ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】映画「ムトゥ 踊るマハラジャ」

<<   作成日時 : 2017/07/10 22:08   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

MUTHU (1995)



ムトゥ 踊るマハラジャ[Blu-ray]
マクザム
2013-10-25

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ムトゥ 踊るマハラジャ[Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




女神の歌声、王様のダンス。これが「見る極楽浄土」だ!

とうとう当ブログにもインド映画が登場です!
真夏のインド祭り第1弾、日本でも大ヒットして、ちょっとだけインド映画ブームを巻き起こした「ムトゥ 踊るマハラジャ」をお送りします。
本作より以前にインド映画の楽しさを日本に啓蒙していたのは、「旅行人」などのバックパッカー向け雑誌だったと記憶しております。
旅行を趣味とする人にとって、インドは究極の旅先であり、インド究極のサブカルチャーである映画は、早くから旅人の注目の的になってました。
管理人もインドはまだなんだけど、パキスタンのホテルで初めてインド映画というものを経験。
2人の若者が、1人の女性を巡って歌合戦で勝負するという青春ミュージカルで、「なるほど噂に聞いた通り、インド映画は歌と踊りだわい」と思いながら見てました。
途中でTVをつけたままシャワーを浴びに行って、戻ってきたら、先ほどの若者2人が手を組んで、ギャングを相手に銃撃戦をしている!
シャワーを浴びてる間に映画のジャンルが変わってしまった! と、当時はビックリしたものです。(インド映画に「ジャンル」という概念はない、と後になって知りました)
その他にもパキスタンのTV放送は、クリケットの試合中継があったり(こちらも初めて見た)、語り手が悲しい話を聞かせる「泣き落語」みたいな番組があったり、なかなか楽しかった。

さて話を本作に戻しますが、インド映画の主流である、いわゆるボリウッドで作られた作品はヒンディ語で製作されているのに対し、本作は南部のタミル・ナードゥ州で製作されたタミル語の作品であり、インド全体ではマイナーな部類に入るそうです。
(インドは一つの国というより、EUのように複数の国や民族が合体した共同体であり、本作の作中でも、うっかり州境を越えて隣のケララ州に入ってしまったムトゥが言葉が通じなくてエライ目に合う笑える場面あり)
タミル語は日本語に似てると主張する方もいますが、あんまりそんな感じもしないかなあ?

では、本作のあらすじに入りますが、ストーリーはシンプル。
細かいところに笑えたり、ほんがぁ?ってなったり、うげぇってなったりする描写があるんですよね。(ゴキを素手でつかむのはイヤ!)
タミルのスーパースター、ラジニカーント演じるムトゥは、ある大金持ちに仕える使用人。
だが、ムチャクチャ強くて歌って踊れる、スーパー使用人なのだ。
その登場シーン、神様に皆の幸福を祈るムトゥ
口笛で馬車を呼ぶと、ジャンプして飛び乗り、いきなり歌いだす。
そして馬車でバスを追い抜くムチャクチャぶり。
これがムトゥ、これがインド映画だ!

へーいへへーいへい へーへへーへい
ウルバンウルバンウドゥハラリそれまったくウルバンウドゥハラリ
https://www.youtube.com/watch?v=NXiD9eGaEEI

ムトゥが使えるご主人ラージャは、いい年なのに結婚もせず芝居に夢中。
ある寺院で興行中の劇団、その看板女優のランガミーナ)に恋してしまうが・・・
本作のヒロインを演じるミーナ、ビデオのパッケージではラジニカーントよりも大々的に扱われてますな笑
「旅行人」に連載していた漫画家グレゴリ青山先生がインド旅行中、列車内でミーナとバッタリ出会ったそうで、「ファンです!」と言ったら、自宅に招待してくれたそうだよ。
そんなミーナが悪人から枕営業を迫られ、ムトゥが彼女を助けて大活躍!
ここの馬車チェイスはなかなかの迫力。

ここの後半から
https://www.youtube.com/watch?v=nfoBmNRrgKA

インド映画はアクションもけっこう水準高いです。
これがきっかけで、ムトゥランガは愛し合う仲になってしまった!
どうするご主人様

松岡環先生がインド映画ベスト・ミュージカル・シーンの1つに選んだ7色ダンス
1つの色の撮影に丸1日かかったらしいテカテカニンジン
https://www.youtube.com/watch?v=FgZdox90798

ランガの義兄は悪徳警官であり、姉は夫であるこの男に殺されてしまったのだ。
家出したランガを執拗に追う義兄。
屋敷に乗りこんできた悪徳警官ムトゥの怒りが爆発する!

謎の拳法を使うムトゥのアクション!
https://www.youtube.com/watch?v=xQ6JZNlgJpU

ご主人様の財産を狙う外道な叔父の陰謀で、無実の罪を着せられ、屋敷から追い出されるムトゥ
しかし行方不明のムトゥの父親こそ、お屋敷の本来の主人であった。
右腕だった秘書(今のご主人の父)に裏切られたことから、世を空しく感じ、聖者となって出家したのである。
悪い叔父の謀略で殺されかかったご主人様は、聖者(ムトゥの父)に救われ、すべての真実を知った。
怒りのムトゥは悪人どもを叩きのめし、ご主人と和解する。

ファイナル・バトル!
https://www.youtube.com/watch?v=tr4fGgzEOQc

すべての財産と屋敷をムトゥに返そうとする主人だが、ムトゥは自ら、主人の従者として生きる道を選ぶ。
そしてランガと結婚。
聖者は息子と会うことなく、いずこかへと去って行った、そして・・・

へーいへへーいへい へーへへーへい
ウルバンウルバンウドゥハラリそれまったくウルバンウドゥハラリ
と主題歌を歌って、完!

ラジニカーントは短いブームの後、日本ではすっかり名前を聞かなくなりますが、割と最近「ロボット」というトンデモない映画でカムバックしたようだ。
「ロボット」早く見たい!




ロボット [DVD]
角川書店
2012-10-03

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ロボット [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム[DVD]
マクザム
2013-09-27

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム[DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



バードシャー テルグの皇帝 [DVD]
マクザム
2017-03-31

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by バードシャー テルグの皇帝 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ネタバレ】映画「ムトゥ 踊るマハラジャ」 ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる