ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【007名場面ランキング】「捕獲」名場面(1)

<<   作成日時 : 2017/04/15 16:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ベッドで壁際で救急車で捕まってしまいました、てへぺろ



女王陛下の007 [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2015-10-07

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 女王陛下の007 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




「007名場面ランキング」エントリー一覧はこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/theme/eff634bc2f.html


007名場面ランキングとは・・・

世界最長の映画シリーズである007、その長い歴史において、映画史上に残る傑作もあれば、駄作・迷作・困惑作もあったりする。
が、たとえ駄作でも、007ならキラリと光る名場面が必ずあるのです。
シリーズを通して膨大な量の名場面が存在し、それを「アクション名場面」「ボンドガール名場面」「Q名場面」などなどカテゴリーごとに分類、ランキングしてみたいなーと、いつしか考えるようになりました。
とはいえ、一続きの映画の中で、どこからどこまでを「名場面」として抜き出すか、それをどこのカテゴリーに分類するか、考え始めると実に頭の痛い問題です。
あまり考えすぎるとノイローゼになるので、ここはフィーリングで適当にチャッチャとやってしまうしかありません。
順位付けとなると、完全に管理人の主観です。
マニアの方から異論や文句も出るかと思いますが、お気軽にコメントください。
とりあえず、ひとつの試みということで、やってみようかと思います。


カテゴリー「捕獲」とは・・・

ピンチ系の場面の一種で、ボンドが敵に捕まるシーンを「捕獲」カテゴリーとして分類します。
ただしアクションを伴うものは「アクション」カテゴリーへ。
映画の主人公として、おそらくボンドは敵に捕まった回数の多さでギネス記録を達成してると思いますが(汗
アクションに分類できるものを除くと、意外と少ないし、ランキングするほどの名場面もないので、順位はつけないでおきます。



【順不同】 ベッドからイルマ〜身元が割れるボンド
「女王陛下の007」より
http://puripuriouch.at.webry.info/201401/article_7.html

*** 直前までのあらすじ ***
昼間はカーリングで楽しく遊んだボンド
夜はルビーの部屋へ夜這いだ。


ルビー! ヒリーだよ」
しかしベッドから出てきたのはイルマ・ブント
この時のイルマの顔は大迫力。
「これは奇遇ですな・・・」
とスッとぼけるボンドだが、後頭部を殴られ昏倒。

気がつくとクリスマスツリーが飾られたデ・ブルーシャン伯爵(=ブロフェルド)のオフィス。
ヒラリー・ブレイです」と言い張るボンドだが、正体はとっくに割れている。
というか、この2人初対面じゃないよね?
正体を現したブロフェルドは、悪の計画をベラベラしゃべらないではいられない。
オメガ計画・・・ それは新種のバクテリアを使った細菌戦争。
「国連が私の要求を飲まない時は・・・」
種類を問わず植物・動物を絶滅させ、世界経済に大打撃を与えるだろう。
今度の要求は金じゃない。
デ・ブルーシャン伯爵の爵位を認めること、そして過去の犯罪の特赦。

連行されるボンドは、窓の外にロープでぶら下がる死体を見つける。
スイスでボンドをサポートしていた情報部員だが、ついにお陀仏・・・ ナムナム
「英国人は登山が好きだな。事故も多い」
抵抗するボンドをエレベーターの機械室に閉じこめるブロであった。

画像

ボンドをサポートする諜報員ショーン・キャンベルバーナード・ホースフォール
ドラコの手下かと思ってましたが、MI6部員のようです。
「公式の生贄の羊」と呼ばれていたそうで・・・



【順不同】 壁際の席は危険
「死ぬのは奴らだ」より
http://puripuriouch.at.webry.info/201309/article_7.html

*** 直前までのあらすじ ***
怪しい車を尾行するボンド、ハーレムの「フィレ・オブ・ソウル」という店の前に到着。


画像

   フィレ・オブ・ソウルNY店

真っ赤な内装の店内に入っていくボンド、客は黒人ばかりで浮いてしまう。
格好もいかにもイギリス人だし・・・ 店員にかける挨拶の言葉も「グッドアフタヌーン」と英国風。
壁際に座り、「バーボンを、氷はいらん」と注文。
ロジャー・ムーアに替わってから、酒とタバコの趣味を変えてみようという試み。
しかしこれも次の次くらいから「マティーニ、かきまぜないでシェイクして」に戻ってしまうけど。
バーボンを持ってきたウェイターにチップを渡そうとするボンド、「教えてもらいたいんだが・・・」
この時、壁が座席ごと回転してボンドを飲みこんでしまう。
ウェイターはチップだけもらって、バーボンは自分で飲むのであった笑



【順不同】 カーラの裏切り
「リビング・デイライツ」より
http://puripuriouch.at.webry.info/201309/article_18.html

*** 直前までのあらすじ ***
ボンドプーシキンを射殺した」とのニュースが、ウィティカーの屋敷に届く。
「やったね!ボンドは俺の偽情報にすっかりだまされてるよ」と喜ぶコスコフ
そこへカーラからの電話が・・・


画像

シリーズでもっとも初々しいヒロイン「カーラ」を演じたマリアム・ダボ
撮影現場ではダルトンによく怒られたらしい

海辺のホテルの豪華スイートルームに帰ってくるボンド
チェロの練習をしていたカーラだが、ボンドに飲み物を作ってやる。
それを飲んで「パーフェクト」と褒めるボンド、彼女に本当のことを話して聞かせる。
自分は英国情報部員であり、コスコフは祖国を裏切りカーラを狙撃犯に仕立て上げ・・・
「嘘つき!あなたはKGBで彼を狙ってるんでしょ?」
ここで一服盛られたと気づくボンド
フラフラになりながら、カーラの袖を引き裂くと、そこには傷跡が。
「あの時の傷だろ?僕は君を殺す命令を受けてた・・・」
倒れるボンド
実は自分の命を助けてくれたのだと、今ごろ気づくカーラ、このパカ者!
そこへ救急隊のコスプレをしたコスコフネクロスが入ってくる。
カーラ、よくやった」

というわけでボンドの捕まるシーンを3つ、続けてみてみました。
ボンドの弱点は女、というのがよくわかります笑



死ぬのは奴らだ [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2015-10-07

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 死ぬのは奴らだ [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



リビング・デイライツ [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2015-10-07

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by リビング・デイライツ [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【007名場面ランキング】「捕獲」名場面(1) ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる