【ネタバレ】映画「007/ダイヤモンドは永遠に」(1)

DIAMONDS ARE FOREVER (1971)



ダイヤモンドは永遠に (アルティメット・エディション) [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2008-12-19

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ダイヤモンドは永遠に (アルティメット・エディション) [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




シリーズ第7作「ダイヤモンドは永遠に」は、引退したショーン・コネリーボンド役に復活した作品として有名ですね。
第5作「007は2度死ぬ」で、コネリー引退を宣言。
007映画に拘束されて他の映画に出演できない、どんな役を演じてもボンドのイメージで見られる、といった不満が理由のようです。
でも本当は、鮫といっしょのプールに入れられたりとか、そういう危険すぎる撮影がイヤだったのでは・・・
ともあれ第6作「女王陛下の007」では若いジョージ・レーゼンビー2代目ボンドとなったのですが、作品とマッチした若々しい爽やかさ、格闘技経験を生かしたアクションの切れ味など、良い点が多々あったにも関わらず、「あんなのボンドじゃない!」と、ファンと評論家の攻撃にあってしまいました。
コネリーでなけりゃボンドではない!と主張するキチガイのようなコネリー原理主義者の多い時代だったのです。
そうした声を受けて、イヤイヤながら復活したコネリーボンド
その結果がこれだよ!


コネリーがギャラ取りすぎで製作予算を圧迫した安普請失敗作

現在では、「女王陛下の007」はファンの間で傑作の声も高く、レーゼンビーとともに再評価されまくってます。
一方、そのレーゼンビーを追い出して作った「ダイヤモンド」は、年々評価は下がるでしょう。
この映画がダメな理由はいろいろありますが、なんといってもコネリーが復活の条件として120万ドルものギャラを要求したことが、諸悪の根源。
制作費720万のうち120万ですから、6分の1がコネリー1人のギャラに消えたことになります。
そのしわ寄せが作品の随所に来てるのが感じられますな。
タイトルからして何かゴージャスな雰囲気ありそうな本作ですが、フタを開けてみると007らしからぬ安っぽさがプンプンです。
まさしく、偽ダイヤのチープな輝き・・・

この作品がダメ映画と思ってるのは管理人だけではありません。
月面車のシーンは、「史上最低のカーチェイス」というタイトルでユーチューブにアップされてたし。
それに昔、新作公開のたびにTVでやっていた007特番、あれに過去作品のアクション名場面を流すコーナーがあったのですが、その時「ダイヤモンド」からは「ムスタングのカーチェイス」のみ、たった1つしかセレクトされないのが常でした。
それだけ名場面といえるアクションに乏しいということですわ・・・

画像

管理人のコレクション、ムスタング・マッハ1 007スペシャル

ま、しかし、そこは007ですから、ダメなところばかりではありません。
高評価は、まず第1に主題歌
喫茶店とかデパートとかでも、よくかかりますな~

第2に、世間の評価は高くないですが、個人的にジル・セント・ジョンがツボです。
好きなボンドガールのベスト3に入ります。
ティファニー・ケイスは、原作では1・2を争う魅力的なヒロインですが、そのティファニーのイメージそのままな感じ。
エロかわいさといいましょうか・・・
後半でおバカキャラになってしまうのが残念ですが。
コネリーとも愛人?関係にあったそうで、呼吸が合ってる気がしますね。

高評価の第3は、第3は・・・・・・・ あれ?
主題歌はもう言ったっけ?
ダメな点なら20や30、列挙できるのですが・・・


#07 007/ダイヤモンドは永遠に

1 コネリーがギャラ取りすぎで製作予算を圧迫した安普請失敗作
http://puripuriouch.at.webry.info/201210/article_13.html
6 愛妻トレーシーを殺された復讐が始まる!え?ちがうの?
http://puripuriouch.at.webry.info/201210/article_18.html
5 ティファニーで肉食を?ファニー・フラッシュ!変わるわよ
http://puripuriouch.at.webry.info/201210/article_17.html
4 月面車のシーンを10回見ると幸せになれるよwww
http://puripuriouch.at.webry.info/201210/article_16.html
3 秀逸なセットには目を見張るが、アクション手抜きやろ(笑)
http://puripuriouch.at.webry.info/201210/article_15.html
2 B級映画の安っぽさムンムン、これが本当に007?
http://puripuriouch.at.webry.info/201210/article_14.html
7 *** シリーズ第7作「ダイヤモンドは永遠に」あれこれ ***
http://puripuriouch.at.webry.info/201210/article_19.html












この記事へのコメント

蟷螂の斧
2016年03月12日 16:41
「黄金銃を持つ男」の所でも書きました。僕は「ダイヤモンドは永遠に」が好きです。
ラスベガスでボンドがティファニー・ケイスを車に乗せて走る。パトカーに追いかけられる。
そして「行き止まり」の表示。車が通れない細い路地しかない。絶体絶命!ちょっとした上り坂を利用して車の左側を浮かせて右側の2輪だけで走る。無事にすり抜ける。しかし、いつの間にか左側の2輪だけで走る?まあ、いいか・・・。

>やっぱり映画秘宝の読者さんでしたか!私も愛読してました笑

そうなんですよ!あうちさんのそのレスを期待していました(爆笑!)

>「底抜け超大作」

エアポートシリーズ。全部見ました
あうち
2016年03月12日 20:31
傾きが左右入れ替わったのは子供の頃気づかなかったなあ。
スタントドライバーは自分が下にいるのか浮いてるのか気づくと思うんだけど・・・考えられないミスですよね笑
よほど現場が混乱してたんでしょうね。
子供の頃はムスタングが憧れの車でした・・・
エアポート74だけTVでやってくれないいんだけど、カレン・ブラックの目がなんか怖かったような思い出が
蟷螂の斧
2016年03月13日 07:02
>007らしからぬ安っぽさがプンプンです。まさしく、偽ダイヤのチープな輝き・・・

なるほど。僕は以前からこの作品はゴージャスだと思っていたのですが、720万ドル-120万ドルと言う引き算をするのを忘れていました・・・(^^;

>月面車のシーンは、「史上最低のカーチェイス」

あっはっはっ!警備員がアナウンスで「降りろ!それはオモチャではない!」と怒鳴る場面を思い出します。

>エアポート74

75?死んだパイロットの代わりにカレン・ブラックが操縦するんですよね?
先日亡くなったジョージ・ケネディはエアポート・シリーズの全部(4作)出演。「底抜け超大作」のあちこちに名前が出て来るジョージ・ケネディ(爆笑!)
あうち
2016年03月13日 11:34
私も007作品である以上、決して嫌いにはなりませんが、ちょっと頭の悪い生徒を「将来心配だなー」と思う教師のような気持ちで見てしまう笑
ハネムーン部屋とかホワイトの別宅とかペントハウスとかセットはゴージャスですよね。
ただラスベガスという町自体がハリボテのチープさを感じてしまう。
アジアのチープさは好きなんですが・・・
ま、原作自体ラスベガスが舞台だし仕方ないですが。
月面車のシーンは何回か見てるうちに好きになりましたので、名場面ランキングでは意外と上の方に来る予定(といっても100位以内は無理ですが)
あのシーンは音楽がイラつくのかもしれません。
黄金銃の回転ジャンプのシーンも、あの「ヒュルー」というBGMがいらん!という声をネットで見ますね。
ジョンバリーでも足を引っ張ることもある・・・

そうそう75でしたね笑
ジョージケネディしぶい!
日本の映画にもチラホラ出てたけど「人間の証明」まだ見てない・・・
ナッシュ
2016年09月23日 14:46
昨日・・・とうとうダイヤモンドはのブルーレイディスクを購入しました。

あまり面白くなかった記憶ないんで(汗)食指が動かなかったんですよね。

ミッションインポッシブル ローグネーションと散々迷って(笑)ダイヤモンドはを買いました。

後は死ぬのはを買えばコンプリートなんですが・・・ちなみに古いカジノロワイヤルは持ちません。

エアポート75は持ってます・・・好きなんです。
あうち
2016年09月23日 21:21
それは英断ですよ!
おもしろくなくても見どころがあるのが007、最初から見ないで部分的に見たりするのがオススメ。
死ぬのは奴らだもおもしろいじゃないですかー。ワニとかヘビとか
古いカジノロワイヤルは好みがわかれるでしょうねー。
エア75、TVでやってくれないかなー。
最後に見てからだいぶたってるのでブログで取り上げられない・・・
ナッシュ
2017年01月03日 11:00
お久しぶりのナッシュです(涙)。

やっと、やっとこさBlu-rayのダイヤモンドは永遠に!を見る事が出来ました・・・20年振り近くかも???(汗)。

感想は・・・意外に面白くて楽しみました(笑)。

安っぽくてもダルくっても007が好きなんだなぁ!と再認識(爆)。

ひどくチープで迫力無かった月面車も久しぶりに見たらなかなかよろしい(なかなかね、汗)。

実は中1か2の頃に○○ロードショーで見たのが最初だったんですが、その頃の友人に年末に会ったせいか、ダイヤモンドを見てるとその頃を懐かしく思い出しましたね。
あうち
2017年01月03日 22:26
あけましておめでとうございますナッシュさん!
昨年はたくさんのコメントありがとうございました笑
私も今録りためた映画みてるとこです。

ダイヤモンドは1回目のTV放送から2時間枠でカットされまくりで、ノーカットで見るとちょっと「おおーっ」となると思いますよ。
特にOP前とかけっこうカッコいい。
月面車も何回か見てると意外とアリと思えてくる。
でもサーカスのシーンはやっぱりチープ・・・

お酒を飲みすぎないようお体にお気を付けくださいm(_ _)m
綾小路清隆(仮名)
2019年07月22日 02:09
シャーリー、バッシーの主題歌は個人的にベストに入りますね。
平成の最後に観た映画は実はコレって言っても意外とこの映画知らん人お多いですなあ…
今ではコネリーボンドでも好きな部類に入りそうな映画です。(後はロシ愛と007は二度死ぬかなあ)
あうち
2019年07月22日 11:16
あら、そんなにダイヤモンド気に入りましたか笑
映画は知らなくても、少し昔にデビアスのダイヤモンド・ジュエリーのCMで「ダイヤモンドは永遠に」というフレーズがよく流れていたので、聞いたことある人は多いんじゃないかなあ。
デビアスが007からフレーズをパクったわけではなく、もともとデビアスのキャッチフレーズが「ダイヤモンドは永遠に」で、イアン・フレミングがそこからタイトルをいただいたようです。

シャーリーの主題歌は名曲ですね。
昔は喫茶店とかで、よくインストが流れてました。
今は喫茶店自体が死語・・・

この記事へのトラックバック