ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】映画「レッド・サン」

<<   作成日時 : 2013/04/03 21:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

SOLEIL ROUGE (1971)



レッド・サン [Blu-ray]
角川書店
2012-03-16

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by レッド・サン [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




多くのコピー作を生んだサムライVSガンマン、夢の対決

アメリカへの特使として日本から派遣された三船敏郎ご一行。
だが列車強盗に遭い、天皇から大統領に贈る予定だった日本刀を奪われてしまう。
列車強盗アラン・ドロンは相棒のチャールズ・ブロンソンを裏切り、をいただいてドロンする。
日本の誇りであるを取り戻すため、三船ブロンソンは手を組んで、ドロンを追跡するのだった。

「サンレッド」は溝口を守るヒーローですが、「レッド・サン」三船敏郎チャールズ・ブロンソンアラン・ドロンの3大スター共演のスーパー西部劇
フランスがメインに、イタリアも製作に関わってますが、あまりマカロニ・ウエスタンという感じではない。
監督は誰だっけ・・・ テレンス・ヤング監督かーい!
「ドクター・ノオ」「ロシアより愛をこめて」007を世界的ブームにした人。

「侍が登場する西部劇」というのは、いくつかタイトルが浮かびますが、たぶん本作が元祖にして最高傑作
(日本未公開の「サイレント・ストレインジャー」というのもあったが、あれは何年だっけな・・・?)
三船VSブロンソンの夢の対決シーン、YouTubeにもアップされてましたが、ブロンソン三船に投げられるところにアメリカ人はショックを受けていたようです。
ブロンソンといえば「ウーン、マンダーム」ですが、最近またマンダムのCMを見るようになりましたな。
映画「サムライ」に主演し、「サムライ」という男性用香水までプロデュースしたアラン・ドロン、ついに本物のサムライと対決。
しかし、その3大スター以上に「ドクター・ノオ」ハニーから数段美しくなったウルスラ・アンドレスの存在感が大きい!
そうかー、どうもアンドレスの撮り方がすごくいいと思ったら、テレンス・ヤング監督だったんですなー。
このエントリーのためにウィキで調べるまで知らんかったわ。
音楽は「アラビアのロレンス」モーリス・ジャール、印象的なテーマ曲です。
「マッドマックス3・サンダードーム」のテーマと似てるなーと思ったら、あれもモーリス・ジャールでした。
「好きな映画ベスト10」には入らないけど、「ベスト100」には入る。
それくらい好きな映画です。

クライマックス、いつしか友情の芽生えた三船&ブロンソンのコンビは、仇敵ドロンおよびインディアン軍団とのバトルへ突入。
侍VSインディアンの対決を制した三船だが、ドロンを後ろから斬ろうとしたところへ、ブロンソンが「やめろーっ」と声をかけたので、気づいたドロンが振り返りざま三船を撃つ!
怒りに燃えるブロンソンドロンを仕留めて三船の仇を討つ。
を取り戻したブロンソンは、三船のかわりに日本特使の列車を待ちうけ、電線?にをぶら下げ、去っていくのだった。
レッド・サン(赤い太陽)とは、日の丸のことらしいですぞ。


チャールズ・ブロンソン出演作のエントリー一覧
「レッド・サン」
http://puripuriouch.at.webry.info/201304/article_2.html
「軍用列車」
http://puripuriouch.at.webry.info/201405/article_6.html
「ウエスタン」
http://puripuriouch.at.webry.info/201405/article_7.html
「狼の挽歌」
http://puripuriouch.at.webry.info/201405/article_8.html












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
>テレンス・ヤング監督かーい!

そうなんですよしかもウルスラ・アンドレスが出演
「アンドレスの撮り方がすごくいい」ですよね

>「タワーリング」の何が気に入らなかったのか

最後にポール・ニューマンが言う台詞。
「この焼けたビルはこのまま保存しておくべきかも知れない人類の思い上がりの象徴として」
猪俣勝人先生は「人類」の部分を「アメリカ人」と変えるべきだったと仰っています
「そうすれば広島・長崎に原爆を投下したアメリカ人の良心と同質の言葉と聞かれないでもない」のにと。

>ウエインの部下がトラップにかかって死亡してEND

そうです。ロケ地はアメリカ国内(ジョージア州)ですが。
太陽が沈む場面もジョージア州?西側に海はないですが・・・
蟷螂の斧
2016/12/24 06:06
ほわー・・・その先生はそんなことおっしゃてたですか。
この最後のセリフはアメリカだけが当てはまるものではないでしょう。
実際に日本でも、この後に大きなホテルで大火災が起きてましたよね。
スプリンクラーとか設備してなくて、ほんとに「タワーリング」そのままでした。
ビルの火災まで広島長崎と結びつけるとは、左巻きの人はやっぱり頭おかしい・・・

ロケ地はジョージアでしたか。
あまりベトナムと似てない感じですが・・・
もう1回TVで放送したら見てみようかな。
2回も見るほどの映画でもないけど・・・

あうち
2016/12/24 10:53
>日本でも、この後に大きなホテルで大火災

横井氏ですね。もちろん残留日本兵ではありません

>左巻きの人はやっぱり

1970年代は、映画も評論も左が流行ったのでしょうね。そして歌も

>あまりベトナムと似てない感じ

そう言われています。

>ブロンソンが三船に投げられるところにアメリカ人はショックを受けていたようです。

ボクシングVS柔道
参ったブロンソンが「引き分けって事にしねえか
そして、その後。三船が丁髷も結ってないし、空手も習っていない事に欧米人は驚いたようです。

二人が急な坂を下りる場面。もちろんスタントマンでしょうが、迫力がありました
蟷螂の斧
2016/12/25 14:10
そうですね、あの時代は左の人が多かったですよね。
マカロニでも大好きなセルジオ・コルブッチ監督が共産党員だったり、まあ作品と政治志向は別ということで見てます。

ブロンソンは珍しくお調子者っぽい役をやってますよねー。
いつもの寡黙なブロンソンだったら三船に負けないような気もしますが・・・
日本人というと空手という時代でしたねえ。
ブルースリーとごっちゃにされたり。

坂下りのシーンはよかったですね!
さすがテレンスヤング!
あうち
2016/12/25 21:09
>ドロンを後ろから斬ろうとしたところ

予告編で見ました。ドロンが斬られると思いました。
ところが映画を見たら、ブロンソンの一声で・・・

>電線?に刀をぶら下げ、去っていく

刀は無事に届く?スルーされる?別の強盗に盗まれる?

>まあ作品と政治志向は別

1970年代の邦画。出資者が右翼、スタッフが左翼。手を結んで製作したと言われていますが、果たして・・・・

>さすがテレンスヤング!

飽きない場面を作るのがうまいです
蟷螂の斧
2016/12/28 08:03
70年代は政府もけっこうメチャクチャだったので反体制にもそれなりに意義があったと思います。(日本外国問わず)
製作側もそのへんの「時代の空気」を読んでましたよね。
しかし今見直すとトンデモなことも多いんですよね・・・
スウェーデン作家の「刑事マルティンベック」シリーズは「太陽にほえろ」の原型になった名作ですが、毛沢東を持ち上げたりする場面もあって、ちょっとなんだか・・・

ブロンソンの声掛けはひどい笑
でも侍は死んだ方がカッコいいし
電線に刀をぶら下げたのは日本からの次の特使が乗った列車が来る直前だったので、無事に返却されたのではないかと・・・


あうち
2016/12/28 13:38
あうちさん。こんばんは。昨日僕は仕事納めでした

>70年代は政府もけっこうメチャクチャだったので

最近田中角栄さんが見直されていますね
あの時代はフォークソングも左寄りが多かった。しかし、歌手を雇ってる会社やレコード(死語)を出す会社は右?

>「刑事マルティンベック」シリーズは「太陽にほえろ」の原型になった名作

それは全く知りませんでした。

>無事に返却されたのではないかと・・・

ホッとします

>アンドレスの撮り方がすごくいいと思ったら、テレンス・ヤング監督

ブラウス一枚しか着ていないアンドレスがブロンソンに引っ叩かれる
色っぽく倒れる
あのあたりは監督の好みかも知れません
蟷螂の斧
2016/12/29 17:41
m(_ _)m とうろうさん、お疲れ様でした。
年始年末はゆっくりしてください。

「マルティン・ベック」シリーズは「笑う警官」が特に有名で、「マシンガンパニック」という映画にもなってます。
個性的な刑事たちが登場し、エド・マクベインの「87分署」シリーズとともに「太陽」に多大な影響を与えたらしいですよ。
共産主義者の社会派ミステリーといえば日本では松本清張なんかもそうですね。

アンドレスのいい場面と言えば、首を革で締められる場面・・・

あうち
2016/12/29 22:20
追加です。
あれーどこかで見たような気がしたのですが
「マルティン・ベック」が「太陽にほえろ」に影響を与えたというソースが見つかりません。
「87分署」はまちがいないのですが。
ま、とりあえず取り消しということで・・・
すみません。
あうち
2016/12/29 22:37
>日本では松本清張

「砂の器」。そこから影響を受けた森村誠一が「人間の証明」

>年始年末はゆっくりしてください。

ありがとうございます。
今日16年ぶりに新しいテレビを買いました
ブラウン管よ。さようなら。
ところで、ネットワークサービスと言われても全くわかりませんクラウドサービスとは?Time Onとは?
僕はアナログ人間ですから・・・
蟷螂の斧
2016/12/30 22:36
私も自分の部屋ではいまだにブラウン管でーす
クラウドは企業のでっかいサーバーにすべての情報を集めて一元管理することだと思いますが、Time Onとは?
今のテレビはそんな機能を使わないとならないのでしょうか・・・

砂の器って出雲弁が東北弁と同じだった、古代出雲の人が東北に移住したから
って話でしたっけ?
あうち
2016/12/30 22:48
>砂の器って出雲弁が東北弁と同じだった

そうです。そして
「他人に知られたくない秘密を昔の知人が知っている」から・・・と言う内容が似てます。

>私も自分の部屋ではいまだにブラウン管でーす

おっすごいですねこの際いつまでも大事にしましょう

>クラウドは企業のでっかいサーバーにすべての情報を集めて一元管理

何だか個人情報が・・・・

>レッド・サン(赤い太陽)とは、日の丸のこと

フランス語では「SOLEIL ROUGE」
「Plein soleil」を意識した訳ではないですよね?

あうちさん。今年は色々お世話になりました。
良いお年をお迎え下さい
蟷螂の斧
2016/12/31 15:15
とうろうさんこそ、今年はたくさんのコメントいただきまして、ありがとうございました!
来年もまた回顧話で盛り上がりましょう笑

昔の日本製品はほんとに壊れないですよね・・・
それに比べて最近は・・・ 特に東芝の劣化がひどいです。
クラウドはほんとに個人情報は非常に危険ですね。
私もアイフォンのクラウド機能は使わないようにしています。

Plein soleilとは何でしょ・・・ たいらな太陽?
あうち
2016/12/31 22:30
あけましておめでとうございます
昨年はお世話になりました
今年もよろしくお願い致します。

>Plein soleilとは何でしょ・・・

太陽がいっぱい」です

>それに比べて最近は・・・

やはり経済効果の為でしょうか?

>クラウドはほんとに個人情報は非常に危険ですね。

良きアドバイスをありがとうございます
蟷螂の斧
2017/01/01 00:06
あけましておめでとうございます。
こちらこそよろしくお願いいたします!
こんな新年の挨拶も久しぶりです。
島流しのような生活なので・・・

なるほど、大洋が一敗でしたか!
レビューしてたのに気付きませんでした。
お時間あったらご覧ください。
http://puripuriouch.at.webry.info/201412/article_3.html

クラウドは危険ですけど、たとえばスマホを買い替える際など、自分でバックアップ取らなくてもクラウドから復元できたりします。
危険性と便利さと天秤にかけるようなもんですかねえ〜


あうち
2017/01/01 21:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ネタバレ】映画「レッド・サン」 ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる