ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】映画「キングコング」

<<   作成日時 : 2014/10/25 22:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

KINGKONG (1976)



キングコング(1976) [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2012-04-13

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by キングコング(1976) [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




CG使ってないし特撮グッドだし(ジェシカだし)ベストな76年版コング

秋のモンスター祭り第1弾、何度も映画化された「キングコング」の中から76年度版をご紹介しますぞ!
東宝版を別にすれば、管理人が見たことあるのこれだけなんです・・・
しかも劇場で家族そろって見た!
監督は超大作請負人ジョン・ギラーミン
絶海の孤島の雰囲気、表情豊かなコングの顔面、単なるお飾りでないヒロインジェシカ・ラング)の輝きなど、なかなかにいい感じで、もっと評価されてもいい作品だと思うのですが・・・

新たな油田を発見すべく、石油会社の調査船は南海の孤島スカル島を目指す。
常に霧に覆われたスカル島で、一行は石油の代わりに原住民から神と崇められるキングコングを発見する。
たまたま調査船に同乗していた女優の卵ドワンジェシカ・ラング)が原住民に拉致され、コングの生贄に!
しかしコングドワンを宝物のように優しく扱い、愛おしむのだった。
後の「郵便配達は二度ベルを鳴らす」からは想像もできないジェシカ・ラングの初々しさがまぶしい。
そしてコングエロオヤジっぽい表情が絶品。
突如現れた巨大なアナコンダコングが戦ってる間に、ドワンを救出する調査船乗組員たち。
そしてコングを落とし穴で捕え、タンカーでニューヨークへと運ぶ。

石油会社の宣伝に利用するつもりだったが、記者たちのカメラ・フラッシュを浴びて興奮したコング、鎖を断ち切って大暴れ。
強欲な石油会社重役を踏み殺し、ニューヨークの街を恐怖に陥れる。
ゴジラよりサイズは小さく、ゴジラほど大暴れするわけでもないコングですが、日本の怪獣映画と同じく着ぐるみミニチュアによる特撮は、現代の観客が見てもじゅうぶん満足のいく出来栄え。
ドワンをさらってコングがよじ登るこのビルは・・・
おお・・・ これは・・・ 今は亡き貿易センタービルのツインタワーではないですか!
コングが登ってももちこたえたのに、9.11のあの日は・・・(涙)

屋上で咆哮するコングを迎撃するのは、2機の武装ヘリ
ドワンを安全な場所に隠すコングヘリと戦闘開始。
だがやはり近代兵器にはかなわず、バルカン砲でハチの巣にされて落下、死亡。
コングの純粋な心を知っていたドワンは泣きじゃくる。
人間のエゴがもたらした悲劇的な最期でした。

うーん、CGがなかった頃の映画はいいなあ!







グライシン F 104 ポケットウォッチ F 104 Pocket Watch Ref. 3828.19AT
グライシン (GLYCINE)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by グライシン F 104 ポケットウォッチ F 104 Pocket Watch Ref. 3828.19AT の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ネタバレ】映画「キングコング」 ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる