ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】映画「大空港」

<<   作成日時 : 2014/09/29 22:25   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 6

AIRPORT (1970)



大空港 [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル
2012-08-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 大空港 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




パニック映画の元祖ですが、今見るとうーん・・・


陸海空・乗り物祭り第3弾、空のパニック「大空港」映画版をお送りします!
アーサー・ヘイリー原作小説はすでにレビュー済み、ストーリーは原作とほとんど同じなので、そちらを参照してほしいぬ!

↓先にこちらのエントリーを見てね。
http://puripuriouch.at.webry.info/201305/article_7.html

管制官を務めるメルの弟キースの存在自体がカットされてる他、整備主任ジョー・パトローニジョージ・ケネディ)がトラックの事故を見事な手腕で処理する場面もカット。
上映時間の限界があるから仕方ないのですが、長い原作の各エピソードを表面的になぞってるだけで、非常にワタワタした忙しい印象しか残りません。(実際みんな忙しいんだけどね!)
映画ではなく、他のアーサー・ヘイリー作品(「自動車」「マネー・チェンジャーズ」など )のように12時間ドラマだったら、もっとマッチしたのになあ。

後半のパニック部分も、現代の観客が見ると非常にアッサリしていて、迫力に欠ける・・・
原作は今読んでも名作ですが、映画の方はハッキリ言って見どころがない・・・
ないのですよ!
あえて言えば、ジャクリーン・ビセットスチュワーデス姿くらいか。
そういえばラスト、担架で運ばれるジャクリーン・ビセットに、爆破犯人ゲレロの妻「ごめんなさい、ごめんなさい」と泣き崩れるシーンが追加されて、哀れを誘います。
映画ではジャクリーン・ビセットを妊娠させる主席パイロットディーン・マーチン)が、あんまりイヤな奴って感じがしませんね。
彼の相棒を務める副操縦士バリー・ネルソン)は、映画の007シリーズが始まるより以前にTV版「カジノ・ロワイヤル」ボンド役を務めた「真の初代007」なのです。

それはそうと、「パニック映画の元祖」なんですよね。
本作では人間ドラマが中心ですが、だんだんとドラマ性が薄れて、怖いシーンが連続する「ジェットコースター・ムービー」へと進化(退化?)していくのがパニック映画の歴史と言えるでしょう。
パニックの定番、「離婚寸前の夫婦」も本作のメルとシンディ夫妻が元祖ですが、原作だと離婚確定の2人、映画だとヨリを戻しそうな可能性もありますね。

本作はシリーズ化され、
第2作「エアポート’75」では、セスナ機ジャンボ・ジェットのコクピットに衝突、パイロット全員死亡スチュワーデスが操縦する(笑)という超展開。
第3作「エアポート’77」ではジェット機魔のバミューダ海域に墜落、水中からの脱出サルベージが描かれる。(この時の技術を使って、後にタイタニック号を引き揚げる映画「レイズ・ザ・タイタニック」が製作される)
第4作「エアポート’80」ではアラン・ドロンが操縦するコンコルドミサイルに狙われ、大空中チェイス(笑)がくり広げられる。

どんどん現実味が失われていくエアポート・シリーズですが、アーサー・ヘイリー原作なのは1作目だけ。
しかしジョージ・ケネディ演じるジョー・パトローニは毎回登場してるのか・・・
全作見てるのに、Wiki見るまで気づかなかった・・・
70年代の映画は全作品ジョージ・ケネディが出てる感じなので、特に意識しなかったんだな。
そういえば「Gメン’75」って、「エアポート’75」にインスパイアされたタイトルかしら?
オープニングも空港の滑走路だし・・・












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
僕は順番を間違えて見てしまいました。
第2作「エアポート’75」第3作「エアポート’77」第4作「エアポート’80」を見た後に、「何だ。これが第1作か。」と思いながら「大空港」を見ました。

>映画の方はハッキリ言って見どころがない・・・

残念ながら、その通りです。一番印象に残らない作品でした。

>リーマンさんでしたか・・・私もかつてそうでした

今は自営業とか?
蟷螂の斧
2016/04/21 23:44
今は親の介護っぽいことをしてるのですよ・・・><;
自由がきかないのがツライ

大空港も公開当時なら衝撃的かもしれませんが、パニック映画がこの後すごい勢いで進歩しますからねえ。
でもタダ乗りおばあちゃんは味がありましたね。
あうち
2016/04/22 12:58
>でもタダ乗りおばあちゃんは味がありましたね。

その通りです(笑)。ヘレン・ヘイズ。僕は詳しい事は知りませんが、アカデミー賞を2回も受賞した人だとか?
「勝手にしやがれ」のジーン・セバーグ。不幸な人生を送った女優さん。ここでは接客係。
そして、爆弾男はヴァン・ヘフリン。「シェーン」で少年のお父さん役。この映画公開の翌年。60歳で死去。

>今は親の介護っぽいことをしてるのですよ・・・

大変ですね。あうちさん自身もお体には気をつけて下さい。
我が家は父親が23年前に、母親が4年前に鬼籍に・・・。
蟷螂の斧
2016/04/23 14:51
ありがとうございます!
蟷螂さんもご両親の分まで長生きしてください。
あの爆弾男があのお父さんだったとはビックリ・・・
歴史に残る役どころを2つもやってマイナー俳優としては思い残すことはないでしょう。
あうち
2016/04/23 14:58
>歴史に残る役どころを2つもやってマイナー俳優としては思い残すことはないでしょう。

主役ではなくても、人々の心に残る役者さんっていますよね。
敵役も同じ。「シェーン」での悪役ウィルスンを演じたジャック・パランスも。
そして、僕が知って驚いたのは「シェーン」でウィルスンに挑発されて撃ち殺される農民を演じた役者さんは随分長生きしたそうです。
蟷螂の斧
2016/04/26 19:57
シェーン見たのはだいぶ昔なので記憶があやふやですが
悪役ジャックパランスでしたっけ!
マカロニウエスタンの「ジャガー」「がんまん大連合」に出たパランスがかっこよくて大好きです!
そういえばバットマンにも出てましたねジョーカーにやられてましたが
あうち
2016/04/26 20:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ネタバレ】映画「大空港」 ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる