ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】映画「クリスタル殺人事件」

<<   作成日時 : 2013/05/06 21:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

THE MIRROR CROCK'D (1980)



クリスタル殺人事件 デジタル・リマスター版 [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2012-09-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by クリスタル殺人事件 デジタル・リマスター版 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




クリスタルは関係ないけど、豪華キャストの良作

アガサ・クリスティー原作の映画は、ハズレが少ないですね。
正直いって小説読むより、映画見た方がいいんじゃないすかね、クリスティーの場合。
本作はポアロでなく、ミス・マープルが事件を解決する1本。
その甥っ子で、マープル叔母さんに頼りっきりのロンドン警視庁の警部を、殺し屋ジャッカルことエドワード・フォックスが演じているのが、なんか笑えます。
ピアース・ブロスナンが出てるなんて、Wikiを見るまで、まったく気づきませんでした。
「ダイヤモンドは永遠に」ブロフェルドチャールズ・グレイも出てたのに、気づかんかった・・・
007ファン失格ですな。

殺人事件ものには、「ギャラの1番高い俳優が犯人」という法則があります。
もう出演者を見ただけで、犯人まるわかりですな・・・
エリザベス・テイラーミス・マープルをやるんでなければ、犯人をやるに決まってるのは、チラシを見ただけでわかってしまうのです。
ネタバレもクソもありません。
ところが!
事件の被害者は、エリザベス・テイラーとほとんど接点がない。
あれ?もしかして、これテイラー犯人じゃないの?と、だんだん自信がなくなってくるのは、さすがクリスティーであります。

イギリスのどこかで、なんかの催し物が開かれた。
目玉となる招待客は、往年の名女優テイラーが演じる往年の名女優だ。
その他にもテイラーの夫ロック・ハドソン、ライバル女優のキム・ノヴァクとその夫トニー・カーチスなど、いつもながら微妙な豪華キャストが集結。
そんなパーティーのさ中、村の一般人女性が毒殺される事件が発生。
毒の入った飲み物は、本当はテイラーが飲むはずのものだった・・・

被害者さんはウン10年前に、舞台公演前のテイラーにサインをもらったことがある。
今回のパーティーでテイラーと再会し、「あの時、お会いしましたよね?サインしてくれましたよね?」と感激し、まくしたてるが・・・
テイラーは、まったく記憶にないので、適当にとりつくろうしかない。
しばらくして、テイラーのための毒入り飲み物を飲んで、被害者は死亡したのだった。
どう見てもテイラーを狙った犯行です。
これ、テイラーが犯人だなんて、ありえるの?


***** ネタバレ *****

テイラーは昔、妊娠してる時に風疹にかかり、愛する人の子供を流産したことがあった。
(流産じゃなくて、障害のある子を産んでしまったんだっけ?)

今回のパーティーで被害者さんと再会、昔のことをいろいろ言われるテイラーだが、まったく覚えていない。
が、被害者がふと口にした「あの時、私風疹にかかってて・・・」という言葉にハッとする。
流産する少し前の時期に、テイラー被害者にサインをし、被害者は「うれしい!」とテイラーに抱きついたのだ!
「あの時、風疹をうつしたのはお前かーッ!!」
子供の仇!とばかり、テイラーはとっさに殺しを決意したのだ。

しかし、ミス・マープルに真相を暴かれ、テイラーは毒をあおって自殺するのだった。
やっぱりテイラーが犯人でよかった・・・法則は不滅です!


アガサ・クリスティー原作の映画化作品
「ナイル殺人事件」のエントリーはこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/201209/article_9.html
「オリエント急行殺人事件」のエントリーはこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/201307/article_6.html

アガサ・クリスティーの最高傑作と言われる小説「そして誰もいなくなった」のエントリーはこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/201208/article_2.html

ミス・マープルの甥っ子エドワード・フォックスが、殺し屋ジャッカルを演じる名作「ジャッカルの日」のエントリーはこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/201209/article_37.html

同じくエドワード・フォックスが、007の上司を演じる「ネバーセイ・ネバーアゲイン」のエントリーはこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/201208/article_16.html

同じくエドワード・フォックスが、爆破のプロ”フケツのミラー”を演じる「ナバロンの嵐」のエントリーはこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/201302/article_2.html




鏡は横にひび割れて (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)
早川書房
アガサ・クリスティー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 鏡は横にひび割れて (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





ミントン (MINTON) ハドンホール ティーカップ&ソーサー
Minton(ミントン)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ミントン (MINTON) ハドンホール ティーカップ&ソーサー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。アガサ・クリスティの映画が好きで、ネタ・ヴァレー様のネタバレが面白いので拝読しました。
「クリスタル殺人事件」で殺人の動機となった病気はオタフク風邪ではなく、風疹だったと記憶しています。
妊娠初期に風疹にかかると赤ちゃんに障害が残る危険があるので、細かいことのようですが、病気なら何でも良いというわけではないので、お節介ではと思いましたが、コメントさせて頂きました。
それから、野暮なこと聞いちゃいますが、Twitterのことを「ツイスター始めました」と書いてあるのでは、わざとですよね?


clara
2014/09/17 00:36
コメントありがとうございます!
ツイスターは釣りですが風疹は素で間違えました。
というか風疹=おたふくと思ってたかも(汗
ただちに修正します!
あうち
2014/09/17 09:10
こんにちは。恥ずかしながら公開時映画館で観ました。(歳が…;)
原作共に好きな作品です。
その後私が妊娠初期の頃近所の放任主義な家の子が風疹4日目くらいでうちに遊びに来て、この映画を思い出した私は慌てて追い出したことがあります。
他の批評サイトでは動機が弱いと書いてましたが、私には主人公の恨みがよく分かります。誰かのせいで障害児を持ったらそりゃあ一生恨みは消えないでしょう。(殺すまではしないかもですが)
それとテイラーとノヴァクの陰険な漫才が楽しかった!あちらではテイラーの肥えっぷりを平然とネタにするし、本人もよくあのシナリオにOKしたなとw腹回りだけでなく太っ腹な人なんでしょうかね。
ミケ
2016/05/26 17:16
パソコンの故障でレスが遅くなってすみません!
今日やっと修理からもどってきました・・・
コメントありがとうございます。
全体的に「過去の人」の割合が多く懐かし映画ファンにはうれしい映画だったですよね!
この映画を見ていたおかげ?で無事にご出産されたようで何よりです笑
あうち
2016/05/27 14:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ネタバレ】映画「クリスタル殺人事件」 ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる