ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】映画「遊星からの物体X ファーストコンタクト」

<<   作成日時 : 2014/03/08 22:12   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

THE THING(2011)



遊星からの物体X ファーストコンタクト [Blu-ray]
ポニーキャニオン
2013-01-09

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 遊星からの物体X ファーストコンタクト [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




クトゥルウ神話リスペクトが一層鮮明になった前日談

まず、オリジナルのジョン・カーペンター監督「遊星からの物体X」エントリーはこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/201211/article_7.html
オリジナル版では、すでに全滅していたノルウェー基地ですが、そこで一体何があったのか・・・ を描く前日談が今回の「ファーストコンタクト」
が、物語はオリジナルと似たり寄ったりで目新しさがない・・・
どうせなら前日談より続編を作ってほしかったですわい。

南極の氷の下から掘り出した太古の宇宙人によって基地が皆殺しにされる・・・ というストーリーがラヴクラフト「狂気の山脈にて」にソックリと、オリジナル作のエントリーで書きましたが、こないだ立ち読みした「クトゥルウ神話のなんたら?」っていう本に、おもしろい話が出てました。
「物体X」の原作小説はジョン・W・キャンベルが書いてますが、この人はラヴクラフト作品が掲載された雑誌の編集長でもあります。
ラヴ先生の死から2年後に書かれた「物体X」「狂気の山脈にて」をパクッたという説もありますが、それよりもラヴ先生への追悼として「狂気の山脈にて」オマージュしたのではないか、という著者さんの説を拝読、なるほどなーと思いました。

で、今回「ファーストコンタクト」Wikiを見たら、こちらにもいろいろ書いてありましたな。
まず、この作品はもともとデル・トロ監督「狂気の山脈にて」を映画化(!)する企画としてスタートしたそうで、いろいろあって挫折、かわりにデル・トロ監督は怪獣映画「パシフィック・リム」を作ったそうだ。
「パシフィック・リム」日本の特撮リスペクトとして知られてますが、クトゥルウ神話もリスペクトだったんですね。
デル・トロ監督・・・ 寿司屋に座っただけでトロを出されそうな監督ですが、管理人と話が合いそうです。
ちなみにカーペンター監督ラヴクラフト好きらしいです。
ラヴクラフト好きな人はオタクで中2病」という法則、世界共通なようですな。

当ブログの「ラヴクラフト」カテゴリーから全作品のネタバレが読めますぞ!
http://puripuriouch.at.webry.info/theme/21a2c9ef39.html

ふうう、やっと「ファーストコンタクト」のあらすじに入りますが、
ノルウェー基地の人、氷の下に宇宙船を発見
・凍りついた生物っぽいものを掘り出すが、逃げ出す
生物、人を襲って食う
・基地の人、火炎放射器で生物を殺す
・解剖してみると、食われた人が中で再生していた
この生物の細胞は、食った生き物と同化するんだ!
怪物はまだ生きてるかもしれない、隊員に化けてるかもしれない

オリジナルでは採取した血液に炎を近づけて、本物の人間か、生物が化けてるのかを判別しましたが、今回は義歯や歯の詰め物がちゃんとあるかどうかを調べます。
「生物は人工物をコピーできない」という弱点を発見したからですが、ただ虫歯のない人まで「人間ではない」と疑われることになります・・・
ヌトヌトグチャグチャした怪物の特撮はレベルアップしており、本作の唯一の見どころ。
人間の首をぶら下げたクモのような形態、まさに「ダニッチの怪」そのもの。
例によって隊員は1人また1人と食われていき、最後は古生物学者の女性怪物を手榴弾で吹き飛ばし、ただ1人生還。
と思ったら、もう1人生存者が隠れていた。
彼は怪物が犬に同化して逃げたのを発見、ヘリコプターで追う・・・
ここからオリジナル版に続きます。

管理人の意見を述べさせていただきますと、ここまで不死身に近い細胞を持った生物は、科学技術に頼らなくてもじゅうぶんに生存していけますし、どんな環境にも適応できるでしょう。
こんな生物は、宇宙船を作るレベルまで知能は発達しないと思います。
だって発達する必要ないから。
人間のように脆弱な生き物だからこそ、知能で弱点をカバーしなければならないのです。



遊星よりの物体X-デジタルリマスター版- [DVD]
オルスタックソフト販売
2015-06-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 遊星よりの物体X-デジタルリマスター版- [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



遊星からの物体X [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2012-04-13

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 遊星からの物体X [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



影が行く―ホラーSF傑作選 (創元SF文庫)
東京創元社
フィリップ・K. ディック

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 影が行く―ホラーSF傑作選 (創元SF文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
この作品のネタバレあらすじを探して流れ着きました。
>だって発達する必要ないから

いやー素晴らしい! 確かにその通り、眼からうろこです。
そう考えると身ひとつで飛び回ってたガンダム00のELSが、
この系統の生物としては描写が正しいのでしょうかね。

他レビューも読ませていただきます。
参考になりました、ありがとうございました。
REC
2014/08/15 11:10
コメントありがとうございます!
でも考えてみると、もともとは普通の人類のような生物で、DNA操作によって無敵の生命体へと進化した・・・ なんてパターンなら、科学力と生命力が両立しててもおかしくないかもですね。
まあ、いずれにしろ原作は大昔の小説ですからね
あうち
2014/08/15 13:26
>だって発達する必要ないから。
似たような生物が登場する作品では「元々あった知能が退化してこうなったのか、はたまた宇宙船を造れるほど高い知能を持った種族と同化したのか」なんて評価してますんで、別に問題ないんじゃないですかね。
オリジナルからして、ノリスの逃亡を見破ったパーマー自身が血液を検査するまで自分が同化していたことに気がついてないんですから。
ななし
2014/12/16 10:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ネタバレ】映画「遊星からの物体X ファーストコンタクト」 ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる