ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】映画「寒い国から帰ったスパイ」

<<   作成日時 : 2016/09/13 14:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

THE SPY WHO CAME IN FROM THE COLD (1965)


画像



名作「寒い国」の映画化なんだけど、ひたすら暗い

ジョン・ル・カレのスパイ小説最高峰「寒い国から帰ってきたスパイ」を映画化(モノクロ)、原作に忠実なストーリーなので、詳しくは原作の方のネタバレも見てくだされ
http://puripuriouch.at.webry.info/201503/article_2.html

原作は間違いなく面白いのですが、映画はちょっとわかりづらい、原作読んでないと何が起きてるのかよくわからんと思います。
それでもアカデミー主演男優賞と美術賞とってるのね・・・
美術ってそんなに目を引くものあったっけ?
リチャード・バートンの演技も、まあ普通だと感じましたが・・・

まだベルリンが東西に分かれていた時代。
英国情報部員リーマスリチャード・バートン)が東ベルリンで確保した工作員はすべて、東ドイツ秘密警察の大物ムントによって摘発、殺害された。
敗北感とともに帰国するリーマスは左遷されて経理課へ。
だが事務仕事にウンザリして、やがて退職。
このころのリーマスは荒れまくっており、食料品屋のオヤジにツケ払いを要求したり、断られると殴って刑務所に入れられたり。
ちょwww 食料品屋のオヤジ007の上司バーナード・リー)なんですけどwww
落ちぶれたのはリーマスだけじゃなかったわwww
「殴ったね!ショーン・コネリーにだって殴られたことなかったのに!」

しかし荒れた生活を送りながらも、しっかり図書館員の女といい仲になってるし。
この女は共産党員でもあり、後に悲劇的な運命を迎えるのだが、正直共産党支持者がどんな運命を迎えようと、自業自得です。
出所したリーマスに接近する、ソ連のスパイたち。
祖国に不満があるなら、ソ連に寝返れば、いい報酬出すでー。
ベルリン時代にどんな活動してたか、英国情報部の内部はどんな風なのか、話してちょ−だい・・・
しだいにソ連側に惹かれていくリーマス、ついに東ベルリンへと渡るが・・・

実はこれ、すべては英国情報部の作戦であり、リーマスの荒れた生活も演技なのだ。
すべては宿敵ムントに一矢報いるため・・・
リーマスに指示を与える役割で「ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ」の主人公スマイリーも登場。
さて東ベルリンでは秘密警察副長官フィードラーリーマスを尋問する。
たくみな証言によってムントを裏切り者に仕立て上げていくリーマス
フィードラームントの動きが怪しいと前々から目をつけていたので、リーマスの証言は、まさにパズルの最後のピースのようにガッシリと辻褄が合う。

「ムントは英国が送りこんだスパイであり、裏切り者です」
ついにムントを告発するフィードラー
ムントは大ピンチ、これでムントは失脚だ・・・ ほくそ笑むリーマス
だがムントには、恐るべき切り札があった。
リーマスの恋人である図書館員の女が法廷に引き出される。
彼女に大金を払ったものがいる点、リーマスが彼女に語った言葉などから、リーマスが落ちぶれたのも東側へ来たのも、すべて英国情報部の計略であると看破するムント
そしてフィードラーこそ、その計略にまんまとハマッた愚か者、祖国への裏切り者なのだ・・・
またしてもリーマスムントに敗北した。
失脚したのはフィードラーであり、ムントは無罪放免となった。

だが刑務所からリーマスとその恋人を、密かに解放したのはムントだった。
車を用意してあり、ベルリンの壁へ向かうよう指示。
脱出ポイントへ向けて車を走らせながら、リーマスはようやく気づいた。
ムントは正真正銘、英国のスパイなのだ!
リーマスの手持ちの工作員たちはみな、ムントが功績をあげて秘密警察内で出世できるよう、犠牲になったのだ・・・
だが切れ者の副官フィードラームントをマークし始めたので、リーマスを送りこんでフィードラーを失脚させたのだ・・・
自分は単なるチェスの駒だったと、情報戦の非情さを痛感するリーマス

ベルリンの壁では、脱出の手配が整えられていた。
ほんの数十秒の間、壁からサーチライトをそらすので、その間に所定の場所からハシゴで壁を越えるように・・・ 必ずリーマスが先に登ること。
壁の上に上がるリーマス、西側ではスマイリーたちが「ジャンプしろ!」と叫んでいる。
リーマスに続いてハシゴを登ってくる図書館員の女、だがサーチライトが彼女を捕えた!
秘密を知りすぎた彼女は脱出させるわけにはいかない、ここで死んでもらう・・・
銃撃にのけぞる女、ハシゴから落下。
リーマスは西側でなく東側に飛び降り、恋人の死体のかたわらに・・・
やがて東側の警備兵がリーマスに気づき、銃撃。
ベルリンの壁に散る恋人たち、まるで「ロミジュリ」のような悲劇的結末。

共産主義国・社会主義国といったいわゆる「東側」が非人間的なのは当然として、そういた連中を相手に戦っていると民主的・人道的なはずの「西側」の組織や人間までも人間性を失ってしまう。
そういった警告が原作にあり、映画もそのままテーマを描き切りました。
それなら、どうすればいいんだよ、という点は描かれていません。
批判だけで終わるのは無責任だと思いますでー。
どうすればいいのか提案しないと。
個人的には、人間性を無視する相手(共産主義者など)に人間性を考慮する必要はないと思うけど。
それより「寒い国」のストーリーを原作と映画で2回も書いたので疲れた!



パナソニック ICレコーダー 2GB ブラック RR-US330-K
パナソニック
2015-09-17

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by パナソニック ICレコーダー 2GB ブラック RR-US330-K の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



OLYMPUS ICレコーダー VoiceTrek 4GB MicroSD対応 V-842 シルバー V-842 SLV
オリンパス
2015-11-06

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by OLYMPUS ICレコーダー VoiceTrek 4GB MicroSD対応 V-842 シルバー V-842 SLV の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ネタバレ】映画「寒い国から帰ったスパイ」  ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる