ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】「インド建築案内」 神谷武夫

<<   作成日時 : 2017/07/20 22:20   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

THE GUIDE TO THE ARCHITECTURE OF THE INDIAN SUBCONTINENT (1996)
TAKEO KAMIYA



インド建築案内
TOTO出版
神谷 武夫

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by インド建築案内 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




インド世界の奥深さをビジュアルで知る、ゴージャスな建築の旅

真夏のインド祭り最終回!
久々に小説以外の本の紹介、管理人が座右の書にしている名著「インド建築案内」でーす。
なぜかトイレのTOTOから出版されてる本書、とうとう絶版の時が来たようです。
インド好きな方には本当にオススメ、入手できるうちに是非ゲットして!
内容はインドの各州ごとに、代表的なものからマイナーなものまで、著者が取材した建築(古代遺跡から現代ものまで)が紹介されています。
とにかく、その数量がスゴイ!
最近日本でも知られるようになった「階段井戸」も、この本で初めて見ました。
インドという国は1つの国というより、EUのように複数の国や民族の複合体であり、宗教もヒンドゥーやイスラムだけでなく、ジャイナ教、シーク教、キリスト教、そしてもちろん仏教と多岐にわたり、宗教ごとの建築様式も異なるうえに、同じヒンドゥーでも地域ごとに寺院の特色がかなり異なったりします。
おもだった建築を見るだけでも、相当大変だろうなあ、でもいつかインド全域をくまなく見て回りたいなあ、と思いつつ、今日も「建築案内」のページをめくるのであります。

インド建築として有名なのは、なんといってもタージマハール。
しかし著者は、これをあまり評価していません。
いくら遠景が美しくとも、インドで生まれた建築ではなく、イランの影響が強いイスラム様式だからです。
それではインド建築のプロである著者が選ぶインドのナンバル・ワン建築とは・・・
ここから先は画像とともに紹介していきましょう。

ラジャスタン州、ラクナプルにある純白のジャイナ教寺院
画像

画像

これがインド建築最高傑作だって

ついでに各州の建築から代表的なものを管理人が選定してみた
カルナータカ州代表、パッタダカルのヒンドゥー寺院(世界遺産)
画像

マディヤプラデシュ州代表、有名なカジュラーホの寺院群(世界遺産)
クローズアップするとエロい像がたくさん刻まれている
画像

西ベンガル州代表、ビシュヌプルの美味しそうなテラコッタ寺院群
小ぶりだが、こういうのがたくさんある
画像

ヒマーチャルプラデシュ州代表、日本との絆を感じる木造ヒンドゥー寺院
画像

タミルナードゥ州代表、ガンガイコンダチョーラプラムの巨大寺院(世界遺産)
画像

ボリウッドの本拠地、マハーラーシュトラ州代表はエローラ遺跡のカイラーサ寺院(世界遺産)
岩を丸々削り出して寺院の形にしたもの
画像

タージマハールの地元ウッタルプラデシュ州代表、廃棄された都ファテプルシークリー(世界遺産)
周辺には他にもシカントラやアグラ城など世界遺産いっぱい
画像

そしてガンジーの出身地グジャラート州からは例の階段井戸(世界遺産)
グジャラートからラジャスタンにかけて、階段井戸がたくさんある
水をくむ井戸ではなく、王室が涼むための施設
画像


このへんにしといてやりますが、こういうの好きな方、本書を手に入れる最後の機会、逃したら後悔しますぞ。
くー、やっぱりインドはナンバル・ワン!



D28 地球の歩き方 インド 2017~2018
ダイヤモンド・ビッグ社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by D28 地球の歩き方 インド 2017~2018 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



インドの大道商人
平凡社
山田 和

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by インドの大道商人 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



南インド料理とミールス
柴田書店
ナイル 善己

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 南インド料理とミールス の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ノンフィクションでインドを扱ったモノはあまり読んだことなかったですね。話は変わりますが、映画化されたノンフィクションですと、
セブン等で有名なブラピ主演作で有名な「マネーボール」と、
スピルバーグ映画の原作になった「シンドラーのリスト」が思いつきますね。「マネーボール」はベストセラーになった後、強豪球団まで真似するようになったそうです。発案者のアスレチックスのGMビリー、ビーンは2019年までGMの契約だったそうですが、副社長の補佐役に昇格し、ビーンの補佐役が後任だそうです。そういやアスレチックスは今季どうだったんだろう…
綾小路清隆(仮名)
2017/12/26 00:44
大リーグのことはまったくわからないのですが、マネーボールというタイトルからして野球界の金まみれの腐敗みたいなkぁンジでしょうか?
スピルバーグだとミュンヘンも実話だったような
レナードの朝とか大脱走とか、意外と実話物映画は多いですね。
あうち
2017/12/26 13:15
貧乏球団だったアスレチックスがセイバーメトリクスを駆使して、
出塁率が高い選手等を獲得し、年俸の高い選手をトレードに出しまくったそうです。多くの人からは欠陥品球団だと批判されたそうですが、
プレーオフに進出するまでに強くなったそうですよ。
ビリー、ビーンGMは性格が相当短期だったらしく、トラブルメーカーだったそう。
綾小路清隆(仮名)
2017/12/26 19:26
なるほど、スーパースターではないけどコスパのいい選手を集めて、お金はかからないけど強い球団を作った話、といったところでしょうか。
ちょっとおもしろそうですね・・・
とりあえず野球の映画としてはフィールドオブドリームスを来年取り上げる予定です。
あうち
2017/12/26 20:44
ビリー、ビーンは現役時代、スター候補の一人と目された人物だったようですが、短気な性格が災いして首脳陣とトラブルを起こしたりした他、離婚もしたそうです…
引退後にスカウトを長く勤め、アスレチックスのGMになったが、
負け試合の後は短気な性格で暴れ散らしたりしてたため、試合は直接観ないようにしてたんだとか。
セイバーメトリクスを分析した手法はレギュラーシーズンでは圧倒的強さだったものの、プレーオフには通用しなかったため、賛否両論みたい。
綾小路清隆(仮名)
2017/12/27 00:44
なるほど、優勝を争う真の強者との戦いには勝てなかったということでしょうか。
でも全チームがその方式を採用したら年棒の高いスター選手は行くところがなくなってしまいますね笑
あうち
2017/12/27 11:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ネタバレ】「インド建築案内」 神谷武夫 ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる