ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】 映画「スローターハウス5」

<<   作成日時 : 2017/10/22 21:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

SLAUGHTERHOUSE-FIVE (1972)



スローターハウス5 [Blu-ray]
キングレコード
2016-12-07

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スローターハウス5 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




時をかけるおっさん! ドレスデンはひどい爆撃

台風接近中ですが、秋のSF映画祭り第2弾!
高校生のころカート・ヴォネガットの原作小説を読んで、なかなか面白かった記憶があるのですが、内容はすっかり記憶からスポーンと抜けていたので、どんなんだっけな〜?と思いながら見た映画版「スローターハウス5」
あードレスデン爆撃のアレか!
思い出したわー
映画版は原作に忠実ではありますが、SF部分がかなり唐突で違和感ありまくりです笑
原作はなぜ違和感がなかったんだろうと記憶をたぐってみますと、戦争の悲惨さを描きながらも全体的にユーモラスで、ひょうひょうとした文体で主人公ビリーの災難を描写していたので、「宇宙人に拉致された」なんて事件も一種のギャグか冗談のようで、無理なくストーリーに溶けこんでいた・・・ ような。
原作者は謙虚に「映画の方ができがいい」なんて言ってるようですが、そんなことありません!
映画は見なくてもいいから、原作小説を読むことを強くオススメしますぞ。

主人公ビリーは原因は不明だが、おのれの人生の過去に飛んだり未来に飛んだり、タイムトラベルとはちがうんだけど、意識だけが時間の中を無作為に行き来して人生を追体験するのである。
ドイツ軍の捕虜となり、ドレスデンの第5屠殺場(スローターハウス5)に収容された記憶。
戦後に歯科技師として成功するも飛行機事故に遭い、かろうじて生き残るも、あわてて病院にかけつけようとした妻が交通事故死した記憶。
トラルファマドール星人に誘拐され、宇宙の動物園にプレイメイトの女性とともに監禁された不思議な経験。
などなど行ったり来たりしながら体験するが、クライマックスはドレスデン大空襲
広島より多くの死者が出たにもかかわらず、あまり人々の記憶に残ってない、この大空襲を書き記すことこそ作者ヴォネガットの目的であったのでしょう。
最後にはビリーは、ドレスデン時代から彼を逆恨みしていた狂った元米兵によって射殺されてしまうのですが、時間のすべてを同時に見ることができるビリーにとっては、彼の死が人生の終わりなのではなく、時間線上のひとつの点にすぎないのです。

なんか映画だとよくワカランなー。
やっぱり原作を読むべし!
そういえば「ローズウォーターさん、あなたに神のお恵みを」の主人公ローズウォーターさんも登場してましたな。



スローターハウス5 (ハヤカワ文庫SF ウ 4-3) (ハヤカワ文庫 SF 302)
早川書房
カート・ヴォネガット・ジュニア

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スローターハウス5 (ハヤカワ文庫SF ウ 4-3) (ハヤカワ文庫 SF 302) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



タイタンの妖女 (ハヤカワ文庫SF)
早川書房
カート・ヴォネガット・ジュニア

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by タイタンの妖女 (ハヤカワ文庫SF) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



猫のゆりかご (ハヤカワ文庫 SF 353)
早川書房
カート・ヴォネガット・ジュニア

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 猫のゆりかご (ハヤカワ文庫 SF 353) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ネタバレ】 映画「スローターハウス5」 ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる