジスタンスの協力もあり、なんとか市内に潜入した一行、だがドイツ軍に彼らの行動は筒抜けになっていた。
ついに全員、捕われて連行となる・・・
ドイツ軍司令部で尋問を受けながらも、アンドレア弱虫のフリをして、一気に形勢逆転・・・ アンソニー・クインのようなゴツいオッサン駄々っ子のように泣き叫んでたら、さすがのドイツ軍もひくわー(笑
もし管理人が悪人に捕まったら、あれを真似しますわー(笑
が、負傷した隊長は足手まといになるので、置いていくことに・・・ ひどい(笑
後にドイツ軍によって自白剤を打たれた隊長は、計画の変更についてゲロッてしまう。
「よし、敵は海岸から上陸してくるのか!」
ナバロン島ドイツ軍兵力のほとんどが海岸に集結、上陸部隊を待ち伏せすることに。
だが、これはマロリーの策略であり、隊長に話したことはウソだった!
敵兵力を海岸に集中させ、その間に要塞に侵入、巨砲を爆破するのだ!

女性レジスタンスの1人がドイツ軍のスパイだったことが判明、マロリーによって始末される。
これでもう、情報が漏れることはない。
アンドレア殺し屋メカニックの3人は市内でゲリラ活動マロリーミラー要塞に潜入。
それにしても・・・ いくらニセ情報海岸に兵力を集中させたからって、さすがに要塞警備が薄すぎて、あれはないわー(笑
殺し屋メカニックは戦死、アンドレアは生き延びて、マロリーミラーと合流。
ミラーの仕掛けたメインの爆弾ドイツ軍に発見されるが、砲弾運搬用のリフトに仕掛けた予備の爆弾が炸裂、要塞は炎に包まれる。

まあ、名作ですよ。


アリステア・マクリーン原作の戦争アクション映画
「ナバロンの要塞」のエントリーはこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/201212/article_9.html
「ナバロンの嵐」のエントリーはこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/201302/article_2.html
「荒鷲の要塞」のエントリーはこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/201212/article_8.html

アリステア・マクリーンの最高傑作にして海洋冒険小説最高峰「女王陛下のユリシ−ズ号」のエントリーはこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/201210/article_10.html










Coleman(コールマン) フェザーストーブ 442-726J
Coleman(コールマン)
2012-03-08

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Coleman(コールマン) フェザーストーブ 442-726J の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ネタバレ】映画「ナバロンの要塞」 ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる