ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】「暗号論」エドガー・アラン・ポオ

<<   作成日時 : 2017/04/09 21:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

CRYPTOGRAPHY (1841)
Edgar Allan Poe



ポオ小説全集 4 (創元推理文庫 522-4)
東京創元社
エドガー・アラン・ポオ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ポオ小説全集 4 (創元推理文庫 522-4) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




★登場する怪奇現象★ 読者VSポオの暗号対決

これは小説ではなく、ポオが編集長を務める雑誌で「どんな暗号文でも解読したるでー」と読者に挑戦した際の記事。
読者からは自作の暗号文がどしどし送られてきたという。

それらの中からいくつかを選び、文章を暗号化する方法を紹介。
アルファベットを「!」や「#」などの記号に置き換える法、ラテン語の25文字から成るフレーズにアルファベット25文字を当てはめる法など。
だが、たとえどんなに難解な暗号であろうとも、頻出する文字がわかれば、それを英語のアルファベットに戻していくことは可能だという。
(英語ではEが一番頻出するんだっけ? 「黄金虫」でそうした解読法が使われてましたね)


★衝撃の結末★

小説ではないのでオチはありません。
ポオの方法では、元の文章が英語の場合しか通用しないよね・・・
例えば日本語を暗号化した文章だったら・・・
とはいえ真珠湾奇襲の際には日本軍の暗号が筒抜けだったわけだし、やっぱり解読できるんだよ。
ポオのように、これだけ早い時代から暗号学というものを研究する人物が現れるアメリカ。
やはり情報戦で日本が負けるのもやむなしか。
日本もこういう未来を先取りする人材を育てないと。

なお「ポオ小説全集」4巻には江戸川乱歩「推理作家としてのポオを評した興味深い文章が収録されております。
お買い得ですよ。



ポオ小説全集 1 (創元推理文庫 522-1)
東京創元社
エドガー・アラン・ポオ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ポオ小説全集 1 (創元推理文庫 522-1) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ポオ小説全集 2 (創元推理文庫 522-2)
東京創元社
エドガー・アラン・ポオ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ポオ小説全集 2 (創元推理文庫 522-2) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ポオ小説全集 3 (創元推理文庫 522-3)
東京創元社
エドガー・アラン・ポオ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ポオ小説全集 3 (創元推理文庫 522-3) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ネタバレ】「暗号論」エドガー・アラン・ポオ ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる