ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】映画「黄金の棺」

<<   作成日時 : 2016/10/06 22:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

I CRUDELI (1966)



黄金の棺 [DVD]
オルスタックソフト販売
2014-12-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 黄金の棺 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




札束を馬車に積んで「我が家」に帰る家族・・・ ( ;∀;)イイハナシダナー

マカロニ・ウエスタン「第2のセルジオ」ことセルジオ・コルブッチ監督。
「第1のセルジオ」巨匠セルジオレ・オーネ監督よりもマニア人気が高いかもしれんね。
管理人もコルブッチ監督のウエスタンはあらかた見てるんですが、未見だった「黄金の棺」が朝日新聞社の「マカロニDVDコレクション」から発売されたんじゃよバンジャーイ
朝日もたまにはいいことするな!
この先、日本未公開の「サイレント・ストレンジャー」も発売してくれたら、サンゴ削った罪も許してやんよ!

さてマカロニの楽しみというと、まず音楽、それから残酷シーンやトリッキーなガンプレイ、へんてこなギミック、アブノーマルな悪人、濃ゆい顔のオッサンなどですが、いずれも映画の本筋とは関係ない部分。
だからマカロニ好きは特殊な趣味になるのですが、本作「黄金の棺」はマカロニとしての魅力は控えめながら、ふつうに映画として面白い。
脚本がいいなーと思ったら、マカロニにしては珍しく原作小説があるようです。
コルブッチ監督の実力がうかがえる1本、翻案して時代劇にしても面白い作品になるかもね。


全部バラしちゃうネタバレあらすじ

南北戦争で南軍は敗れたが、元軍人のジョナスは南軍の復興をもくろみ、3人の息子たちとともに北軍の現金輸送車を襲撃、殺して殺して殺しまくる!
ここで3人の息子を紹介しておこう。
長男=クズ、次男=悪党、三男(ベン)=いい人、しかし父に逆らえない。

奪った大量の札束は棺に収納、馬車で運ぶ。
棺には北軍の「アレン中尉」の遺体が入ってるという設定で、遺体の輸送許可証も用意してある。
「アレン中尉」ジョナスの息子であり、戦場の墓地から故郷の牧場に移すという名目。
「アレン中尉」の妻という設定で、喪服の未亡人を演じるキティという女も同行するが、彼女はまさにトラブルメーカー、昼間から飲んだくれたり、ジョナスに結婚を迫ったり、ついには悪ふざけで馬車を乗っ取り逃走、ブチ切れた長男(もしくは次男)に殺されてしまう。

未亡人がいないとまずい、遺体の輸送許可証は未亡人の名前になってるからだ。
そこで三男のベンが町へ行って、イカサマ・ポーカーで稼ぐ度胸の座った女クレアをスカウト。
何も知らずに連れてこられたクレア、指名手配の強盗犯の一味にされたと気づいて抵抗するが、後の祭り。
ベンは必ず無事に家に送り返すことと報酬2000ドルを約束、なんとか仲間に加わってもらう。
保安官に棺を調べられた時には、名演技で追及をかわすクレア
一方、クレアクズ長男にレイプされそうになった時は、身を挺して助けてやるベン
2人の間には当然ながら、愛が芽生えてゆく。

「黄金の棺」を馬車に載せ、南部の「我が家」を目指すこの家族に、天罰のごとく次々と苦難が降りかかる。
食料を補給に立ち寄った町では、たまたま偶然アレン中尉の部下だった軍曹が現れ、「どうぞ、うちによって中尉の思い出話でも・・・」
軍曹中尉の顔も知ってる!
はー、しかし今は盲人となってるから大丈夫!
しかし中尉や奥さんといっしょに撮った写真を持ってる!
早々に町を出発する一行、だが念のため長男が町に戻って軍曹を殺害、写真を回収。
「目の見えない人を殺したの?卑怯者!」
クレアは一行に協力するのに嫌気がさした、その時。

メキシコ山賊が襲撃、ジョナス一家はピンチ!
そこに駆けつける北軍の部隊が家族を救援、山賊の首領を逮捕。
おや、この山賊首領「さすらいのガンマン」の悪ボスの人ですね。
部隊は「ナントカ砦」から来たのだが、そこはかつてアレン中尉が指揮していた砦なのだ。
「皆さん、砦に寄って一休みしてください」
隊長の親切な申し出を断るジョナス、だがクレアが「疲れました、休みたい」とダダをこね、一行はナントカ砦へ。
連行された山賊たちは、裁判抜かして処刑。
首領ジョナスに「地獄で待ってるぜ」とニヤリ、吊るし首に。
どうやら首領、交渉のために白旗を揚げても撃ってきたジョナスの正体を、まともな軍人ではないと見抜いたらしい。(ここは重要な伏線!)

ここでクレア、隊長に「夫の遺体を砦の墓地に埋めてもらいたい」と申し出、ジョナスはビックリ。
大金の詰まった棺を埋めてしまえば、殺し合いも起きないだろう・・・ というクレアの考え。
快諾する隊長、こうして棺は砦に埋葬された。
ジョナス一行は砦を後にするが、夜になると3人の息子が「黄金の棺」を盗み出しに再び砦に潜入。
残ったジョナスクレアに、「あの金は南軍が再び蜂起するための軍事資金なのだ!」と説教。
雨に濡れたクレア、体調が急激に悪化。
3人の息子たちも無事に棺を取り戻し帰還。
再び「我が家」に向けて出発!

いよいよ故郷を流れる河にたどり着く。
これを渡れば「我が家」だが、夜は危険なので明日渡ろう・・・
ここで乞食が登場、食べ物を恵んでもらったうえ、いっしょに夜を明かす許しを得る。
クレアの病状が悪化、今にも死にそう。
翌朝、馬車を引いていた馬たちが死んでいる!
ただ1頭残った馬は乞食が押さえ、その手にはライフルが。
強盗に変身した乞食は、ジョナス一家のブーツやガンベルトを要求するが、一瞬のスキにナイフで貫かれ死亡。
その際、ジョナスが被弾して重傷。

馬車を引いて河を渡るには、馬を手に入れなくては・・・
「近くのインディアン部落で馬を買ってこい」
瀕死の父の命令で、クズ長男が部落に向かうが、すぐに逃げ戻ってきた。
ふだんは大人しいインディアンたちが、大挙して押しよせる。
実はクズ長男、こんな大変な時なのに、族長の娘をレイプして殺してしまったのだ!
これほどのクズはマカロニでもなかなかいない!
「そのクズ長男をこちらに渡すか、それともここで全員死ぬか」と、迫る族長
ブチ切れる次男長男に銃を向ける。
「こんなバカのために命と金を失ってたまるか!」
優しい三男ベンが間に入り、「やめろよ家族だろ、兄さんをあいつらに渡すことはできないよ」
ここで次男発砲、長男も発砲、ベンが倒れ、長男次男も倒れて死亡・・・
うーむ、ラストはベンが父や兄を倒してクレアを救うのかと思ったら、ここまでヘタレだったとは・・・
この修羅場にインディアンもあきれて、去っていく。

瀕死の父ジョナスは這いずりながら、棺桶を引きずって、川の堤防を登っていく。
「家に帰るんだ・・・ 家に帰るんだ・・・」
堤防のてっぺんから棺桶が転げ落ち、中からドワーッと出てきたのは・・・
札束ではなく、山賊首領の遺体。
うーん、このシーンには痺れた!
まちがった棺をもってきてしまったのだ・・・
嵐の夜だったしね・・・

ベンは重傷を負いながらも生きており、這いずっていく父を見守る。
ついにジョナスは河べりで息絶える。
ここで流れるモリコーネの音楽が最高ですなー!
ベンクレアはこの後どうなったのか、それは知らない。
マカロニというゴミ溜めに、またひとつ輝く宝石を発見した感じ。

壮絶なラスト
https://www.youtube.com/watch?v=rVM6FjWDK88



バンパイアコフィン(棺桶)ボックス-B
SUMMIT

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by バンパイアコフィン(棺桶)ボックス-B の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



【ペット お別れ】 ペット用棺 中サイズ 木目調
株式会社 エランド

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 【ペット お別れ】 ペット用棺 中サイズ 木目調 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ネタバレ】映画「黄金の棺」  ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる