ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】「悪魔の星」 ジェイムズ・ブリッシュ

<<   作成日時 : 2017/07/23 22:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

A CASE OF CONSCIENCE (1958)
James Blish


画像



宗教のキチガイっぷりに唖然となるSF問題作

GOOGLEストリートビューで宇宙ステーションの内部が歩けると、話題になってますねー。
さっそく試してみましたが、物がゴチャゴチャしてゴミ屋敷のよう・・・ こんなところに数か月も滞在するなんて、地獄や!
さて、そんな風に地球を遠く離れた宇宙で、宗教にこだわる人ってなんなんだろう。
「コンタクト」でも科学と宗教を切り離せないで、ウダウダ言ってましたね。
こういう傾向はヨーロッパよりアメリカに多いようですが、本作はそういう宗教と宇宙の問題を正面から取り扱い、ヒューゴー賞を受賞した名作。
作者のブリッシュは不可知論者(神が存在するかどうかわからん、という立場)であり、クリスチャンではないので、本作の主人公、イエズス会の神父にして生物学者のルイスサンチェスと意見が同じというわけではありません。

海とジャングルの惑星リチア、そこには高度に発達した文明を持つ爬虫類型のリチア人が住んでいた。
環境と調和して生きる彼らには、戦争や犯罪といった概念もなく、穏やかに暮らしている。
SF史上屈指の「良い宇宙人」かもしれません。
リチア探検隊に参加したルイスサンチェス神父は現地の冶金学者シュテカと友人になり、彼らの社会を知れば知るほど困惑していく。
リチア人社会には宗教が存在せず、神の存在という概念もない。
そんな彼らに「良心」はあるのか?
神の教えも知らない彼らがどうして、まるで「エデンの園」を思わせる平和な世界に住んでいられるのか?
宇宙の果てまで行ってキリスト教の教えを持ち出す神父には、読者のみならず他の登場人物たちも呆れかえってしまう。
特に無神論者の物理学者クリーヴァー神父を徹底的に批判、リチア星の地下に核融合に適した素材がタンマリ眠ってることを知ると、「ここを開発して核融合の実験場にしようぜー」と提案。(これはこれでひどい)

神父が最終的に出した結論は、「人類はリチア星を無視すべきである」
リチア星は悪魔が人類に仕掛けた罠である。
「キリスト教が存在しなくとも、平和で理想的な社会が築ける」という誤った考えに人類を陥れるため・・・
さらにリチア人は海で小魚のような状態で孵化し、少しずつカエル→トカゲと進化して最終的に爬虫類型人類となるのだが(地球人類は子宮内で同じような変化をする)、これは「進化論が正しく、創造論は間違い」という誤った情報で人類を惑わせるため・・・
だからリチアは悪魔によって作られた惑星なのだ、という結論。

だが地球に帰還した神父は、ローマ教皇によって破門されてしまう。
「創造の御業」ができるのは神のみであり、悪魔にはできない。
「悪魔がリチアを創造した」と報告した神父は、異端の罪で破門・・・ なのだが、同時に教皇神父に重要な使命を与える。
「悪魔に創造ができないのなら、リチアはおそらく悪魔が作り出した幻影なのだろう。悪魔祓いを行って、リチアを消滅させなさい」
「エクソシスト」カラス神父やっていたように、「キリストが汝を滅ぼす!」みたいなことを宇宙でやって、リチアという幻を消してしまえ・・・ とは、なんというムチャクチャな!

そのころシュテカから預かったリチア人の稚魚(シュテカの子供)が地球で成長、りっぱなリチア人の若者となったが、あまりにも異なる環境で育ったため性格がねじくれてしまった。
知能は高いのでTV番組で知的なコメントをしてるうちに人気者となり、やがて下層階級の不満分子を煽って暴動を扇動、お尋ね者となる。
シュテカとの対話を拒否するも、逃げ場を無くしてリチア星行きのロケットに隠れる。
そのロケットでリチアに到着した物理学者クリーヴァーは、国連のお墨付きをもらい核融合の実験を行おうとしていた。
ルイスサンチェス神父は月面基地の大スクリーンで惑星リチアの全景を見ながら、悪魔祓いを開始する。
「我、汝に次ぐ。背信の天使よ、去れ、去れ、去れ!」
その瞬間、クリーヴァーは実験中に何かやらかしてしまったようで、リチアは核爆発を起こしドッカーン、宇宙の塵と化すのであった。
神父の脳裏を、シュテカたちリチア人の姿が、美しいリチアの風景がよぎっていく。
そう、神父惑星リチアを愛していたのである。
神父がまわりを見まわしてみると、誰もいない。
「彼の神と、彼の悲しみだけが残っていた。(井上一夫:訳)」


ひどい話(笑)・・・ 「悪魔の星」とは地球のことではないでしょうか?
あ、翻訳が007シリーズ井上一夫先生と今気づいた。



宇宙船ビーグル号の冒険【新版】 (創元SF文庫)
東京創元社
A・E・ヴァン・ヴォークト

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 宇宙船ビーグル号の冒険【新版】 (創元SF文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



時間線をのぼろう【新訳版】 (創元SF文庫)
東京創元社
ロバート・シルヴァーバーグ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 時間線をのぼろう【新訳版】 (創元SF文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



星を継ぐもの (創元SF文庫)
東京創元社
ジェイムズ・P・ホーガン

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 星を継ぐもの (創元SF文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ネタバレ】「悪魔の星」 ジェイムズ・ブリッシュ ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる