ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】映画「裏窓」

<<   作成日時 : 2017/05/04 21:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

REAR WINDOW (1954)



裏窓 (Rear Window)[Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
2013-05-10

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 裏窓 (Rear Window)[Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




なんということでしょう、ヒマ人にもほどがある

ミステリー映画祭り第2弾、ヒッチコック監督の名作「裏窓」じゃー!
原作は「幻の女」ウイリアム・アイリッシュ、原作者なのにヒッチコックから映画のチケットが送られてこなかったとブーたれてたそうだよ。
チケットくらい自分で買え。

主人公のカメラマン(ジェームズ・スチュアート)は足を骨折、アパートの部屋から出られない。
あまりにヒマなので、裏窓から向かいのアパートの住人たちをこっそり観察する毎日。
この窓から見える、中庭を挟んだ向かいのアパートの生活模様が実に細かく描かれていて、まるで鉄道模型のジオラマ、見ていて飽きない。
実物でなくセットですが、なんとも住み心地良さそう・・・ プライバシーはゼロだけどなー。
でも最後までアパートから一歩も出ない構成は、さすがにちょっと退屈。

そんな覗き魔ジェームズ・スチュアートはある日、喧嘩していた夫婦の奥さんの方がパッタリと姿を見せなくなったことに気づく。
亭主の方は何度も荷物を運び出したり、ノコギリを手にしていたり・・・
怪しい! 奥さんを殺しちまったんじゃないの?

恋人(グレース・ケリー)や介護士のオバサンも、はじめは主人公の言うことに耳を貸さなかったが、だんだんと深入りしていき・・・
恋人に至っては亭主(犯人)が外出した隙に部屋に忍びこむなど、非常識がヒートアップ。
しかしグレース・ケリーは今見てもきれいだし、ファッションもオシャレですなー。
果たして「殺人事件」は本当にあったのか、それとも主人公の妄想なのか?

ついに、望遠レンズで観察してるところを亭主に見つかってしまう!
主人公の部屋に乗りこんでくる亭主。
いまだ車椅子の主人公、部屋を暗闇にしてフラッシュを焚いて目つぶし攻撃だ!
そんなモンで襲いくる犯人を止められるはずもなく、主人公は窓から突き落とされ・・・
間一髪かけつけた警察が庭でキャッチ!
現行犯で亭主は逮捕だ!
本当に殺人を犯していたからよかったものの、もし誤解だったら逮捕されてるのは主人公の方でした。
犯人も、もうちょっと人目を気にしような。
カーテン閉めるとか。



めまい [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル
2013-09-04

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by めまい [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



知りすぎていた男 [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル
2013-09-04

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 知りすぎていた男 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



北北西に進路を取れ [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2015-11-03

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 北北西に進路を取れ [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ネタバレ】映画「裏窓」 ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる