ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【うろ覚え洋画劇場】懐かしの動物パニック一挙ネタバレ!(後編)

<<   作成日時 : 2014/06/16 23:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

??? (・_・) ・・・オモイダセナイ・・・




前編↓からの続きだよ!
http://puripuriouch.at.webry.info/201406/article_9.html


「殺人魚フライングキラー」 PIRANHA PAURA (1981)


殺人魚フライングキラー [DVD]
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2003-05-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 殺人魚フライングキラー [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



トビウオのようにヒレを使って飛行するピラニアの群れが人間を襲う。
これとか「トレマーズ」みたいに架空の生き物が登場する映画は、パニックではなく怪獣映画に分類すべき。
ところで本作は「タイタニック」ジェームズ・キャメロン監督のデビュー作、それにしてはひどい出来栄え!
ラストは沈没船に殺人魚を集めて、ダイナマイトで吹き飛ばすんだっけ?
クソ映画ですが、またしてもステルヴィオ・チプリアーニの音楽が素晴らしい!
サントラ持ってます。


「ホワイト・バッファロー」 THE WHITE BUFFALO (1977)


ホワイト・バッファロー [DVD]
ビデオメーカー
2004-08-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ホワイト・バッファロー [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



巨大なバッファローが人間を襲う映画かと思ったら、西部劇だったでござる。
主演がチャールズ・ブロンソンだったか。
もうちょっと、ちゃんと見ておけばよかった・・・
西部劇だった、ということしか覚えていない。


「白鯨」 MOBY-DICK (1956)


白鯨 [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2011-06-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 白鯨 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



巨大な鯨が人間を襲う映画かと思ったら、アメリカの文豪メルヴィルの小説を映画化した文芸作品だったでござる。
かつて己の船を沈め、片脚も奪った憎き仇・・・ それが巨大な白いマッコウクジラ「モービーディック」だ。
復讐を誓うエイハブ船長グレゴリー・ペック)は執念の炎を燃やし、再び航海に出る。
クライマックス、モービーディックに再戦を挑むエイハブ
を撃ちこむが、銛のロープがからまって、すさまじいパワーで海中に引きずり込まれる。
神の化身であるモービーディックを人間の力で倒すのは不可能、驕り高ぶったエイハブを待っていた運命は「死」だった。
「ジョーズ」でのロバート・ショーの死に様は、この作品にインスパイアされたらしい。
原作もちゃんと読んでみようかな。


「ザ・チャイルド」 WHO CAN KILL A CHILD? (1976)


ザ・チャイルド 30周年特別版 [DVD]
株式会社スティングレイ
2008-03-20

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ザ・チャイルド 30周年特別版 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



小さな子供たちが突然大人を襲い、殺戮を始める。
「子供」というのは我々に身近な「動物」であり、しかも厄介なことに、その辺の動物より知能が高い。
襲われたからといって簡単に殺すわけにはいかないし、なかなかの強敵です。
面白い発想の映画ですが、残念ながら主人公の奥さんの顔がソバカスだらけで、「ソバカスすげー!」という記憶しか残っていない。


「ザ・カー」 THE CAR (1977)


ザ・カー [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2012-05-09

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ザ・カー [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



これ、もう1度見る機会があったら、単品でレビューします!
悪魔の乗り移った自動車が、次々と人間を襲う。
「自分の意志で動く自動車」なんて、動物にカウントしてOKですよな?
いかにも恐ろしい顔つきの自動車のデザインが秀逸。
最後は崖から転落し、爆発炎上する自動車
が一瞬、悪魔の顔となるところがミソ。


今回登場しなかった「鳥」「オルカ」は、いずれ単独でレビューする予定。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【うろ覚え洋画劇場】懐かしの動物パニック一挙ネタバレ!(後編) ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる