ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】映画「ラストコンサート」

<<   作成日時 : 2013/12/21 23:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

DEDICATO A UNA STELLA (1976)



ラストコンサート [DVD]
アミューズソフトエンタテインメント
2004-12-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ラストコンサート [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




内容はともかく、チプリアーニの名曲に涙

イタリアが製作した西部劇をマカロニ・ウエスタンと呼びますな?
世界的にはスパゲッティ・ウエスタンて呼ぶんですが、淀川先生「マカロニ」って名づけまして、こっちの方がイタリアB級映画っぽいバタ臭さがよく出てると思います。
その他にも「サスペリア」のようなマカロニ・ホラー「狼の挽歌」のようなマカロニ・アクション「テンタクルズ」のようなマカロニ・パニック「惑星からの侵略」(古っ!)のようなマカロニSFなどなど、どこかパチモン臭いB級映画をワンサカと作ってる国、それがイタリアなのです。
で、明らかに「ある愛の詩」に影響されたっぽい難病もの、いわば「マカロニお涙ちょうだいもの」が本作、サンリオも金を出してる微妙作「ラストコンサート」でありますよ。

冒頭、いきなり世界遺産のモン・サン・ミッシェルが登場。
ここの病院に診察受けに来た中年男が、たまたま直前に診察を受けてた少女の家族と間違われ、少女は不治の病だと告げられてしまう。
まったくの赤の他人だし、中年男には関係のないことであったが・・・
少女と関わりを持ってしまい、いつしか2人は恋人となって、フランスを流れ歩く。
(この時代はまだロリコン法がないので、中年が少女とつきあっても合法)
中年男はしがないピアニストであり、今はバーなどでジャズを演奏してるが、いつかはクラシックの奏者となって世界的にビッグになりたいという夢を持っている。
少女もいつしか、中年男が一流のステージでクラシックのピアニストとして演奏する日を夢見るようになるのだった。
この少女が、もう少し可愛ければ名作になったんだけどなー。
ついに中年男は有名な交響楽団のメンバーとなり、ソロデビューする日が来る。
それを客席で見守る、ウェディング・ドレス姿の少女
傍らには看護婦が付き添っている。
少女の余命は、もうわずかしか残っていないのだ。
恋人の世界最高の演奏を聴きながら、少女の魂は天へ上っていく・・・

と、文章にすると感動的ですが、なんかスカスカな映画です。
管理人があまり興味を示さないタイプの映画ですが、なぜブログで取り上げるかというと、それはズバリ音楽
ステルヴィオ・チプリアーニ至高のサントラこそ、この映画の最大の魅力であり、B級な本作を忘れがたい作品に昇華させているのです。

テーマ曲は昔、チオビタ・ドリンク(だったと思うけど・・・)のCM曲として長年使われてましたので、聴けば「ああ、あの曲か!」と思い出す人も多いでしょう。
管理人もCMで耳にした時は、なんということもない曲として聞き流してましたが、チプリアーニ作品集で改めて聴いてみたところ、ひょうひょうとした明るさの中に哀愁漂うメロディーが、大のお気に入りになってしまいました。
これはたぶん、「明日に向かって撃て!」バカラックの名曲「雨に濡れても」に影響受けてますよねー。
「雨に濡れても」自体、聴いたことのない人はいないくらい最も有名な映画音楽の1つですが、その影響で生まれた音楽も、「ラスココンサート」をはじめ、モリコーネ「夕陽のギャングたち」、日本の「木枯し紋次郎」主題歌「誰かが風の中で」など、絶品の名曲がそろってますな。
やはりバカラックは偉大なり・・・

ユーチューブで拾った「ラスココンサート」
https://www.youtube.com/watch?v=lm85oYIfdYI

チプリアーニは管理人の1番好きな映画音楽作曲家であり、輸入盤のサントラも見つけしだい集めてますが、とにかく作品に恵まれない人で、傑作と呼べるような映画は1本もありません。
ウンコのような映画の中で音楽だけが輝いてる、そんな作品ばかりです。
その中で「ラストコンサート」は1番マトモな部類に入るでしょう・・・
内容はアレですが、大勢の人に鑑賞してもらって、チプリアーニの魅力を知ってほしいです。

やはりチプリアーニ音楽しか魅力のないウンコ映画「サイレント・ストレンジャー」のエントリーはこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/201304/article_3.html




ラストコンサート オリジナル・サウンドトラック 完全盤
KINEMA DE FUJI
2011-09-21
ステルヴィオ・チプリアーニ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ラストコンサート オリジナル・サウンドトラック 完全盤 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル













テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ネタバレ】映画「ラストコンサート」 ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる