ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】映画「007/ドクター・ノオ」(2)

<<   作成日時 : 2013/03/19 21:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

原子炉を爆破してドヤ顔のボンドにドン引き



007/ドクター・ノオ
EMIミュージック・ジャパン
1996-01-17
サントラ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 007/ドクター・ノオ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




それでは、お尻の方からネタバレビューいきまする。

見どころ:拷問トンネル

原作だと、ここから盛り上がるんだけどなー。
やけにアッサリ脱走できたと思ったら、実は囚人の耐久力をテストする拷問ドンネルで、冷気タランチュラの群れといった難関がボンドを待ち受ける・・・(原作では、ここでタランチュラが登場)・・・そして最後は巨大イカとの対決!
大人向けな原作シリーズの中でも、少年向け冒険小説のようなワクワク感が強いクライマックス。
初めて読んだ中学生の時、大いに楽しんだものです。

ところが映画だと、単なる通気口だよね・・・
確かにボンドがこれほどボロボロになってるのは珍しいが、決死のサバイバルという感じはあまりしない。
「マヌケな作りの基地だなー」と思うだけ。

さらに詳細なネタバレはこちら!
http://puripuriouch.at.webry.info/201612/article_4.html


見どころ:司令室でドクター・ノオと対決

後の作品に比べると地味ですが、ケン・アダムスのデザインした見事な司令室のセット、まさに秘密基地の原点。
だけど同じ室内に原子炉があるって、どういうこと・・・?
スタッフの無知ぶりが第1作から炸裂しています。
ちなみに原作には、原子炉なんか出てきません。
防護服を着けたドクターは、まるで宇宙人のような不気味な存在感ですが、戦ってみると、あまり強くない・・・鋼鉄の腕のパワーはどうしたのか?
シリーズ屈指の名悪役だけに、「え?これでおしまい?」というガッカリ感がハンパない。

さらに詳細なネタバレはこちらぞい
http://puripuriouch.at.webry.info/201708/article_2.html


見どころ:クラブ・キー大爆破

ちょっとしたパニック映画のような大混乱シーン。
ハニーがいい感じで拘束されてるのに、なんの見せ場もなく解放される。
少しは「レッド・サン」の拷問シーンを見習ってほしい!
それにしても原子炉爆発やで?
福島を体験した我々は、正直いって笑えない。
無知って幸せだよね・・・カリブ海が死の海と化したのに・・・ボンドハニーも思いっきり被爆してるのに・・・

さらに詳しいネタバレはこちらなんじゃないかな
http://puripuriouch.at.webry.info/201706/article_14.html


見どころ:ハニーと海上を漂う

放射能とか一切無かったことにして、ボートでイチャつく2人。
せっかくライターが救助に来たのに、ロープを外し、海上を漂っていく。
なんという能天気、なんというおバカ映画・・・
「マンゴーの木の下で」のインストに続いて、「ジェームズ・ボンドのテーマ」で締める。
まさか、これが世界一長く続く人気シリーズとなるとは・・・公開当時、誰も思わなかったでしょうな。
続く第2作「ロシアより愛をこめて」で思いっきり化けるとは、予想すらできないB級な第1作でした。


#01 007/ドクター・ノオ

1 今見ると古いし低予算だし、かなり厳しい第1作
http://puripuriouch.at.webry.info/201303/article_5.html
6 全てはこれから始まったんやな・・・「白い穴」から
http://puripuriouch.at.webry.info/201303/article_10.html
5 ただ者でないオーラを感じるドクターの声とタランチュラ
http://puripuriouch.at.webry.info/201303/article_9.html
4 「S&Wは6発だろ?」「お、おう・・・」
http://puripuriouch.at.webry.info/201303/article_8.html
3 名悪役ドクター・ノオ、しかし出番が短すぎ・・・
http://puripuriouch.at.webry.info/201303/article_7.html
2 原子炉を爆破してドヤ顔のボンドにドン引き
http://puripuriouch.at.webry.info/201303/article_6.html
7 *** シリーズ第1作「ドクター・ノオ」あれこれ ***
http://puripuriouch.at.webry.info/201304/article_1.html











テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
>ところが映画だと、単なる通気口だよね・・・

このあたりが低予算映画です。
でも、どんなセットで撮影したのか?気になります
スタジオの中に通気口らしき物を作ったのかな?

>放映の年月まで覚えてらっしゃるとはすごい!

大学に入ったばかりの頃にテレビで見た事を思い出します。

>とうろうさんも同じくらいの年代ですねー

1964年の早生まれです。
蟷螂の斧
2016/08/21 07:59
ということは3学年くらい先輩でいらっしゃいますね!
姉と同じくらいですかな・・・
マグマ大使とか怪獣王子をリアルタイムでご覧になったのでは・・・

あの通気口はやっぱりスタジオでしょうねー
低予算のわりに、いくつもの素晴らしいセットを見せてくれたのが良かったです。
予算のほとんどをセットで使ってしまったのでは・・・
あうち
2016/08/21 15:49
>予算のほとんどをセットで使ってしまったのでは・・・

そうでしょう

>戦ってみると、あまり強くない・・・鋼鉄の腕のパワーはどうしたのか?

原作のように、グアノ(肥料)の下敷きになって死ぬ方がリアリティがありました

>マグマ大使とか怪獣王子をリアルタイムでご覧になったのでは・・・

それが・・・見ていないんです。
リアルタイムは「帰ってきたウルトラマン」ぐらいです
蟷螂の斧
2016/08/25 14:57
ええっリアルタイムが「帰りマン」からとは、私といっしょですね!
そのころうちにカラーテレビがなくて、途中まで白黒で見てました。
子供の頃はカラーと白黒のちがいがよくわからなかったですが笑

ドクターの鋼鉄の義手は義手というよりサイボーグですね。自由に動くし・・・
あうち
2016/08/25 22:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ネタバレ】映画「007/ドクター・ノオ」(2) ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる