ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】 映画「パットン大戦車軍団」

<<   作成日時 : 2017/12/02 22:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

PATTON (1970)



パットン大戦車軍団 [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2012-09-05

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by パットン大戦車軍団 [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




パットンってトランプみたいなオヤジだな

皆さん、大掃除は済みましたか?
掃除がめんどうくさければ、戦車で家ごと吹き飛ばしてしまえ!
というわけで年末の戦争映画祭り第2弾!
邦題ほどには戦車戦がなかったなあ(原題はただのパットンだからね)、名将パットン将軍の業績を描く「パットン大戦車軍団」をお送りします。
監督は「猿の惑星」フランクリン・J・シャフナー(なんと東京生まれで16歳まで日本で暮らしたって)、脚本が「ゴッドファーザー」フランシス・フォード・コッポラで、アカデミー作品賞&監督賞を受賞したそうです。
そして音楽は名人ジェリー・ゴールドスミス、印象的なテーマ曲ですな。
これ
https://www.youtube.com/watch?v=mu11QRO9BrQ

主人公のジョージ・パットンをまるで本物のように演じるジョージ・C・スコット、どう見てもバリバリの保守派ですが、素顔はリベラル派なんだって。
アカデミー主演男優の受賞が決まっていたが、拒否したんだって。
ほえー、反骨の人ですなー。
たしかにアカデミーなんてクソだし、みんなでポイコットしたほうがいいよ。

さて物語はパットンの演説から始まって、部隊は北アフリカ、ドイツ軍の「砂漠の狐だか狼だか」ロンメル将軍との戦いへ。
古い歴史、特に中世の騎士をリスペクトするパットンロンメルとの1対1の決闘を望むが、現代戦ではそうはいかない。
続いてシチリア島攻略戦へ。
ここで「戦争が怖いよう」と泣いてる兵士を「この腰抜け!」と殴り倒してしまい、大きな問題へ発展する。(日本軍だったらまったく問題になりません)
管理人なんて戦争どころか、指のサカムケが剥けただけでも「痛いよう」と泣いているので、とてもパットンの下では働けません。
結局パットンは兵士たちを前に、屈辱の謝罪をすることに。

さらにノルマンディー上陸後は、メインの攻略ルートをイギリスのモントゴメリー将軍に取られてしまい(この将軍の無能ぶりは「遠すぎた橋」を見ればわかる)、不遇をかこつ日々。
モントゴメリーではなくパットンの作戦案が採用されていれば、ドイツはもっと早く降伏していたでしょうか?
管理人は軍事にも戦史にも詳しくないので、なんともわかりません。
終戦後はパットンの最前線での戦いは終り、移動でどこかの司令部に勤めることに。(この直後に死亡したらしい)
戦争好きな彼にとっては、なんとも残念な結果。

トントン拍子に運んでいたのは前半くらいまで。
パットンのような器も才覚もある人間であっても、人生は思うに任せない、山あり谷ありのようです。


フランクリン・J・シャフナー監督作品のネタバレ
「猿の惑星」
http://puripuriouch.at.webry.info/201710/article_15.html
「ブラジルから来た少年」
http://puripuriouch.at.webry.info/201209/article_36.html

ジョージ・C・スコット出演作品のネタバレ
「博士の異常な愛情」
http://puripuriouch.at.webry.info/201607/article_1.html









プラッツ 1/35 アメリカ陸軍 M60 パットン プラモデル DR3553
プラッツ
2016-01-31

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by プラッツ 1/35 アメリカ陸軍 M60 パットン プラモデル DR3553 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ベトナム戦争時の大統領だったリンドン、B、ジョンソンが気に入っていた映画らしいですね(「オリバー、ストーンが語るもうひとつの世界史」に書いてあった)戦争映画ファンの間でも伝記映画としては評価高いようですが、邦題がねえ…
パットンに目が行きがちですが、脇役のブラッドリー大将とそれを演じたカール、マルデンも良いですな。ジェリー、ゴールドスミスのサントラ盤は世界限定2000枚盤を買いましたw
綾小路清隆(仮名)
2017/12/03 01:14
ジェリー、ゴールドスミスについてもう一言。
第二次大戦を代表するもう一人の大物、ダグラス・マッカーサーを主人公にした大作映画「マッカーサー」の音楽も手掛けています。
こちらは主演にグレゴリー、ペックを起用しています。
本作で株を上げたジョセフ、サージェント監督は10年後に「ジョーズ4」を撮って大コケし、キャリアを終わらせちゃった監督だそうです…
綾小路清隆(仮名)
2017/12/03 01:54
本作の監督が猿惑星と同じ監督と教えていただいてありがとうございます!
調べたら「ブラジルから来た少年」も同じ監督だったんでビックリ。
マッカーサーも見てみたいですねえ。
もしかして日本も出てくるのかな?
ジョーズって3までだと思っていたのに、いつの間にか4が・・・
あうち
2017/12/03 14:29
そうそう、パットンと比べたら平凡なオッサンという感じのブラッドリー将軍もいいキャラでしたね。
部下になるなら、ことらの方が笑
あうち
2017/12/03 14:30
オリバー、ストーンが製作した「ニクソン」にはこの映画をニクソンと家族や側近たちだったかなあ?が観てるシーンがありました。
「パットン大戦車軍団」の2枚組DVDにあったドキュメンタリーでもオリバー、ストーンがこの映画に関して「歴史的にも重要な要素のある映画の一つ」と言ってました。フランクリン、J、シャフナー監督が生前のインタビューで「ジョージ、S、パットンはいわば生まれる時代を間違えた人物の一人だと思う。生まれる時代が違えば出版界や音楽界、または映画界を大きく動かしたかもしれないし、革命的な事を成し遂げてたと思う」と語ってましたね。確かに言ってること分かるー!フランクリン、J、シャフナー監督に関しても何かの雑誌か映画本でも評論家が21世紀でも生きてほしかった映画監督の一人にあげてたような。
確か「猿の惑星」のキャストコメンタリーでもチームワークを重要視したとか良い人物だったんでしょうね。
綾小路清隆(仮名)
2018/06/20 01:07
へー、オリバーストーンって左巻きな印象があったので、この映画を評価していたとは意外です。
映画評のサイトを見ると左翼さんたちが本作を非難ゴーゴーだったから・・・
第2次大戦時の実話を現代の価値観で評価しても仕方ないと思うのですが・・・

パットン本人は未来よりも、もっと過去の時代(騎士の時代)に生まれたがってたようですね、映画によると。
シャフナー監督、いい人だったのか・・・ 結末が暗い映画ばかりの印象です。
あうち
2018/06/20 11:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ネタバレ】 映画「パットン大戦車軍団」 ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる