ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】映画「007/カジノロワイヤル」(3)

<<   作成日時 : 2013/05/27 21:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

原作に沿ったカジノのパートは旧作に軍配!と思うんですが



オリジナル・サウンドトラック「007/カジノ・ロワイヤル」
ジェネオン エンタテインメント
2006-11-29
サントラ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by オリジナル・サウンドトラック「007/カジノ・ロワイヤル」 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




何度も言いますが、これは旧作「カジノ」のエントリーですぞ。
今回のパートは原作のストーリーに沿った部分、新作「カジノ」とかぶる部分なので、見比べると楽しいよ。


見どころ:ミス太ももwww

4回目くらいの鑑賞で、やっとジャクリーン・ビセットが出てることに気づきました。
007シリーズに出てほしい女優さんベスト5に入るビセット、すでに出ていたとは・・・
クレジットがジャッキー・ビセットになっていたのも、気づかなかった要因でしょう。
この頃は顔がイモっぽい・・・ 「オリエント急行」では大変美しいのですが。

「敵側の女に毒を盛られるボンド、ヴェスパーに助けられる」というエピソードは原作にはなく、映画オリジナルなのに、新旧両方に出てくるのは面白いですね。
新作では、ご存知の通りシリーズ屈指の名シーンとなりましたが、その原型?である、ジャクリーン・ビセット演じる「ミス太もも」が毒入りシャンパンをボンド(イブリン)に飲ますシーン、なんかマヌケであります。
「ミス太もも」は原語では「ミス・グッドタイト」であり、これは原作ではボンドの秘書を務めるメアリー・グッドナイトのパロだそうです。
むむむ?後に「黄金銃」メアリー・グッドナイトを演じるブリット・エクランドピーター・セラーズの嫁ですぞ!
不思議な縁ですなー。

さらに詳しいネタバレはこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/201701/article_9.html


見どころ:ル・シッフルの魔術

怪しさ大爆発なオーソン・ウェルズル・シッフルを演じます。
怪しい魔術を披露するシーン、ウェルズ本人の希望で追加されたらしいですが、いかにも「火星人の地球侵略」騒動を巻き起こした役者ならではの、胡散臭さがプンプンですなー。

さらに詳細なネタバレはこちら!
http://puripuriouch.at.webry.info/201406/article_13.html


見どころ:ピーター・セラーズの「ボンド・・・ジェームズ・ボンド」

イブリン「ボンド・・・ジェームズ・ボンド」が、ちょっと新鮮。
フロントの「サインください!」というリアクションもいい。


見どころ:ル・シッフルとバカラで対決

ル・シッフル赤外線眼鏡のトリックを使っていた。
こっそり眼鏡を入れ替えるヴェスパー、ガチンコの勝負に挑むイブリン
ここでのカード勝負は原作通りバカラ(オイチョカヴ)、「新カジノ」だとポーカーになっていて、ルールがよくわからんかった。
イブリンの戦略は、2枚の合計が5以上なら3枚目をもらわない、というもの。
見事、ル・シッフルを破る。
カード対決パートは、新作より旧作のが面白いと思うのだけど。


見どころ:さらわれたヴェスパー

ボンド(イブリン)勝利の後、ヴェスパーが拉致されるのは原作通りの展開。
カジノの前で待機しているF1ドライバーのスターリング・モス(なぜ?)に「あの車を追え!」と命じれば、「イエッサー!」とモス走って追いかけるマヌケっぷり。
メルセデスのスポーツカーにも名前が使われてた人ですな・・・
過去の栄光が全て帳消しになりそうなマヌケ・ギャグに、よう挑んだ。
かわってイブリンレーシングカーで発進しますが、カーアクションとか一切ナシ。

さらに詳細なネタバレはこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/201704/article_11.html


見どころ:タマタマ・・・でなく心理拷問

いきなり捕まってるイブリンル・シッフルは小切手を渡すよう要求。
ここで「座面に穴の開いたイス」が出てきますが、「新カジノ」タマタマ拷問をたまたま見た人なら(あるいは原作読者なら)ニヤリとするところ。
が、タマタマを責められるかわりに、ワケワカラン精神攻撃を受けるイブリン
本物か幻影か、謎のバグパイプ軍団の中に「アラビアのロレンス」ピーター・オトゥールが。
武器を仕込んだバグパイプ「ワールド・イズ・ナット・イナフ」に先駆けて登場。
ここでヴェスパーイブリンを始末する。(口封じ?)
ル・シッフルもモニター画面から飛び出すスメルシュの殺し屋に、額を撃ち抜かれる。
まるでスパイ映画のような非情さです(笑

さらに詳細なネタバレはこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/201701/article_10.html


見どころ:UFO、マタ・ボンドを誘拐

首相に報告のため、ダウニング街を訪れる本物ボンド
「ユア・アイズ・オンリー」に先駆け、ダウニング街が登場です。
ロンドン見物するマタ、トラファルガー広場に着陸したUFOに誘拐される。
この頃からUFOという言葉が使われだしたよね・・・
日本では当初「ユーエフオー」と発音していましたが、ピンクレディー以降「ユーフォー」となった。

UFOスメルシュの宇宙船らしい。
フランスの断崖のトンネルから、基地に帰還する。
突如SF映画っぽいミニチュア・ワーク、この辺も60年代の雰囲気が出てますな。

さらに詳細なネタバレはこちら!
http://puripuriouch.at.webry.info/201405/article_10.html


#91 007/カジノロワイヤル

1 不滅の存在感を放つ、60年代おバカ映画の金字塔
http://puripuriouch.at.webry.info/201305/article_17.html
6 イオン・プロが本家なら、こちらは元祖007?なわけねー
http://puripuriouch.at.webry.info/201305/article_22.html
5 単なるバカ映画ではない、本家をも圧倒する恐るべき実力
http://puripuriouch.at.webry.info/201305/article_21.html
4 ストーリーは脱線するし登場人物は増えるしワケワカランことに
http://puripuriouch.at.webry.info/201305/article_20.html
3 原作に沿ったカジノのパートは旧作に軍配!と思うんですが
http://puripuriouch.at.webry.info/201305/article_19.html
2 衝撃のラスト、ジェームズ・ボンド死す!
http://puripuriouch.at.webry.info/201305/article_18.html
7 *** シリーズ番外編「カジノロワイヤル」あれこれ ***
http://puripuriouch.at.webry.info/201305/article_23.html











テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ネタバレ】映画「007/カジノロワイヤル」(3) ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる