ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】映画「大地震」

<<   作成日時 : 2014/04/06 20:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

EARTHQUAKE (1974)



大地震 [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル
2013-11-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 大地震 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




いつか東京も、と思うと複雑な気持ちになるパニック映画代表作

春のパニック祭り第2弾、チャールトン・ヘストン主演の「大地震」であります。
さすがハリウッド製、日本の「地震列島」「日本沈没」と比べても地震の特撮が段違いの迫力ですなあ。
公開当時はセンサラウンド方式という音響システムで本物の大地震さながらのサウンドを響かせていたようですが、Wikiによると映画館の隣で公演していた山田五十鈴本物の地震と勘違いして(笑)激おこ、クレームをつけて普通のサウンドに差し替えさせたそうです。
DVDではもちろん、そんなリアルなサウンドは再現できません。
そういえば昔、部屋の四隅にスピーカーを置いて、センサラウンドを再現しようとしてた人がいたなあ。

脚本に「ゴッド・ファーザー」原作者のマリオ・プーゾが参加してますな。(その割りに大したドラマでもないけど)
音楽は「スター・ウォーズ」でブレイクする前のジョン・ウィリアムス
「サブウェイ・パニック」本部長ウォルター・マッソーが、地震の最中も飲み続ける酔っ払いの役で笑わせます。


*** ネタバレあらすじ ***

チャールトン・ヘストン演じる建築家は、パニック映画のお約束に従って奥さんエヴァ・ガードナー)と離婚寸前である。
そりゃあババアより若い愛人ジュヌビエーブ・ブジョルド)のがいいですものね。
そこへ大地震が発生、ロサンゼルスは壊滅。
避難所となっている「なんとかセンター」の地下駐車場に、奥さん義理父を連れてくるヘストン愛人の無事を確かめるため、奥さんを置き去りにして出発。(実は愛人も、この地下駐車場に避難していた)
そこへ、余震が発生、地下駐車場は瓦礫の下に!
建物の構造をよく知るヘストンは戻ってくると、警官ジョージ・ケネディ)とともにトンネルを掘り、生き埋めになっていた正妻愛人を救出。
その時、地震でダメージを受けたダムが決壊、洪水が町に押し寄せる。
愛人は無事に地上へたどり着き、次は正妻の番・・・という時に濁流が襲いかかり、正妻は流されてしまう。
ヘストンは地上で待つ愛人と、流される正妻を見比べ・・・
正妻を助けるべく、濁流にダイブ!(ここで愛人を選んだらドラマが成り立たんものね・・・)
ヘストンは必死にに手を伸ばすが、2人とも流されて視界から消える。
ハリウッド映画では珍しい主人公死亡エンドですが、同じパニック映画「ポセイドン・アドベンチャー」ジーン・ハックマンが死ぬラストでしたね。
地震に続いて水の災害という流れ、3.11の悲劇を思い出してしまうし、今となっては素直に楽しむことのできない作品ですなー。
地震はシャレにならんですよ・・・












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ネタバレ】映画「大地震」 ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる