ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】映画「サイレント・ストレンジャー」(日本未公開)

<<   作成日時 : 2013/04/04 22:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

THE SILENT STRANGER (1968)


画像



怪しいガンマンが怪しい日本にやってきた!

管理人のコレクションに、THE SILENT STRANGERというラベルの怪しい1本のVHSがある。
船橋のマンションの1室にある怪しい輸入ビデオショップで購入したのですが、この店の商品は、どれも画質が最悪。
店が悪いわけでなく、外国ではこういう最悪品質の商品が普通に出回ってるということだろう。
その中でも、この1本は最悪の中の最悪録画であり、買ってから非常にくやしい思いをした。
ちなみに映画の内容もZ級であり、こんなものを買う人間は正気ではない・・・
だが、わざわざ買う理由がちゃんとあるのだ。

まず、第1に日本を舞台にしたマカロニ・ウエスタンという大変な珍作であること。
サムライVSガンマンというジャンルでは前エントリーの「レッド・サン」より3年も古く、元祖といえるのではなかろうか。
(ただ「レッド・サン」三船プロが1965年から企画していたそうで、いちがいにどっちが古いといえないが)
トニー・アンソニーを主演としたストレンジャー・シリーズの第3作なのだが、第1作のみ「暁の用心棒」のタイトルで日本公開されている。
それにしても日本ロケ作品なのに日本で公開しないとは、どゆこと?と思うのだが、Z級映画の世界では、よくあることらしい。
タイトルを忘れたが、やはり日本を舞台にした「廃液マン」だか「ドロドロマン」だかもそうだし、名古屋でロケしたインド映画もそうだし、日本人の知らない日本ロケ作品というのは、けっこういっぱいあるようなのだ。

そして、このビデオを買った第2の理由、そして最大の理由は音楽である。
ステルヴィオ・チプリアーニ、彼は作品に恵まれずマイナーな存在ながら、巨匠モリコーネをも超えるポテンシャルを秘めたスーパー作曲家
そして管理人が1番好きな映画音楽作曲家、彼のサントラを見つけたら必ず買ってしまう。
チプリアーニの作品では、チオビタ・ドリンクのCMにも使用された「ラスト・コンサート」が有名だろうか。
朝にTBSでやってる「はなまるマーケット」の告知コーナーにも、彼の曲が流れてますな。
そのチプリアーニの最高傑作、と管理人が思っているのが、このサイレント・ストレインジャーなのです!
もしかしたらマカロニ音楽の中で1番カッコいいかも・・・
サントラが欲しい!欲しすぎる!
もう時代劇ですよ、この音楽は。
70年代の時代劇のテーマ曲に使っても、なんの違和感もありません!
このクソ映画に、こんな音楽がついてるとは、まさにゴミ捨て場の宝石・・・
これ
https://www.youtube.com/watch?v=a7OnJBDMCwg

映画の内容としては、特に語るべきものはありませんが、主人公が日本人に「馬が欲しい」と伝える時、馬の絵を描いてみせるのですが、その馬の絵がプライスレス(笑
消されてなければYouTubeで見られます。
あと日本人の女の子がかわいかったかもしれない。
ラストは去っていく主人公に、「ガイジンサーン、イフ・ユー・カムバック、スピーク・ジャパニーズ!」と手を振って見送ります。
字幕無しでも、ここだけはわかりました(笑











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ネタバレ】映画「サイレント・ストレンジャー」(日本未公開) ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる