ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】映画「ゴールデンアイ」(3)

<<   作成日時 : 2013/10/17 22:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

戦車、最強すぎるwww



ゴールデンアイ (デジタルリマスター・バージョン) [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2007-05-16

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ゴールデンアイ (デジタルリマスター・バージョン) [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




見どころ:ナターリアの蹴り、連行

タイガー・ヘリから、どうにか脱出したボンドナターリア
話しかけるボンドを蹴り飛ばすナターリアが笑えます。
今までにない新鮮なボンドガールとの出会い方ですな。
そこへロシア警察が到着、2人を国防省のビルへ連行。
ボンドを疑うナターリアと、彼女から話を聞きだしたいボンド

さらに詳細なネタバレはこちら!
http://puripuriouch.at.webry.info/201504/article_10.html


見どころ:尋問にウルモフ乱入

国防大臣ミシュキンが現れ、ボンドを尋問。
セヴェルヤナの虐殺ボンドの仕業と疑っていたが、ここでナターリア「ウルモフが犯人」と重要証言。
そこへ乱入するウルモフボンドワルサーを使ってミシュキンを殺害!
先ほどはボンドタイガー・ヘリといっしょに片づけようとして逃げられ、今度はボンド国防大臣殺人犯に仕立てようとして逃げられ・・・ マヌケすぎます。
さっさとボンドを撃てば、それで終わりなのに・・・
悪役のマヌケっぷりが目立ってしまうのも、本作の弱点のひとつ。
特にウルモフの無能っぷりはヒドイ。


見どころ:国防省からの脱出

ウルモフを軽くKO、ボンドの脱出劇が始まる。
銃撃戦も今までにない迫力、だけど殺されてるのは罪もないロシア兵であり、セヴェルヤナの虐殺とやってること変わらん・・・
ナターリアは捕まってしまうが、ボンドベルト・バックルからワイヤーを射出して、窓をブチ割って脱出!
外には戦車がたくさん並んでいて壮観。


見どころ:爆走戦車チェイス

ナターリアを連行し、車で逃走するウルモフ
なぜナターリアを連れてく必要があるのかわかりませんが・・・
その後ろから、壁をブチ破って戦車登場!
この盛り上がりの前には細かいアラなんて、どーでもよくなってしまいます。
いろいろな乗物を操ってきたボンドですが、戦車というのはシリーズ初。
サンクトペテルブルクで、よくぞこれだけのロケができたなあ・・・
戦車の重量で道路を傷めないよう、石を敷いて補強してあるそうだ。
ブチ壊してるシーンはほとんど全部、イギリスの野外スタジオサンクトの街を再現し、そこでの撮影。
アクションというより戦争映画のようだ(笑
ビール運搬車をブチ砕くところと、天馬に乗った英雄像を頭に載せて走るところは、まさに007の醍醐味といった感じで、これまで多少の違和感を感じていたオールド・ファンも大満足。


見どころ:モアイ列車でナターリアぺろぺろ

モアイ像のような列車ナターリアを連れこむウルモフ列車は発進。
ソ連時代に核ミサイルを隠していた「ミサイル列車」だそうですが、ナイスなデザインです。
イギリスの普通の通勤列車を改造して作ったそうだよ。
この列車はヤヌスの移動本部になっており、豪華なサロンでアレックが食事中。
内装も見どころですぞ!
アレックナターリアに無理やりキス、はたかれる。
その時・・・ 前方に戦車発見!

さらに詳しいネタバレはこちら!
http://puripuriouch.at.webry.info/201502/article_4.html


見どころ:戦車VSモアイ列車

ミサイル列車砲弾をブチこむボンド、脱線したらナターリアも死ぬかもしれないのに・・・
炎上する列車戦車を吹き飛ばして緊急停止。
いや、脱線して横転するじゃろ普通。
ロケ地は「オクトパシー」列車アクションを撮った時と同じ、イギリスのネーン・バレー。


見どころ:モアイ列車に乗りこむ

アレックオナトップが立ち直る前に乗りこみ、銃をつきつけるボンド
そこへナターリア人質に取ったウルモフが現れ、膠着状態に。
あ、人質にするために生かしてたのか・・・
「女は赤の他人だし、殺してもかまわない」と言い切るボンドさんがステキ。
ウルモフを射殺、その隙にアレックオナトップは逃げ出し、ボンドたちは閉じこめられる。
列車非常用ヘリまで積んであるとは、用意周到なアレックですが、実際に線路上でヘリのローターを回したら、いろんな物に引っかかりそうですなあ。


見どころ:モアイ列車からの脱出

ボンドたちを閉じこめた列車は、3分で爆発する。
オメガ・シーマスターからレーザーを放射、床板を切り取る作業にかかるボンド
先行して腕時計からレーザーを出した「ネバーセイ・ネバーアゲイン」では、ベルトの留め金から発射してましたが、今回はベルトのつけ根?あたりから発射してます。
レーザー発射装置なんか組みこんだら、デジタル時計にしないかぎり、時計を動かすムーヴメントが入らないよね(笑

その間にナターリアボリスのコンピューターに侵入、アレックの行き先を調べます。
システムに入るためのPWがわからないナターリアボンドの助けで「chair(椅子)」だと見破りますが・・・
「とんち」でPWを見つけるという描写、非常にマヌケと言わざるをえません。
それ、ハッカーのテクニックと関係ないやん・・・
僭越ですが、管理人だったら、こういう脚本にしたいです。
セヴェルヤナ基地ボリスが「PW教えてあげないよー」とナターリアをからかった時がありましたね。
あそこでナターリアがムキになって、偽のエントリー画面ボリスの端末に仕掛けてPWを盗み取ってしまうのです。
ナターリアハッカーとして、なかなかの腕前という伏線になりますし、列車に閉じこめられた時点で、すでにPWを知っているので、3分という短い時間でアレックの行き先を追跡できても、さほど無理はありません。
ま、こんなことを考えてみても、どうにもならないけどなー。
ともかく敵の本拠地がキューバと判明、間一髪で2人は脱出、列車は大爆発。
ミサイル列車の出番がこれだけとは、なかなか贅沢であります。


見どころ:セスナとZ3のニアミス

ようやく出番のきたZ3ロードスターで、プエルトリコをドライブするボンドナターリア
「カリブ海が夢だったの」と語るナターリア・・・ さてはビッチだな?
走るZ3の目の前に、ウェイドの乗ったセスナが着陸するという1発ネタ・アクション
大変危険なスタントですが、地味すぎてアクション・シーンだと気づきませんでした(笑
たぶん多くの観客が、単にセスナが着陸しただけと思っていますよ・・・
「乗物と腐れ縁でもあるの?」と怒るナターリア、本作から007を見始めた女性客の心情を代弁してるみたいですな。
それにしてもZ3の出番がこれだけとは・・・
BMW、m9(^Д^)プギャー


#17 ゴールデンアイ

1 冷戦後の世界に忘れられていたボンド、華麗に復活
http://puripuriouch.at.webry.info/201310/article_10.html
6 90年代最初の007は度肝抜くバンジーで幕開け
http://puripuriouch.at.webry.info/201310/article_15.html
5 「セクハラ」「エイズ」「Windows95」そして「オタク」、90年代も今は昔
http://puripuriouch.at.webry.info/201310/article_14.html
4 時代が変わっても不滅の007、ついにロシア進出!
http://puripuriouch.at.webry.info/201310/article_13.html
3 戦車、最強すぎるwww
http://puripuriouch.at.webry.info/201310/article_12.html
2 悪の計画は杜撰だが、迫力あるラストバトル
http://puripuriouch.at.webry.info/201310/article_11.html
7 *** シリーズ第17作「ゴールデンアイ」あれこれ ***
http://puripuriouch.at.webry.info/201310/article_16.html











テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ネタバレ】映画「ゴールデンアイ」(3) ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる