ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】 映画「アラモ」

<<   作成日時 : 2018/02/23 22:16   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

THE ALAMO (1960)



アラモ [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2011-06-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by アラモ [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




あら、もう攻めてきたの? 敵を刺すからテキサス 

アメリカン西部劇祭りもいよいよ最後の戦い!
アラモ砦を守って戦士として散っていくのです!
かねてより見たかった「アラモ」のDVDをワゴンセールで500円でゲット。
監督も主演もジョン・ウェイン
前半は思ったより退屈でしたが、クライマックスのバトルはすごい。
音楽は巨匠ディミトリ・ティオムキン
テーマ曲「The Green Leaves of Summer」は散りゆく戦士たちの鎮魂歌。
これです
https://www.youtube.com/watch?v=njKLdjloQ9k

その昔、テキサス州はメキシコの領土だった。
が、独立を目指す戦士たちがアラモの教会に集結、砦を築いて籠城する。
指揮官は規律にうるさいウィリアム・トラビス大佐ローレンス・ハーヴェイ)。
さらにテネシー州から義勇軍を率いて、頭にあらいぐまラスカルを載せた勇者デイビー・クロケットジョン・ウェイン)も参戦。
くわえて「ボウイ・ナイフ」の発明者ジム・ボウイ(正しい発音はブーイ)も仲間になるが、トラビス大佐とたびたび対立。
演じるリチャード・ウィドマークオリエント急行でメッタ刺しにされた人、ナイフと縁があるなあ。

デイビー・クロケットが女に惚れたり別れたりしてる間に、メキシコ皇帝の命令で大軍団がアラモを包囲する!
ついに最後の戦いの時は来た。
ここでメキシコ軍が演奏するのが「エル・デグエジョ」、通称「皆殺しの歌」ですが、原題は「ザ・首切り」みたいな感じ。
原曲を聞いたことはないのでティオムキンがどれだけ忠実に再現してるのか、あるいはかなりアレンジしてるのか、それはわかりません。
が、マカロニ・ウエスタンの音楽の源流のひとつなのはまちがいないでしょう。
同じジョン・ウェイン「リオ・ブラボー」では、町を包囲した悪人どもがメキシコ軍の故事に倣って、この曲を演奏させてますね。(映画の製作順は「リオ・ブラボー」が先)
あと「ガンバの冒険(冒険者たち ガンバと15ひきの仲間)」で、最後の戦いを前にネズミたちを包囲したイタチ軍団が歌ったり踊ったりしてプレッシャーをかけるシーンがありますが、あれも元ネタは「アラモ」なんでしょうね。

壮絶なラスト・バトルはこちらからどうぞ
https://www.youtube.com/watch?v=vLux126OJbY

西部劇には珍しく剣の戦いもありますね。
トラビスブーイも倒れ、クロケットも槍に貫かれる・・・
教会に貯蔵した火薬に点火、自爆するクロケット
そういえばジョン・ウェイン死亡ENDは初めて見たな。

こうしてアラモはテキサス人の魂の聖地となった。
日本に例えると、どんな場所に該当するかなあ?
義経が討たれた平泉でしょうか、あるいは壇ノ浦?


ジョン・ウェイン出演作品のネタバレ
「史上最大の作戦」
http://puripuriouch.at.webry.info/201712/article_1.html
「リオ・ブラボー」
http://puripuriouch.at.webry.info/201706/article_12.html
「マックQ」
http://puripuriouch.at.webry.info/201712/article_23.html

リチャード・ウィドマーク出演作品のネタバレ
「オリエント急行殺人事件」
http://puripuriouch.at.webry.info/201307/article_6.html






コインコンチョ テキサス独立100周年 アラモ砦 Z レプリカ
コインコンチョ テキサス独立100周年 アラモ砦 レプリカ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by コインコンチョ テキサス独立100周年 アラモ砦 Z レプリカ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Harrows シャフト ALAMOアラモ Midium ブラック
ハローズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Harrows シャフト ALAMOアラモ Midium ブラック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
歴史映画のファンサイトで知りました。
ジョン、ウェインが本作でアカデミー賞ノミネートされたが、
「アカデミー賞は「アラモ」が総なめするべき」みたいな発言で総スカンを食らって1部門受賞に終わっちゃったって紹介されてましたね。
来年はジョン、ウェインの没後40年ですね。
「リオ、ブラボー」でウェインとコンビを組んでたハワード、ホークスは良くも悪くも多くの実績を残したものの、亡くなった際は前日に亡くなったチャップリンの訃報の大きさがあって話題にならなかったという少々可哀想な方だったそうですね。ジョン、ウェインが亡くなった際は「ミスターアメリカ永遠に」とか「ミスターアメリカ死す」みたいに大ニュースだったそうなのに…
綾小路清隆(仮名)
2018/02/23 22:35
あらら、もう没後40年ですか!
時が立つのは早い・・・
かすかに覚えてるような覚えてないような・・・
チャップリンの時も覚えてるような覚えてないような・・・

総なめは言いすぎですねー
監督としてのジョンウェインは大したことないと思うけど。
イーストウッドなんかは反対に監督の才能の方が役者としてよりも上でしたね。
アラモは録音賞受賞したのか・・・
たしかにサウンドはすごいかも。
あうち
2018/02/24 10:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ネタバレ】 映画「アラモ」 ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる