ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】映画「アルマゲドン」

<<   作成日時 : 2015/10/28 21:43   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

ARMAGEDDON (1998)



アルマゲドン [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
2011-08-03

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アルマゲドン [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




CGでブルース・ウィリスの髪を増やしてやればよかったのに

暑いのか寒いのかわからない微妙な季節、ブルース・ウィリスの微妙な映画を見てマッタリしよう!
第1回は宇宙から巨大隕石接近、地球が地球が大ピンチ!
隕石パニック映画「ディープ・インパクト」の対抗馬「アルマゲドン」をお送りします。
あまり評価が高くない、ハッキリいうとバカ映画と評される本作ですが(確かに監督のマイケル・ベイは、アメリカでも子供が指さしてゲラゲラ笑いながら「見ろよマイケル・ベイが歩いてるぜ」「あいつの映画見るとバカになるぜ」なんてバカにされるくらいパカな人のようですが)
今回初めて見たら、パニック映画というよりも昔懐かしい宇宙探検映画に近い雰囲気で、なんかちょっとうれしかったです。
脚本にリアリティーがなく荒唐無稽というのが低評価の主な理由のようですが、隕石映画なんてどれもリアリティーないし、昔のSF映画に比べたらマシな方だろう。
ただチープなCGがちょっとな・・・ そこが欠点だな。

宇宙から飛来する巨大な小惑星
あれ?巨大な小惑星ってなんか矛盾してね?
小ライス大盛りみたいな・・・
このままでは地球にぶつかって皆死んでまうが、核ミサイルで攻撃しても壊れないくらい小惑星は硬い、鬼硬い。
残る手段は小惑星に着陸してドリルで穴掘って地中深くで核爆発を起こす・・・ すなわち「ディープ・インパクト」によって粉砕するしかない。
あれ?核爆発でも壊れないのにドリルで穴が掘れるって変じゃね?

ものすごく頑丈な小惑星に穴を掘れるのは、世界一の穴掘り名人ブルース・ウィリスと彼の石油掘削チーム及び彼の開発した特製ドリルしかない。
ここでブルース・チームのイカれたメンバーを紹介しよう。
まずブルースの右腕A・J・フロスト
腕は立つがブルースの娘リヴ・タイラーと恋仲になったため、父親の怒りを買っている。
その他にもいろいろファッキンなメンツが揃ったこのチーム、なんとNASAから依頼を受け、即席訓練を受けてスペースシャトルで宇宙に旅立つ!
スペースシャトルが活躍する映画を見るのは「ムーンレイカー」以来ですが、特撮は圧倒的に「ムーンレイカー」が上だな。
この宇宙飛行士としては素人のチームが宇宙へ行くという展開が「リアリティーない!」って言われるとこだと思うけど、なかなかおもしろい脚本だと思いますよ。

2機のシャトルに分乗し、いよいよ小惑星へと接近。
1機はブルースがリーダーのチーム、もう1機はA・Jのチーム。
だがA・J機は小惑星の周囲を飛び回る流星群に巻きこまれ大破、墜落!
どうにか無事に着陸したブルース、だが掘削作業に取り掛かると地質のあまりの硬さにドリルがポキッと折れて大破。
あーダメだこりゃー地球終わったわー
そこへ現れるA・Jの乗った宇宙探検車予備のドリルを積んでいる!
シャトルは大破してもA・Jは無事、探検車も無事、ドリルも無事、ストーリー上大切なものはみんな無事!
さっそくA・Jドリルで穴を掘りぬき、ブルースもその腕を認めて和解。
だが核爆弾のタイマーが故障、誰かが小惑星に残って手動でスイッチを押すしかない。
くじ引きではずれを引いたA・Jに替わり、「娘を頼むぞ」と言い残しブルースが自ら残る。
生存者がシャトルに乗りこんで発進した後、ブルースはスイッチを押しドッカーン。
地球へ無事帰還したA・Jリブ・タイラーと結ばれ、生き残ったチームのメンバーは地球を救ったヒーローとなるのであった。
メデタシメデタシ。
ほんとアメリカ人はヒーローが好き。
ヒーローになるためなら悪魔に魂売りそう。
子供の時に見たら大好きになりそうな映画だな。
小惑星宇宙怪獣でも出現したらもっとおもしろかったのに。











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
アルマゲドンと主題歌は好きですよ!!
同じマイケル、ベイの「パールハーバー」より良い映画でした。
軍配は「ディープインパクト」に上げちゃうなあ。
感動したのは「ディープインパクト」の方ですね。「タイタニック」の音楽をやったジェームズ、ホーナーの反則技みたいに泣ける音楽を聴かされたらこっちに軍配を上げたいですね…
ジェームズ、ホーナーの音楽をやった映画では「タイタニック」よりも「ディープインパクト」は観ると絶対泣きますね、個人的ですが。
アルマゲドンはあの空想科学読本シリーズの「空想科学映画読本」でネタにされてましたもんね。
綾小路清隆(仮名)
2017/11/01 22:29
アルマゲドンの主題歌あったな、というのは覚えてますが、どんな歌だったか記憶の彼方・・・
パールハーバーもマイケルベイでしたか笑
タイタニックの音楽は覚えてますが、あれがジェームズホーナーでしたか。

アルマゲドンは科学的にどうこう以前に、一般常識としてツッコミどころ多いですよね笑
ディープインパクトは見てから時間たちすぎたので、もう1回見たら取り上げたいと思いますが、愛する人と抱き合って最後の時を迎えるんでしたっけ・・・
あうち
2017/11/02 14:29
ジェームズ、ホーナーとジェームズ、キャメロンのコンビは、
「エイリアン2」、「タイタニック」、「アバター」の3本があります。一番音楽を手がけた映画監督がロン、ハワードで8本ですね。
素晴らしい音楽を多く手がけたジェームズ、ホーナーですが、
2015年に自家用機の事故で61歳で亡くなったんですね…
2015年と言えば、声優では小川真司さん、たてかべ和也さん、松来未祐さん、相撲関係では北の湖理事長が亡くなったんですね…
ジェームズ、ホーナー音楽の映画で好きだったのは「アポロ13」、
「エイリアン2」、「ディープインパクト」です。
綾小路清隆(仮名)
2017/11/02 19:42
ジェームズホーナーという方、ウイキで調べたらけっこう知ってる作品多かったです!
特にコマンドーの音楽が1番印象に残ってるかなあ。
けっこう古い人なんですね。
そうですか、松来未祐さんと同じ年に亡くなったですか・・・
61歳はまだ若いのに・・・ 自家用機はやっぱり怖いですね。
アメリカでは気軽に小型飛行機の免許を取りますが・・・
いろいろ教えていただいて、ありがとうございます。
あうち
2017/11/02 21:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ネタバレ】映画「アルマゲドン」 ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる