ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】「インスマウスの影」H・P・ラヴクラフト

<<   作成日時 : 2012/08/15 23:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

THE SHADOW OVER INNSMOUTH (1931)
Howard Phillips Lovecraft



ラヴクラフト全集 (1) (創元推理文庫 (523‐1))
東京創元社
H・P・ラヴクラフト

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ラヴクラフト全集 (1) (創元推理文庫 (523‐1)) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




★登場する怪物★ 深きもの

肩慣らしもこのへんにして、このブログのメインテーマであるラヴクラフト作品にようやく取りかかろうと思います。
最初はやはり、代表作「インスマウス」

ニューイングランドを貧乏旅行中の主人公が、ふとした気まぐれで港町インスマウス行きのオンボロバスに乗りこむ場面。
怪しい世界へと連れていかれる雰囲気が、実にいい感じ。

地図にも載っていない、近隣の住人たちから忌み嫌われる、呪われた町インスマウス
そこには、魚っぽい顔の人たちが住んでいる。
怪しい町を、通りの1つ1つをたどって観光する主人公。
「ちい散歩」のようだが、ラヴクラフトの分身である主人公は、古い建物にしか興味はなく、むしろ「建物探訪」に近い。

しかし、知りたくもなかった町の秘密を知ってしまった主人公は、命からがら町を脱出するハメに。
その際、蛙と魚が合体したような怪物「深きもの」の姿を見てしまうのだった。
(町の住人は年を取ると、このような怪物になってしまう、という設定)


★衝撃の結末★

数年後、鏡を見た主人公は自分の顔が「魚っぽい」と感じる。
実は主人公の祖先に、インスマウス出身の人がいたのだ。
自分にも呪われた血が流れていることを知った主人公は、自殺の決意を固めるが・・・
最後の最後で、人間を捨て、深きものとなって海底で生きる決心をするのだった。

この有名な結末を小学生のころ、何かの本で読んだ時は、かなり怖かった。
けど今となっては、人間として生きるだけが人生じゃないと思います(笑
深きものは不老不死に近いし、美しい海底でダゴン神を祀って、楽しく暮らすのも良いんじゃないかな。
地上だって決して天国じゃないしね!











テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ネタバレ】「インスマウスの影」H・P・ラヴクラフト ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる