ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】映画「タワーリング・インフェルノ」

<<   作成日時 : 2013/08/05 22:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

THE TOWERING INFERNO (1974)



タワーリング・インフェルノ [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2010-07-14

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by タワーリング・インフェルノ [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




ハリウッドを娯楽の王様にした、超豪華な「そびえたつ地獄」

昔、映画が最大の娯楽だった時代、世界的な影響を与えた映画のブームというのが、何度もあったんだ。
007に始まるスパイ・ブームマカロニ・ウエスタンブルース・リーカンフー映画、そして「エクソシスト」オカルト・ブームが来て、次が本作「タワーリング・インフェルノ」を頂点とする建物・乗物・災害系パニック、後を追って「ジョーズ」動物系パニック「スター・ウォーズ」からの宇宙映画ブーム
その辺を最後に、世界的ブームとなる映画ジャンルは見てないような気がするが、おもしろいことに、そういうブームの最初の方は、007のイギリスだったり、マカロニのイタリア、カンフーの香港というように、アメリカ製以外の映画がすごいがんばっていたんですね。
フランスの「エマニエル夫人」で火がついたソフト・ポルノ・ブームや、日本の「ゴジラ」が中心にあった怪獣映画ブームなんかも、そうですね。
パニック映画のブームあたりから、アメリカ映画の圧倒的物量を見せつけられるようになりまして、現在のようなハリウッド一人勝ち状態に移っていくんですなー。
本作は、そんな建物・乗物・災害系パニックの代表作、オールスターキャスト、とてつもない制作費巨大なセット大爆発というハリウッド超大作で、公開当時はTVや雑誌で特集が組まれ、その後TVで放送するたびに何度も鑑賞することになりました。
特別に思い入れがあるわけではありませんが、誰でも1回は見てるよね?
今さらネタバレというのも、なんか恥ずかしいのですが・・・

サンフランシスコに完成した、138階建ての超高層ビル
設計はポール・ニューマン、彼の設計ならまちがいないはず!だったが、オーナー「007/カジノロワイヤル」CIA長官ウィリアム・ホールデン)の義理の息子、リチャード・チェンバレン「将軍」で日本に漂着したウイリアム・アダムス=三浦按針)が経費をごまかして安い電気部品を使ったため、火災が発生。
最上階の完成記念パーティーには市長をはじめ、詐欺師のフレッド・アステア、妙齢の女性ジェニファー・ジョーンズ、オーナーの娘フェイ・ダナウェイ、上院議員ロバート・ヴォーンといったアガサ・クリスティー作品より豪華な顔ぶれが集まっていた。
ぐへへ、誰が死んで、誰が生き残るかな?

パーティーで歌手が歌う「愛のテーマ」は、聞くたびに夏の夜の高層ビル街を思い出す名曲で(新宿西口のビルでよく耳にしたからかな?)、「スター・ウォーズ」以前のジョン・ウイリアムスを代表する作品。
出火はじょじょに広まり(警報装置も故障してる!)、まず下のフロアで秘書と不倫していたロバート・ワグナーが壮絶な死を遂げる。
ポール・ニューマンの警告で、ようやく避難する気になったパーティーの招待客たち、しかしメイン・エレベーターが上がってくると・・・中からは火ダルマになった男が飛び出す!
通常の避難経路は断たれ、最上階に孤立する招待客たち。
屋上に着陸しようとするヘリは強風に煽られ爆発展望エレベーターは降りる途中で爆発に巻きこまれ宙吊り状態に!(ジェニファー・ジョーンズが落下して死亡)
隣のビルとの間にロープを渡しゴンドラで少しずつ客を運び出す作戦も、小さなゴンドラにわれもわれもと殺到して墜落!(火災の責任者リチャード・チェンバレンも落ちる)
消防隊長スティーブ・マックィーンは設計者ポール・ニューマンと相談、屋上にある巨大な貯水タンクを爆破、その水をトイレのように流して一気に消火するという作戦を立てる。
炎の地獄から一転、今度は水の地獄
多数の犠牲者を出して、ようやく鎮火となった。
立ち去る消防隊長マックィーン、設計者ニューマンに一言、「今度はビルを建てる前に、俺たちに相談してくれ」
そんなマックィーンの願いもむなしく、本作公開後も世界各地で同じようなビル火災がたびたび起こりました。
日本でもホテルの火災があったね!
とにかく火の用心だ!


本作と同じジョン・ギラーミン監督の「ナイル殺人事件」のエントリーはこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/201209/article_9.html

スティーブ・マックィーンの遺作「ハンター」のエントリーはこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/201306/article_7.html












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
これ、父親が一番最初に連れていってもらった映画です。

東映や東宝のマンガ祭りには連れていってくれなかったんだよな(汗)。

子供心にも迫力あって、面白かった記憶があります。

ポセイドンアドベンチャーが好きだったなぁ。
ナッシュ@荒らし中〜!
2016/09/16 20:43
これとポセイドンがパニック映画の2大巨頭でしたね!
私はタワーリング公開時に何か別の映画に行って、これは劇場では見なかったんだよなー。
なんだろう、何か怪獣っぽい映画だったかも。
東宝はマンガ祭りじゃなくてチャンピオン祭りじゃないですか。
ゴジラと若大将がセットの
あうち
2016/09/16 21:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ネタバレ】映画「タワーリング・インフェルノ」 ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる