ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】映画「ウエスタン」

<<   作成日時 : 2014/05/10 16:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ONCE UPON A TIME IN THE WEST (1968)



ウエスタン スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
2008-06-20

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウエスタン スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




この凄まじい決闘交響曲は、静寂という序曲から始まる

うーん、今日も暑い!
こういう日こそウーン、マンダム!ブロンソン祭り第2弾、前回に続いて男臭さNo.1俳優チャールズ・ブロンソンの西部劇、「ウエスタン」を見るんやよ!
またえらくストレートな邦題ですが、原題は「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウエスト(昔々、西部で)」、そうですね、「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」と話はつながってませんが、同じレオーネ監督です。
イタリア製西部劇「マカロニ・ウエスタン」の世界的大ブームを巻き起こし、クリント・イーストウッド大スターに押し上げ、モリコーネ映画音楽のマエストロとして名を知らしめたイーストウッド3部作」の後、セルジオ・レオーネ監督がハリウッドに招かれ、本物のアメリカ西部を背景にハリウッド・スターを起用して作られた本作、もはや「マカロニ」と呼んでいいのかどうかわかりませんが、マカロニ・ウエスタンの頂点に君臨する最高傑作であります。
サントラモリコーネのベストの1枚であり、サントラ・コレクターなら誰でも持ってるわー。

昔々、アメリカの鉄道会社が線路をガンガン敷きまくっていた時代。
鉄道が通る予定の荒野に住むマクベイン一家が立ち退きに応じないので、鉄道会社殺し屋ヘンリー・フォンダ)を雇い一家を惨殺。
本作のメインテーマ曲「復讐のバラード」とともにフォンダ一味が姿を現すシーンのカッコ良さには鳥肌立ちまくり!
それにしても西部劇のヒーロー役で知られたヘンリー・フォンダ幼い少女まで無慈悲に殺してしまうのだから、当時の観客は相当ショックを受けたはず。
マクベインの花嫁となるべく荒野へとやってきた都会の女ジルクラウディア・カルディナーレ)は、新しい家族となるはずだった人々の死体に対面、呆然となる。
鉄道会社はお尋ね者の山賊シャイアンジェイソン・ロバーズ)に罪をかぶせるが、ジルの前に現れたシャイアンは男気あふれる人物で、真犯人を必ず見つけ出すと約束。

そしてもう1人、まるで影のようにフォンダにつきまとう謎の男チャールズ・ブロンソン)。
常にハーモニカを口にして、ほとんどしゃべらないセリフの少ない役だ。
マクベインの土地はジルのものとなり、鉄道会社は今度はジルを標的とし、つけ狙う。
ブロンソンシャイアンは手を組んで、ヘンリー・フォンダの魔手からジルを守ることに。
鉄道会社の黒幕「女王陛下の007」ドラコ役のガブリエル・フェルゼッティだったのね・・・)を仕留めるシャイアン
そしてブロンソンもフォンダと最後の決闘。

「なぜ、俺を狙う?」
フォンダの問いに、ブロンソンの脳裏に甦るある情景
両手を縛られ首にロープを巻かれた1人の男・・・ 彼の両足は、やはり両手を縛られた1人の少年の肩に乗っている。
それは恐るべきリンチの光景・・・ 長時間太陽に焼かれ立ちっぱなしでフラフラの少年、彼が肩で支えているのは実の兄、彼が倒れればはそのまま吊るし首になってしまう!
取り囲んだ男たちは、そんな光景を笑いながら楽しそうに見ている。
その中の1人(フォンダ)がハーモニカを取り出し、少年の口にくわえさせる。
ゼエゼエと苦しそうな少年の息遣いとともに、プアープアーと鳴るハーモニカ、大笑いする男たち。
ついに少年は倒れ、首吊り死体となった・・・

轟く銃声、地に倒れ伏すのはフォンダ
その口に因縁のハーモニカをくわえさせるブロンソン
フォンダはすべてを思い出し、そして死んでいった。

ジルの土地を鉄道が通ることになり、ジルは家を酒場に改装、鉄道工事の労働者たちを相手に商売繁盛。
新しい人生を歩み始めたジルに別れを告げ、馬に乗って去りゆくシャイアンブロンソン
だがシャイアンが馬から滑り落ちる。
鉄道会社の黒幕を倒した時、彼もまた敵の銃弾を腹に受けていたのだ。
ブロンソンを先に行かせ、1人眠りにつくシャイアン
鉄道の時代の到来とともに、銃で生き銃で死す男たちの時代=西部劇の時代は終わりを告げたのだ・・・
ここで「ONCE UPON A TIME IN THE WEST」というタイトル・クレジットがようやく出てくる。(実は映画が始まってからここまで、タイトルは1度も出てこなかったのです)
そして流れるモリコーネのもっとも美しい作品の1つ、本作のメインタイトル曲「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウエスト」
ノスタルジーの塊のような曲とともに、幕を閉じていく荒々しくも美しかった男たちの時代
さらば、大西部よ・・・
たぶん自分の人生が終わる時、耳に聴こえてくるのは、この曲のような気がします。


チャールズ・ブロンソン出演作のエントリー一覧
「レッド・サン」
http://puripuriouch.at.webry.info/201304/article_2.html
「軍用列車」
http://puripuriouch.at.webry.info/201405/article_6.html
「ウエスタン」
http://puripuriouch.at.webry.info/201405/article_7.html
「狼の挽歌」
http://puripuriouch.at.webry.info/201405/article_8.html











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ネタバレ】映画「ウエスタン」 ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる