ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】映画「郵便配達は二度ベルを鳴らす」

<<   作成日時 : 2014/01/25 22:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

THE POSTMAN ALWAYS RINGS TWICE (1981)



郵便配達は二度ベルを鳴らす [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2014-05-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 郵便配達は二度ベルを鳴らす [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




場末の掃き溜め感漂う、男と女の欲望の終着駅

本物の凶悪犯より怖い顔のジャック・ニコルソンと、「キング・コング」で清純な乙女を演じたジェシカ・ラングの、キッチンでのエロエロ・シーンが有名なこの映画ですが、原作のジェームズ・M・ケインは大学のアメリカ文学の教科書にも出てくる大作家だし、小説はエロいだけではないハードボイルドの名作です。
これまで何度も映画化されてますが、このニコルソン&ラング版こそ決定版といえるでしょう。(他のは見たことないけどね)
なんといってもニコルソンの顔が怖いし、この顔に勝てる人間はいません。


*** ネタバレあらすじ ***

1930年代のアメリカ、大不況の時代。
とある街道のガソリンスタンド兼レストランにヒッチハイクで流れ着いた流れ者フランク・チェンバースジャック・ニコルソン)。
ギリシャ系のオッサン若い妻コーラジェシカ・ラング)が経営する汚いレストランでタダ飯を食ったあげく、修理工として雇われることに。
愚かにもギリシャ人オヤジニコルソンのことを信頼しているようだが、斧を振り回して妻と息子を追い回すような男だと知っていれば・・・(「シャイニング」参照)
当然のようにニコルソンジェシカ・ラングオヤジの目を盗んで、互いの肉体を貪り合う関係になる。
年の離れた旦那がイヤでしょうがないジェシカ・ラングニコルソンと共謀して殺害を図る。
1回目のチャレンジ「風呂場で感電死」作戦は、警官にバレそうになって失敗。
2回目の「オヤジを酔わせて自動車事故に見せかける」作戦で、見事オヤジをブチ殺した。
オヤジ飲酒運転で車が崖から転落、ジェシカ・ラングが軽傷、ニコルソンが大怪我という状況だが、オヤジ生命保険1万ドルがかかっていたことから、保険会社営利殺人の疑いを抱く。
ここから法廷が舞台になるのだが、オヤジは他人を自動車で死傷させた時の傷害保険2万ドルにも入っており、を殺そうと飲酒運転させたとなると、そのために重傷を負ったニコルソンが2万ドルもらえることになる。
それなら事故ということにして1万ドルの生命保険を払った方が、保険会社の損害は少ない。
敏腕弁護士の持ちかけた、この取引により、結局保険会社は事故ということで手を打った。
そのかわり、入ってきた1万ドルの生命保険は、弁護料として支払うことに・・・

手元には1ドルも残らなかったが、邪魔なオヤジを始末して、ニコルソンジェシカ・ラングは自由の身に。
レストランも小奇麗になって大繁盛。
だがニコルソンサーカスの女と浮気したり、弁護士の助手が恐喝してきたり、次々と困難に直面、2人の仲も冷めきっていく。
が、ジェシカ・ラングが妊娠したとわかると、ニコルソンは再び彼女への愛に目覚める。
結婚式を挙げようと車で教会へ向かう途中、突然ジェシカ・ラングが腹痛を訴える。
病院へ急ごうとスピードを出しすぎてトラックと接触、車から振り落とされたジェシカ・ラングは死亡、ニコルソンは泣き崩れてEND。
バットマンの宿敵ジョーカーの、若かりし日のエピソードである(嘘)。

原作だとコーラを殺した罪を着せられフランク死刑宣告されるので、「やはり悪いことはできない、悪人は必ず天罰を受ける」という教訓を感じるラストなのだが、この映画は中途半端なところで終わってしまうなあ。

あ、郵便配達人は1度もベルを鳴らしません。
これは原作者の家に出版社からの手紙を配達する郵便屋さんが、いつもベルを2回鳴らしてたなあ、というエピソードからつけたタイトルで、本編となんの関係もないそうだ。
まぎらわしいタイトルつけんな!

原作小説のネタバレもできました(ストーリーはほぼいっしょ)
http://puripuriouch.at.webry.info/201610/article_8.html



郵便配達は二度ベルを鳴らす (新潮文庫)
新潮社
2014-08-28
ジェームズ・M. ケイン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 郵便配達は二度ベルを鳴らす (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



郵便配達は二度ベルを鳴らす (光文社古典新訳文庫)
光文社
2016-03-11
ケイン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 郵便配達は二度ベルを鳴らす (光文社古典新訳文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



郵便配達は二度ベルを鳴らす(1946年版) [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2014-05-02

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 郵便配達は二度ベルを鳴らす(1946年版) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ネタバレ】映画「郵便配達は二度ベルを鳴らす」 ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる