ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】映画「夕陽のガンマン」

<<   作成日時 : 2014/12/27 21:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

FOR A FEW DOLLARS MORE (1965)



夕陽のガンマン [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2012-04-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 夕陽のガンマン [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




当ブログが選ぶ「世界一カッコいい映画」第1位

年の瀬リー・バン・クリーフ祭り第1弾!
映画史上最もカッコいい役者ショーン・コネリーではなく、この世界一カッコいい映画「夕陽のガンマン」に主演するクリント・イーストウッドでもなく、もう1人の主人公ダグラス・モーティマー大佐を演じるリー・バン・クリーフで決まりです!!!
鋭い眼光、鷹のような鷲鼻、髪の薄いおつむ・・・ 全身から超シブいタダ者でないオーラを発するこの男。
どことなく日本人っぽい雰囲気も漂ってるのに、日本ではイマイチ有名でないのが残念!(後にニンジャ・マスターも演じるよね)

さて映画の方ですが、セルジオ・レオーネ監督の前作「荒野の用心棒」黒澤明「用心棒」を丸パクッたストーリーだったのに対し、今回はれっきとしたオリジナル・ストーリー。
頭からしっぽまで名場面の塊マカロニ・ウエスタン史上の最高傑作と言えるでしょうし、実際に最も名の知れたマカロニ・ウエスタン作品であり、マカロニ・ウエスタンの代名詞と言っても過言でも華厳の滝でもありません。
同様にエンニオ・モリコーネテーマ曲も、誰でも耳にしたことのある映画音楽史上最も有名な曲の1本であり、マカロニ音楽の代名詞であり、モリコーネの最も知られたナンバーと言えるでしょう。
「必殺仕置人」殺しのテーマの元ネタでもあるよね・・・

ユーチューブで世界一有名なマカロニ・テーマ曲を聴いてみそ
https://www.youtube.com/watch?v=O9vZJMVYHf0

そしてそれを元にした「必殺仕置人」殺しのテーマ聴いてみそ
https://www.youtube.com/watch?v=KVYTVkXB3Zc

ストーリーはいたってシンプル。
まずカッコ良く登場するベテラン賞金稼ぎモーティマー大佐リー・バン・クリーフ)、すごい顔の獲物を仕留める。(名場面!)
続いて登場する若手賞金稼ぎ「名無し(といっても2ちゃんねるではない!クリント・イーストウッド)」も、カッコ良く獲物を仕留める。(ここも名場面!)
そして刑務所を脱獄する凶悪な眼光の山賊インディオジャン・マリア・ヴォロンテ)。

インディオはまず、彼を警察に売り渡した裏切り者を始末。(赤子まで殺す非情さ・・・ またしても名場面!)
昔の仲間を集め、銀行強盗を企てるインディオだが、彼には忘れられない過去があった。
とある美しい女を愛してしまったインディオ、彼女の婚約者を殺し、女をレイプ。
だが逆らう女を押さえつけるうち、暴発した銃で女は死亡。
女の懐中時計を握りしめたまま、インディオは逃走する。
この女の死はいまだにインディオのトラウマになっており、遺品である懐中時計を開くと鳴り始めるオルゴールの音色に聴き入ることもしばしば。(今でも女を愛してるようだ)
(このオルゴールの曲、最近何かの化粧品のCMに使われていて、ワロテしもた)
実はこの殺された女モーティマー大佐の妹だったのだ!
大佐妹と同じ懐中時計を持ち歩き、オルゴールの曲を聴くたびにインディオへの復讐の念を募らせていた。
(音楽が演出上の重要なキーとなるところ、「暴力のオペラ」と呼ばれる所以ですな。モリコーネの音楽があってこその作品)

莫大な賞金がその首にかかったインディオ、それを狙う2人の賞金稼ぎは出会い、そして対立。(ここがもうホント、名場面!)
帽子を撃ちあったり殴り合ったりして和解する2人、人数の多いインディオ一味に対し、共闘しようということで意見が一致。
銀行強盗に協力するフリして一味に潜りこむ2人だが、正体がばれてリンチを受けるマカロニおなじみの展開。
一味の仲間割れに便乗してどうにか脱出、敵を1人また1人と倒していく。

最後は大佐VSインディオの因縁の対決。
イーストウッドが手にした懐中時計オルゴールが鳴りやむと同時に撃ち合うのだ。
オルゴールの曲がそのまま決闘のテーマ曲「ガンマンの祈り」へと転じ、にらみ合う大佐インディオ、これが本物の目ヂカラですよ!

この至高の名場面がユーチューブで見られるというイヤな世の中
https://www.youtube.com/watch?v=0JPnR7C8mZQ

ブラヴォー。
決闘を制した大佐は、賞金をすべてイーストウッドにやることにして、夕陽に向かって去っていく。
賞金首どもの死体を集め、生きていた最後の1人も仕留めたイーストウッドもまた、死体を満載した馬車を走らせ、夕陽に消える。

もう2度と戻らないマカロニの時代、胸が熱くなる名ラストです。











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ネタバレ】映画「夕陽のガンマン」 ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる