ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】映画「ハンター」

<<   作成日時 : 2013/06/20 21:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

THE HUNTER (1980)



ハンター [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
2010-03-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ハンター [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




死を宣告されたマックイーン、最後のアクション

アクション映画の歴史に名を刻む大スター、スティーブ・マックイーンの遺作「ハンター」です。
公開時に劇場で見てから33年、先日ヤマダ電機で安売りDVDを見かけたので買ってしまった。
久々に見ても、やっぱり微妙な映画や・・・
マックイーン演じるのは実在の賞金稼ぎパパ・ソーソン
次々と逃亡犯を捕まえては連行してくるのですが、1人1人の犯罪者について詳しい背景を描かないので、バタバタと忙しい感じ。
だれや脚本・・・お、「カプリコン・1」ピーター・ハイアムズか。
音楽もミシェル・ルグランだし、けっこう好みのスタッフなのに、なんか微妙・・・
とはいえ、古い車や古いオモチャが大好きで、家には仲間が好き勝手に出入りし、妻のために出産の介助を習ったりするというパパ・ソーソンのキャラはいい味出してます。
トレード・マークの緑のフライト・ジャケットもナイス。
レーサーの資格を持つマックイーンが、「運転の下手な人物」を演じてるのも笑えます。
「ルーツ」クンタ・キンテレヴァー・バートン)、「続・夕陽のガンマン」トゥッコイーライ・ウォラック)など、微妙に懐かしい人々との再会も嬉しい。

ストーリーはまあ、大したものではありませんが、巨漢ショック弾で仕留めたり、ダイナマイト狂いの兄弟を農園で追い回したり、友人の刑事が押収した麻薬の横流しがバレて自殺したり、シカゴで高架鉄道にぶら下がって犯人を追跡したり(本作最大のアクション)、短いエピソードをつないで進行していきます。
その合間を縫って妊娠した妻との愛情が描かれますが、忍び寄る黒い影・・・ ソーソンを逆恨みする異常者メイソンが彼の周囲に出没。
クライマックス、教師を務めるメイソンに拉致され、夜の学校に人質として監禁される。
助けに来たソーソンは銃を奪われ、アサルト・ライフルを乱射するメイソンから逃げ回るしかない。
最後は理科室のガス栓を開いて待ち伏せ、飛びこんできたメイソンがライフルを撃つとガスに引火して大爆発、けどソーソンは間一髪助かるというハリウッド映画らしい決着。
一件落着と思いきや、の陣痛が始まった!
大急ぎで病院に駆けつけ、医者を呼び出してもらうとソーソンは疲労困憊、カウンターの前でブッ倒れる。
は車の中で無事出産、パパ・ソーソンは本当にパパになったのだった。
心温まるエンディングだが、同時に「マックイーンも、もう年だな」と感じさせる。

知らなかったけど、この映画の撮影中すでにマックイーンは余命数ヶ月と宣告されていたそうだ。
死因はアスベストだそうだよ。


マックイーン主演のアクション映画「ブリット」のエントリーはこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/201209/article_39.html












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ネタバレ】映画「ハンター」 ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる