ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】映画「メテオ」

<<   作成日時 : 2014/08/29 22:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

METEOR (1979)


画像



隕石パニック映画の元祖、1本で3作分のディザスター

ショーン・コネコネ祭り第3弾、それまでは子供向けのSF映画だった「地球に何かぶつかる」ジャンルの作品を、大人向けの「パニック映画」として描いた元祖、題名もズバリ「隕石」=「メテオ」をお送りしますん。
最後に見た時からずいぶん経ってますが、3回くらい見たので内容覚えてるん。

ジェームズ・ボンドでブレイクしたショーン・コネリーですが、ボンド役を引退後は長いこと低迷してたんですよね。
ようやくボンドの呪縛から解放され、望みどおりいろんな役を演じられるようになったのに、007のオーラがなければコネリーはただの脂ぎったハゲのオッサン・・・
コネリーはしょせん、この程度の役者だったのか?
が、頭がすっかりシルバーになった頃、ちょうど「アンタッチャブル」あたりからかな?
コネリーはがぜん、いぶし銀のジジイの魅力を発揮、「薔薇の名前」「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」など、次々にヒットを飛ばしていきます。
男なら、こんな風に歳を取りたい!と思わせるシルバー・コネリーの成熟した魅力。
そんな時代を迎える前の、コネリー不遇時代の超大作がこの「メテオ」
興行的にも失敗、大作なのにDVDも出てない・・・
結論から言うと、面白い映画ですよ?
管理人は有楽町の松竹セントラルで見たのだ。
決して駄作じゃないんだけどな・・・ いつか再評価される日が来ますように。


*** ネタバレあらすじ ***

宇宙で小惑星が砕け、直径8kmのデカイ塊が地球に向かってくる!
それに先がけ、3つの小さい破片も次々と落下。
第1の破片シベリアに落下、「ツングース大爆発」のような爆発現象を引き起こすが、人口の少ないシベリアだし被害は少なかった。
だが第2の破片スイス・アルプスに激突、大雪崩が発生、村を飲みこむ!
さらに第3の破片が太平洋に、大津波香港を襲う!(日本じゃなくて良かった)
ここまででけっこう、おなかいっぱい。
大本命の巨大隕石が地球に衝突すれば、人類は絶滅
アメリカ攻撃衛星「ハーキュリーズ」に搭載した核ミサイル隕石を粉砕しようとするが、核のパワーが足りないと判明。
対立するソ連にも協力してもらうしかない。
ソ連攻撃衛星「ピョートル大帝」からも核ミサイルを発射してもらうのだ!

すったもんだの末、米ソが協力して人類最大の危機に立ち向かうことに。
ニューヨークの地下に「メテオ対策本部」が作られ、東西両陣営の優秀な頭脳が集結。
西側を代表するショーン・コネリー博士ソ連代表のナタリー・ウッド博士と恋に落ちる。
「ロシアより愛をこめて」以来久々に、ソ連の女性とのロマンスを演じるコネリー
そういえばナタリーの妹ラナ・ウッドとは、「ダイヤモンドは永遠に」でご一緒してましたな。
「よくも妹をホテルの窓から放り出してくれたわね」なんて、文句を言われてたかもしれません。

ついに巨大隕石に向けて、米ソ両方のミサイルが発射され、命中、ズガガガガーン!
見事、粉々に砕ける巨大隕石、しかし砕けた破片の1つが地球に向かっている!
墜落地点は・・・ ニューヨーク
ズゴオオオーーーンとマンハッタンのど真ん中に巨大クレーターを作って破片は激突、地下の対策本部も壊滅状態!
地下水が流れこむ中、コネリーナタリーを助けて脱出。
めでたしめでたし、終わり。

「ポセイドン・アドベンチャー」ロナルド・ニーム監督だし、特撮も良かったように記憶してるし、4回目を見たいな。




アエロ(AERO)懐中時計 Cobweb 50818AA01 SQ スケルトン【正規輸入品】
アエロウォッチ(AEROWATCH)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アエロ(AERO)懐中時計 Cobweb 50818AA01 SQ スケルトン【正規輸入品】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ネタバレ】映画「メテオ」 ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる