ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】 映画「八十日間世界一周」

<<   作成日時 : 2018/01/20 21:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

AROUND THE WORLD IN 80 DAYS (1956)



80日間世界一周 スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2015-12-16

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 80日間世界一周 スペシャル・エディション(2枚組) [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




旅行映画の代名詞、日本も鎌倉ロケで登場

最強寒波が迫りくる中、冒険映画祭り第3弾!
SFの父ジュール・ヴェルヌ原作の「八十日間世界一周」をお送りします。
監督は「不死鳥(フェニックス)を倒せ」を映画化した「さらばベルリンの灯」マイケル・アンダーソン・・・ ということは、ちょっとB級ですね。
しかし音楽は超A級、アカデミー音楽賞を受賞したヴィクター・ヤングのテーマ曲は「世界旅行」の代名詞、今でもCMでよく耳にしますね。
これっす
https://www.youtube.com/watch?v=qZzsX9t7GSQ
なんとヴォーカル付きもあった
https://www.youtube.com/watch?v=ljHaJf9uzvo
なんとフランク・シナトラも歌ってるのか
https://www.youtube.com/watch?v=sAQSSdtiskY

主演はジェームズ・ボンド役も務めた英国紳士デヴィッド・ニーヴン
ヒロインのインド人女性がシャーリー・マクレーンだったとは、まったく気づかなかった・・・
気難しい英国貴族フォッグ卿は、会員制クラブの友人たちを前に 「現代の交通機関なら80日で世界を一周できる」と宣言、全財産を賭けて、本当にその日数で回れるのか旅に出ることに。
原作者ヴェルヌはフランス人ですが、イギリス人のギャンブル好きをよく押さえてます。
フォッグの新しい召使パスパルトゥーは、とんでもなく有能な何でもこなせる男。
彼がいなかったら世界一周は実現しなかったでしょう。
フランスから気球に乗ったり、インドで像に乗ったり、生きたまま火葬にされそうな未亡人を救ったり、香港ではぐれてしまったパスパルトゥーと日本で再会したり、アメリカではインディアンに襲われたり、観光と大冒険を繰り返して、ついにイギリスに帰還。
が、無実の罪で逮捕され、すぐに釈放されたものの、ロンドンに到着した時には1日オーバーとなっていた・・・
と思ったら、地球の自転と反対の方向に旅していたため、途中で日付変更線を越えており、今日が80日目!
クラブの大時計が約束の時刻の鐘を鳴らし終わる前に、ギリギリ駆けこみセーフ!
フォッグは賭けに勝った、バンジャーイ。
正直に告白しますと、いまだに1日もうかった理由がよくわからんのですが(汗
要するに、ちゃんと日数をカウントしてなかったってことですよね?
イギリスに着いた時に時計の時刻をきちんと直さなかったってことですよね?


マイケル・アンダーソン監督作品のネタバレ
「オルカ」
http://puripuriouch.at.webry.info/201506/article_14.html

デヴィッド・ニーヴン出演作品のネタバレ
「ナイル殺人事件」
http://puripuriouch.at.webry.info/201209/article_9.html
「名探偵登場」
http://puripuriouch.at.webry.info/201705/article_5.html
「007/カジノロワイヤル」
http://puripuriouch.at.webry.info/201305/article_17.html
「北京の55日」
http://puripuriouch.at.webry.info/201607/article_3.html
「ナバロンの要塞」
http://puripuriouch.at.webry.info/201212/article_9.html



八十日間世界一周 (創元SF文庫)
東京創元社
ジュール・ヴェルヌ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 八十日間世界一周 (創元SF文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



十五少年漂流記 (新潮文庫)
新潮社
ジュール・ヴェルヌ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 十五少年漂流記 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



気球に乗って五週間 (集英社文庫)
集英社
ジュール ヴェルヌ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 気球に乗って五週間 (集英社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは

僕はこの映画を約20年前にBSからVHSのビデオテープに録画して見ました
一番印象に残ったのは

>フォッグの新しい召使パスパルトゥー

この人です

>彼がいなかったら世界一周は実現しなかったでしょう。

彼がいなかったら、この映画も成功しなかったでしょう

>それに比べて日本の由美かおる、ジュディオングは劣化しないですね。

そうです。
それと太ってしまったけど松坂慶子さんは品があります
蟷螂の斧
2018/01/21 19:30
こんばんわー。
私も高校生くらいの時に原作読んだかなー。
実際パスパルトゥーが主人公ですよね・・・
松坂慶子、今おいくつなんでしょうね・・・
こないだ何かの番組に出てたなー
あうち
2018/01/21 21:31
こんにちはナッシュです。

デビット主演のは見てませんが・・・ピアーズ ブロスナン主演のを見ました

ラストシーンのギリギリで到着するシーンしか覚えてませんけど(汗)。

一度見てみたい作品です。
ナッシュ
2018/01/22 16:00
えっ ブロスナン版なんてあるんですか、ビックリ!
やっぱり日本が登場するのかなあ。
原作に登場するからたぶん登場するでしょうけど。
あうち
2018/01/22 21:30
こんばんは。
あうちさんのおかげで、この映画のラストの意味がわかりました。
ありがとうございます

>実際パスパルトゥーが主人公ですよね・・・

その通りです

>松坂慶子、今おいくつなんでしょうね・・・

1952年生まれです。
「西郷どん」に出ています。
蟷螂の斧
2018/01/24 21:23
いや、自分も正直、ラストの意味がよくわかってないのです(汗

1952年ということは、まだ60代ですか。
何しろウルトラセブンの時からドラマに出演しておられるので、もう老年かと思ってましたが・・・
ウルトラセブンといえば、毒蝮三太夫さんもまだ元気にTVに出てますねえ。
あうち
2018/01/25 11:29
>ウルトラセブンの時から

あの時は15歳ぐらいかな?現在65歳。

>毒蝮三太夫さん

商店街を回って、薬局に寄って
「おい今までに何人の客を毒殺したんだ

>パスパルトゥーと日本で再会

日本に行ったら、いきなり富士山と鎌倉の大仏が見えると言う、よくありがちな展開
でも、そう言う描写の方が楽しめますね
蟷螂の斧
2018/01/26 05:19
外国人の目から見た日本はエキゾチックでおもしろい!
だから2度死ぬも大好きです。

ウルトラセブンから50年ですか・・・
我々も歳を取るわけです・・・
昔、東京の下町に住んでた時は、近所のスーパーによく毒蝮が来たそうです・・・
あうち
2018/01/26 13:24
>だから2度死ぬも大好きです

そうです。
「ベスト・キッド2」も笑えます

>近所のスーパーによく毒蝮が来たそうです・・・

そこでも毒舌だった事でしょう

原辰徳がジャイアンツに入った頃、毒蝮が喜んでいましたが今はどんな評価を下すかな?
蟷螂の斧
2018/01/30 07:47
そういえば若いころの原は良い子で、江川が悪い子というイメージがありましたね。
そういう4コマ漫画もありました。
毒蝮は近所のスーパーでも「ババア」を連発していたと、うちのバーサンが

キルビルもけっこう笑える日本でしたね。
あれはわざと狙ってやってますが
あうち
2018/01/30 09:04
>若いころの原は良い子で、江川が悪い子

好角家として有名な「はた山 ハッチ」(やくみつる)先生による「がんばれエガワくん」が、まさにそうでした

>キルビルもけっこう笑える日本

そうですよね日本刀を購入する為に千葉ちゃんに会いに行く

>毒蝮は近所のスーパーでも「ババア」を連発していた

それが許される毒蝮。
蟷螂の斧
2018/01/31 05:57
「がんばれエガワくん」ありましたね。
あとビッグスピリッツで連載してた「ブラック&ホワイト」だったかな?
作者が「がんばれタブチくん」の人だったような、ちがうような・・・

キルブルは飛行機の客席に刀を立てるホルダーがあって笑いました。
ところで蟷螂さん、ミステリーの書評サイトに投稿されてましたでしょうか?
「樽」というミステリーについて調べてて、同じ名前の方を発見しました笑
あうち
2018/01/31 11:30
>「樽」というミステリーについて調べてて、同じ名前の方を発見しました笑

僕ではありません案外このHNを使ってる人が他にもいるかも知れません。

>飛行機の客席に刀を立てるホルダー

いいですね。ああ言うのって

>ビッグスピリッツで連載してた「ブラック&ホワイト」

高橋春男先生です。

>ヒロインのインド人女性がシャーリー・マクレーンだったとは

インド人の女優が演じる訳には、いかなかった時代
蟷螂の斧
2018/02/02 17:05
あ、別の人でしたか、それは失礼いたしました・・・

あ、そうそう、高橋春男!

インド人女優は美人が多いのに残念!
あうち
2018/02/02 21:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ネタバレ】 映画「八十日間世界一周」 ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる