ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】映画「レッド・オクトーバーを追え!」

<<   作成日時 : 2014/08/27 21:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

THE HUNT FOR RED OCTOBER (1990)



レッド・オクトーバーを追え! スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
2012-09-14

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by レッド・オクトーバーを追え!  スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




昨日から24時間で「エイリアン」のエントリーに1500以上のアクセスがあったん。
突如「エイリアン」ブーム到来か?と思いきや、海外ニュースで「出演作でよく死ぬ俳優ベスト10」みたいな発表があって、ジョン・ハートは2位なんだけど「エイリアン」での死に方が「映画史上最もショッキングな死に方」と評され、一気に検索されまくったらしい。
ほえええ〜
管理人が選ぶ「映画史上最もショッキングな死に方」は、007名場面ランキング「処刑・殺害」第1位に輝くアレ・・・ 「ゴールデン・ガールの死」だな・・・
ちなみに「よく死ぬ俳優」第1位「ゴールデン・アイ」で悪役を演じたショーン・ビーンだって。
あ、でも「RONIN」では死ななかったよ!


プチ潜水艦ブームを呼んだミリタリー・サスペンスの良作

ショーン・コネコネ祭り第1弾、トム・クランシー原作の「レッド・オクトーバーを追え!」をお送りします。
トム・クランシーって軍事ジャーナリストかと思ってたんですが、保険代理店の店長だったのね・・・ 単なるミリオタなのか?
豊富な軍事知識に裏づけされベストセラーとなった原作小説は1985年に翻訳が出ており、漫画「沈黙の艦隊」なんかにも影響与えてるよね。
本作はCIAジャック・ライアンを主人公とするシリーズの第1作ですが、革新的なのはライアンが現場で活動する(いわゆる007的な)工作員ではなく、情報を分析するアナリストである点。
落合信彦先生の受け売りですが、諜報機関が扱う「情報」とは「インフォメーション」「インテリジェンス」の2種類がある。
現場の工作員が収集する「情報」は事実の断片である「インフォメーション」
そして工作員が集めた「インフォメーション」をつなぎ合わせ、そこから国家が政策を決定するのに必要な戦略情報「インテリジェンス」を抽出するのがアナリストの仕事なのだ。
要するに本部でデータをあれこれ研究するオフィス・ワーカーであり、派手な活躍とは無縁だが、実際に諜報機関において重要な役割を果たすのは末端の工作員ではなくアナリストなのである。

そんなアナリストを主人公に据えるとは、さすが軍事諜報通のトム・クランシー
だけど物語がすごい地味になりそうだけど、大丈夫なの?
そんな心配を吹き飛ばすがごとく、クライマックスにはライアン自ら現場に赴いてアクションする・・・ なんだ、結局007といっしょ(笑
学者肌で良識ある家庭人のジャック・ライアンを、本作ではアレック・ボールドウィンがニヤケた感じで演じています。
次回作「パトリオット・ゲーム」からはハリソン・フォードに交替。(そういえば悪役は「よく死ぬ俳優」第1位ショーン・ビーン

ソ連からアメリカへと亡命してくる最新鋭の原子力潜水艦レッド・オクトーバーラミレス艦長に、完全にライアンを食ってしまうほどの存在感を見せる我らがショーン・コネリー
あのジェームズ・ボンドがソ連側の人間に!とショックを受けましたが(ちなみにラミレスはロシア人ではなくリトアニア人)、ソ連海軍の英雄でありながら共産党の独裁体制に不満を持っているというキャラ。
しかもレッド・オクトーバーのような恐るべき潜水艦が開発されてしまった今、軍部が西側に先制攻撃を仕掛け第3次世界大戦が勃発するのではないかと危惧、信頼する部下たちとともに亡命を決意したのである。
レッド・オクトーバーはスクリューを使わずにジェット噴射で航行する機能が備わっており、これを使うとソナーにまったく探知されず、アメリカのふところまで入りこんでミサイル発射できるのだ)

CIAでは、このレッド・オクトーバーの行動の意図が読めず、奇襲に備えて迎撃体制を敷く。
ライアンラミレス艦長の人柄を詳しく調べ上げ、その意図は亡命と看破。
アメリカ原潜の艦長らとともにレッド・オクトーバーに乗りこみ、ついにラミレスと対面、亡命の意思を確認する。
だが乗員の中に、KGBの監視員がまぎれこんでいた!
副官を射殺、ラミレスの肩に負傷させ、監視員原子炉へ逃げこむ!
さらにソ連原潜レッド・オクトーバーを破壊すべく追ってきた。
潜水艦同士のバトル、そして原子炉でライアンと監視員の銃撃戦が同時進行。
ソ連原潜は自ら発射した魚雷で大破、ろくに銃を撃ったこともないライアンは訓練を積んだKGBのプロを倒す。
That’sご都合主義!
「コロラド州に住んでみたい」と夢を語っていた副官が、アメリカを目前に殺されるのがかわいそう。
無事にアメリカ沿岸へとたどり着いたレッド・オクトーバー、「新世界へようこそ、ラミレス艦長」とライアンは歓迎する。
ラストは任務を無事に終えたライアンが、娘へのプレゼント(熊ベアー)を隣の席に乗せ、機内で居眠り。
ロシアっぽいコーラステーマ曲が壮大・重厚で鳥肌立つ。
サントラ持ってたのに、どっか行っちゃったー。

それにしてもコネリーはジジイになってからの方が味があって良いね!


映画「ジャック・ライアン」シリーズのエントリー

「パトリオット・ゲーム」
http://puripuriouch.at.webry.info/201410/article_13.html

「今そこにある危機」
http://puripuriouch.at.webry.info/201410/article_12.html












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ネタバレ】映画「レッド・オクトーバーを追え!」 ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる