ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】 映画「アフリカの女王」

<<   作成日時 : 2018/01/19 22:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

THE AERICAN QUEEN (1951)



アフリカの女王 [DVD]
ファーストトレーディング
2011-02-15

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アフリカの女王 [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




オンボロ船とオッサンとオバサン、ドイツ軍に立ち向かう

寒波接近中ですが、冬の冒険映画祭り第2弾!
「海の男ホーンブロワー」で知られる冒険小説家セシル・スコット・フォレスター「川の男ヒゲおっさん」を描いた「アフリカの女王」を、前回に続いてジョン・ヒューストン監督が映画化!
主演のヒゲおっさんハンフリー・ボガートが演じて、アカデミー主演男優賞を受賞。
「カサブランカ」では「君の瞳に乾杯」なんて言ってたダンディーなボガートが、こんな臭そう(笑)な肉体労働者のオッサンを見事に演じるとは・・・ あ、だから賞をもらったのか。
ヒロイン役のキャサリン・ヘプバーンも今回はノミネートだけですが、アカデミー賞最多受賞女優ですって。

第1次世界大戦が勃発。
アフリカの奥地で布教していた牧師夫妻の住む村にも、ドイツ軍が押し寄せる。
牧師は殺され、未亡人となった妻ローズは、オンボロな川船で郵便や荷物を運ぶヒゲおっさんに助けられ、いっしょに川を下る。
とにかく、この船が屋根もないショボい船で、ボイラーもすぐ止まるくせに、名前だけは「アフリカの女王号」なんてたいそうなもの。
ヒゲおっさんは気楽にジンを飲みながら、のんびり川を下っていくが、ローズがムキーッと怒って酒を全部川に捨ててしまう。
そればかりか、川を下った先の湖にドイツ軍の巨大戦艦が停泊してると知るや、「この船を魚雷に改造してカミカゼ・アタックするわよ!」おっさんに命令。
どこまでおっさんに迷惑かけるだ・・・

川を下る2人の行く手には、激流やドイツ軍の砦、破損したシャフトの修復、迷路のような泥沼の水路など、あらゆる苦難が待ち受ける。(このへんはいかにも英国冒険小説)
だが、ついに湖に流れ着き、眼前にはドイツの巨大戦艦が!
しかし突撃する前に嵐に飲まれ、船は転覆、放り出された2人は巨大戦艦に救出される。
ここでドイツ軍人役で、007シリーズのKGB議長・ゴーゴル将軍役でおなじみウォルター・ゴテルも出演。
艦上で裁判にかけられ、絞首刑を宣告される2人。
いよいよ甲板で刑の執行、という時に・・・ 嵐が収まった湖上に浮かび上がる「アフリカの女王号」・・・ その船首には爆薬が仕掛けてあるが、そうとは知らず接近する巨大戦艦。
衝突してドッカーン、巨大戦艦、大破!
2人は湖面に飛びこみ、岸へと泳いでいく。

ちょっと出来すぎなラストですが、冒険気分が味わえて、なかなか楽しかった。
さすがフォレスター原作!


セシル・スコット・フォレスター作品のネタバレ
「スペイン要塞を撃滅せよ(海の男ホーンブロワー・シリーズ)」
http://puripuriouch.at.webry.info/201611/article_11.html

ジョン・ヒューストン監督作品のネタバレ
「007/カジノロワイヤル」
http://puripuriouch.at.webry.info/201305/article_17.html
「王になろうとした男」
http://puripuriouch.at.webry.info/201801/article_14.html
「勝利への脱出」
http://puripuriouch.at.webry.info/201307/article_7.html

ハンフリー・ボガート出演作品のネタバレ
「ケイン号の叛乱」
http://puripuriouch.at.webry.info/201409/article_11.html











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
この映画はトラブルが相次いだ映画らしく、
何年後だかにキャサリン、ヘプバーンが「アフリカの女王と私」という本を書いてジョン、ヒューストンが起こした騒動や映画のトラブルを告白したそうですね。日本ではヘプバーンと言えばオードリー、ヘプバーンが人気ですが、アメリカではキャサリンの方が圧倒的に人気だと言いますね。
綾小路清隆(仮名)
2018/01/20 00:48
あ、その話はウイキで読みました!
イーストウッド監督が「アフリカの女王と私」を映画化したそうで、それも見たいですね・・・

キャサリンとオードリーは姉妹かと思ったら、赤の他人だったようです。
ちなみにヘボン式ローマ字のヘボンさんも正しくはヘップバーンだそうで、割とよくある名前?
あうち
2018/01/20 13:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ネタバレ】 映画「アフリカの女王」 ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる