ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】映画「北海ハイジャック」

<<   作成日時 : 2016/01/20 21:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

FFOLKES (1979)



北海ハイジャック [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
2012-04-13

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 北海ハイジャック [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




地味ながらムーアのキャラがいい地味な映画

明けましておめでとうございます。
正月が明けたばかりだしリハビリをかねてマイナー映画でサックリと。
前から見たいと思っていた「北海ハイジャック」をようやく見ることができましたが、昔のイギリス映画だし派手なアクションもなく思った通り地味でしたね。

イギリス(というかスコットランド)北方の北海には豊富な油田があり、巨大な石油掘削基地がいくつも作られ、冬場の荒れ狂う海とともに非常に魅力的な冒険小説の舞台を提供しております。
本作にもそうした圧倒的にデカイ石油基地が登場、これがハイジャックされるのかー! と思ってましたが、実際には石油基地に物資を補給する補給船がハイジャックされるのでした。
確かに巨大な基地を乗っ取るのは人員もたくさんいるし、警備も厳しいだろうし、補給船を乗っ取るというのは非常に賢い計画です。
しかし・・・ 巨大基地でのスペクタクルな見せ場を期待してたのに、犯人と交渉する司令室くらいしか内部は描かれず、ほとんどの舞台はしょぼい補給船内というのは期待はずれもいいとこですわー。

「サイコ」の異常者アンソニー・パーキンス演じるクレーマー、彼が率いる新聞記者に化けたテロリスト・チーム補給船エスター号をハイジャック。
石油基地に接近したところでダイバー部隊が基底部に爆弾を仕掛ける、というやり口で「ジェニファー」「ルース」の2つの基地を人質に取った。
そして金額は忘れたけど莫大な身代金をイギリス政府に要求。
テロリストと交渉する基地の責任者に、「死ぬのは奴らだ」でCIAのフェリックス・ライター役でロジャー・ムーアと共演するデイヴィッド・ヘディスン
「消されたライセンス」にも出演してサメに脚を食いちぎられていましたな。
ここにきてサッチャー首相は、民間人ながら水中活動のプロであるフォークスに人質の救出を依頼する決意。

ロジャー・ムーア演じる主人公、女嫌いで猫好きの奇人フォルクスがなかなか魅力的なキャラクター。
ジェームズ・ボンドとは対照的な人物ですが、むしろボンドよりいいかも。
ロジャー・ムーアサッチャー首相と言えば「ユア・アイズ・オンリー」のラストを思い出して笑ってしまいますが、今回のサッチャーさんは真面目です。
ルースを偽装爆発させたり、大胆に作戦を進めていくフォルクス
しかし正体を偽ってエスター号に乗船しようとして、勘の鋭い首領クレーマーに拒否されたり、緊迫の駆け引きが続く。
最後は身代金を払うと見せかけ、水中スクーターでこっそりエスター号に乗りこんだフォークスのチームが水中銃でテロリストたちを静かに始末していき、クレーマーも必殺の一撃で仕留められ・・・ と思ったら生きてて、最後の力を振り絞って爆弾のスイッチを押そうとしたところをフォークスに止められ絶命。
女性差別主義者だったフォークスエスター号唯一の女性乗組員に危ないところを助けられるというありがちな展開もあり。

という感じで薄い盛り上がりでミッション完了。
ラスト、イギリス政府からお礼状と贈り物を受け取るフォークス
「女嫌いのあなたでも、この子ならいいでしょう」
メスの子猫を贈られ、フォークスうれぴー。
ま、TVならいいけど劇場で見る必要はない映画でした。











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ネタバレ】映画「北海ハイジャック」 ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる