ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】映画「今そこにある危機」

<<   作成日時 : 2014/10/21 22:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

CLEAR AND PRESENT DANGER (1994)



今そこにある危機 スペシャル・エディション [Blu-ray]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
2012-09-14

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 今そこにある危機 スペシャル・エディション [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




麻薬カルテルと戦うライアン、情報分析の仕事はどうした!

ハリソン・フォード祭り第2弾、軍事スリラー作家トム・クランシー原作の「CIA分析官ジャック・ライアン」シリーズ第3作「今そこにある危機」をお送りします。
第1作「レッド・オクトーバーを追え!」はすでにレビュー済み。
http://puripuriouch.at.webry.info/201408/article_23.html
原作者クランシー軍事アナリストだとずっと思っていたのですが、単なる保険屋のオッサンらしい。
前作「パトリオット・ゲーム」からジャック・ライアン役はハリソン・フォードとなり、彼の当たり役の1つとなりました。
現場で活躍するジェームズ・ボンドのような諜報員ではなく、本部で情報分析の職務を遂行する「アナリスト」が主人公という、非常にリアリティーのある人物設定だったシリーズですが、本作ではライアンコロンビアへ飛んで麻薬組織と死闘を演じるなど、すっかり007といっしょですよ。
とはいえボンド麻薬組織と戦った「消されたライセンス」と比べて、はるかに複雑で緊迫感のある物語となってますが。(駄作「消さライ」と比べたらクランシーに失礼)
うーむ、だが原作未読のまま映画を見たら、大統領をはじめとするアメリカ政府の偉い人がたくさんでてきて、イマイチ内容を把握できない・・・
まあ、細かいところは曖昧なままでもネタバレはできると思いますので笑、モヤ〜ッとした記憶のまま、書きつづってみるです。


*** ネタバレあらすじ ***

アメリカ大統領はとても怒っていた。
コロンビアの麻薬組織が悪いことをするからだ。
アメリカの偉い人たちは議会の承認を得ないまま、ものすごい狙撃手などを特殊部隊から選抜、CIAの怖い顔の人ウィレム・デフォー)をリーダーとしてゲリラ・チームを編成、コロンビアに送りこむ。
チームは忍者ののように潜伏、麻薬組織の人を次々殺してゆく。

一方、麻薬組織のボス顧問として雇われたタダ者でない男ジョアキム・デ・アルメイダ)は、実は組織を乗っ取る野心を抱いていた。
コロンビアへやって来たアメリカの偉い人ライアンも補佐官として同行)を旧市街の狭い街路で攻撃、殺してしまう。(屋根の上からロケット・ランチャーで狙うので護衛も関係なし)
ライアンは主人公の力で辛くも生き残る。
この襲撃はボスに無断で、顧問の男が勝手に実行したもの。
顧問の男、悪い奴だ!

アメリカ大統領はさらに怒って、組織のボスの一族が集合したところを狙ってミサイルを撃ちこんだ!
ボスの一族はフッ飛んで、顧問の男「ウシシ、これで組織は俺のものだ」
組織をまとめる立場になった顧問の男アメリカの偉い人裏取引
アメリカが議会の承認を得ずに軍隊を動かして攻撃したことは黙っててあげる。(世間に公表したら大スキャンダルになるけどね)
そのかわりコロンビアに潜入したチームを救援せず、見捨てること。(こちらで始末するから)
これからはCIAにも協力して、情報を提供するよ!

麻薬組織の人を狩っていたゲリラ・チーム、今度は自分たちが狩られる立場に!
次々とチームの仲間が殺されていくよ。
裏取引を察知したライアン、ガンで亡くなった上司の遺志を継ぎ、見捨てられたチームを救出すべく、怖い顔の人とともにコロンビアへ乗りこむ!
すでに生き残ってるチームのメンバーはものすごい狙撃手1人だけ、捕虜となった彼を救い出すライアン顧問の男とバリバリ撃ち合ってやっつける!
無事アメリカに戻ったライアン大統領とケンカしてEND

ストーリー、わかりましたか?
そういえば珍しくウィレム・デフォーが悪人じゃないな。


映画「ジャック・ライアン」シリーズのエントリー

「レッド・オクトーバーを追え!」
http://puripuriouch.at.webry.info/201408/article_23.html

 
「パトリオット・ゲーム」

http://puripuriouch.at.webry.info/201410/article_13.html












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
アクション映画としては「パトリオット、ゲーム」の方が軍配ですが、
文芸大作らしい映画としては「今そこにある危機」ですね。
ハリソン、フォード映画では文芸大作的な映画でしたね。
「パトリオット、ゲーム」と本作のサントラ盤はすごく気に入ってます♪音楽は後に「タイタニック」も手がけたジェームズ、ホーナーでした。
綾小路清隆(仮名)
2017/11/13 22:25
私も映画としてはこちらのが良かったと思います。
最近はコロンビアの麻薬組織があまりニュースに出てこないけど、どうしたのかなあ。
壊滅したのかなあ。
音楽がどんなんだったか、思い出せない・・・(汗

あうち
2017/11/14 14:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ネタバレ】映画「今そこにある危機」 ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる