ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】映画「地獄の黙示録」

<<   作成日時 : 2017/07/26 10:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

APOCALYPCE NOW (1979)



地獄の黙示録 劇場公開版/特別完全版 [Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
2015-06-24

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 地獄の黙示録 劇場公開版/特別完全版 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




戦争も狂ってるしアメリカも狂ってるが、コッポラも狂ってる

「ゴッドファーザー」コッポラ監督のベトナム戦争超大作。
戦争映画というより冒険映画、後半はホラー映画のような感触です。
なんといっても「本物の死体」を撮影に使用、監督がタイーホされてしまうという・・・
どの辺に死体使ったんだろ?
ええー 調べてみたら死体の使用は事実ではなく、宣伝のため?のデマだって!
そんなガセネタにだまされてしまうくらい、鬼気迫る画面作りということですな。
管理人は公開時に、本作とスピルバーグ監督の「1941」どっちを見ようかなー(両方見るお金はない)、「1941」にしよう・・・ うわークソ映画!
という経験を経て、その後ビデオで何回か見てますが、今回鑑賞したのはカットされた場面が復活して劇場版より1時間近く長い「なんとかスペシャル版」。
フランス人の一族がベトナム植民地化の歴史についてウダウダ語る場面などが追加されてますが、長ったらしいし、劇場版でじゅうぶんだと思った。

ストーリーはけっこうシンプルです。
軍人というよりCIAの殺し屋ウィラードマーティン・シーン)、彼の新たな任務は、ベトナム-カンボジア国境付近に潜伏するカーツ大佐の暗殺。
名門の家に生まれ、軍人として輝かしい経歴を持つ大佐だが、突然命令に背いてジャングルの奥地に「王国」を築いたという。
ウィラードはいかにもメリケンな仲間たちとともに、哨戒艇で川をさかのぼり「王国」を目指すが、道中では「現代の黙示録」ともいうべき狂気の数々を目撃するのだった。

有名な「サーフィン」の場面が、序盤の方でいきなり出てきます。
部下思いでサーフィン大好きなイケイケ指揮官、キルゴア中佐
演じるは「ゴッドファーザー」のゴッド弁護士、ロバート・デュバル
雰囲気違いすぎてウイキ見るまで気づかなかったよ。
いい波が来るベトナムのビーチ、ここでサーフィンしたいから、海岸付近のベトコンが潜んでるジャングルを全部焼き払うぞヒャッホー!
ヘリコプターで編隊を組み、村もジャングルもナパーム弾で焼き尽くす。
BGMはご存じ、ワーグナー作曲「ワルキューレの騎行」
この場面のせいで「ワルキューレ」を聞くとヘリコプターとナパーム弾しか思い浮かばなくなってしまった。
これ
https://www.youtube.com/watch?v=TqtehtSB0LI

まさに戦争の狂気を絵にかいたような場面、ウィラードも「キルゴアが無罪でカーツが処刑とは矛盾してない?」と疑問を感じる。
ま、キルゴアカーツも、どっちも処刑でいいでしょう。
さらに川をさかのぼると、ジャングルの駐屯地に作られたステージに、プレイメイトが慰問に来る場面に遭遇。
観客がエキサイトしすぎて、プレイメイトたちは命からがらヘリで脱出。
劇場版ではカットされたが、この後ヘリが墜落して、プレイメイトたちが売春して命をつないでいる描写がある。(よくプレイボーイから訴えられなかったな)
その他、原住民が弓矢で襲ってきたリ、虎が出現したり、さまざまな「地獄めぐり」が続く。

で、ついにカーツ大佐「王国」に到着だ。
ジャングル真っただ中の巨大遺跡(たぶんセット)を根城にしており、ここまでくると完全に戦争映画ではなく、「暗黒のインディ・ジョーンズ」といった趣。
ウィラードは捕えられ、仲間は首チョンパされる。
ハゲ頭のサタンのようなカーツ大佐、戦争の狂気などを語るが、どう見ても自身も狂ってる。
演じるは名優マーロン・ブランド
彼を取材するマトモでないジャーナリストをデニス・ホッパーが演じているが、当時ヤク中でセリフも覚えられないくらい、ひどい有様だったようだ。

なぜか釈放されるウィラード、いったんは任務を放棄しかけるが、牛祭りの日にナタでカーツを叩っ殺す!
これですが、牛の屠殺がグロいので閲覧中尉!
https://www.youtube.com/watch?v=Ca_4opiNcwg

ウィラードは原住民から新たな王として迎えられるが、王にはならず哨戒艇で帰還する。
仲間は1人を残して皆死んだ。
「王国」以降は狂ってるというだけで、細かいことはよくわからない。
考察すればキリがないので、雰囲気だけをエンジョイすればいいのでは?
冗長なところもあるし、1回見ればじゅうぶんな気もするが、3年くらいするとまた見たくなる中毒性のある映画なのだ。



ワーグナー名曲集 〜ワルキューレの騎行
ソニー・ミュージックレコーズ
1995-10-21
フィラデルフィア管弦楽団

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ワーグナー名曲集 〜ワルキューレの騎行 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






HOUGE ガングリップ M-16用
ホーグ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by HOUGE ガングリップ M-16用 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ネタバレ】映画「地獄の黙示録」 ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる