ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】映画「2001年宇宙の旅」

<<   作成日時 : 2016/02/22 22:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2001:A SPACE ODYSSEY (1968)



2001年宇宙の旅(初回生産限定スペシャル・パッケージ) [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2014-04-23

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 2001年宇宙の旅(初回生産限定スペシャル・パッケージ) [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




なんということでしょうハルさんが大変なことに

ボーマン船長スターチャイルドになって今年で15年。(別にスターチャイルドのレーベルからアーティスト・デビューしたわけじゃないからね)
今ごろ銀河のどこかで、ボーマン船長スター中学3年生になって受験勉強に追われていることでしょう。
スタンリー・キューブ監督リックの映画史上に残る不朽の名作「スペース・オデッセイ2001」、今見るとなんか・・・ まあいいや。
難解な内容で知られる作品ですが、あらすじをまとめるのは簡単です。

1、昔、人類は猿だった。
ある日、不思議な黒い石板(モノリス)を発見、それに触ってみる猿。
すると知能が進化、骨を道具に使うようになった。
放り投げた骨が宇宙船となって、舞台は未来の地球へ。

2、人類は順調に発展して、いまや月に進出する勢い。
月で発見された黒い石板(モノリス)、調べてみると木星へとビーム?を放射している。
果たしてこのモノリスは何者が月に埋めたのか、そして木星には何があるのか?

3、モノリスに導かれて、宇宙船ディスカバリー号木星を目指して旅立った。
後にアメリカのスペースシャトルがディスカバリー号と命名されるのは、本作に敬意を表してだと思うよ。
ところが航行中にコンピューターHAL9000が反乱を起こし、乗組員を次々殺害。
ただ1人生き残ったボーマン船長がコンピューターをブッ壊して停止させる。
なぜHALは反乱を起こしたのか?というのが大きな謎の一つですが、ウイキによると、木星行きの真の目的を乗員に秘密にしておかねばならないストレスで狂ったらしい・・・ なんだよ、それ。

4、木星巨大モノリス発見。
ボーマン船長宇宙的な赤ん坊に生まれ変わってメデタシメデタシ。

なんだかよくわからないストーリーですが、要するに高度な文明を持った宇宙人(神?)に導かれ、人類が次の段階へと進化した、ということでしょう。
ストーリーを書いたのはSF界の巨匠アーサー・C・クラーク、彼の名作「幼年期の終わり」を読んでおけば、本作の内容もなんとなくわかると思います。
あ、もちろん本作の原作小説(というかノベライズ)もありますが、「幼年期」の方が面白いしわかりやすいんじゃなかしら。

映画としては、なんといっても映像が美しい。
特撮レベルがそれまでのSFとは段違い、まさに異次元の特殊撮影。
それまで日本も特撮分野では割とハリウッドといい勝負してたのですが、本作で決定的に差をつけられた。
日本特撮の完全敗北。
いまだに日本は本作の特撮レベルに匹敵する作品を生み出せてないし、今後も無理だと思います。
日本は「ゴジラ」「ウルトラマン」が成功しすぎて円谷プロの進化が止まってしまったのが痛いなー。

一方、物語的にはどうかというと、あまりにも進行が遅くて2倍速で見ても眠くなる。
劇場で見たら熟睡やな・・・ 不眠症の人にオススメやな・・・
哲学的で壮大なビジョンを持った物語は当時の日本人の理解を越えるものではありますが、現在の視点で見ると大風呂敷広げた詐欺師的な感じもします。
クラークの考える「偉大な存在」って結局どーゆんだよ(人類の想像の及ばぬものかもしれませんが)
そしてモノリスで人類を導いた神のような宇宙人はどうやって生まれてどうやって進化したのか?
考えれば考えるほど、映像と音楽がスゴイだけのハッタリ映画に思えてしまう。
ま、あーだこーだ議論して楽しめるし、1回は見た方がいいかもしれない可能性もなくもないといってもいいかもしれない。

最後に名曲「ツァルストラはかく語ったりき」で始まる衝撃のオープニング動画をどうぞ。
https://www.youtube.com/watch?v=e-QFj59PON4



決定版 2001年宇宙の旅 (ハヤカワ文庫SF)
早川書房
アーサー・C. クラーク

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 決定版 2001年宇宙の旅 (ハヤカワ文庫SF) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



幼年期の終り (ハヤカワ文庫 SF (341))
早川書房
アーサー・C・クラーク

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 幼年期の終り (ハヤカワ文庫 SF (341)) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



2010年 [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2010-04-21

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 2010年 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ネタバレ】映画「2001年宇宙の旅」 ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる