【ネタバレ】映画「遊星からの物体X」

THE THING(1982)



遊星からの物体X [Blu-ray]
ジェネオン・ユニバーサル
2012-04-13

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 遊星からの物体X [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




後の怪物映画に与えた影響は絶大、グチョグチョ時代の始まり

ジョン・カーペンター監督の傑作SF映画ですが、言われるほど傑作でもないような気が・・・
でも時々、無性に見たくなる不思議な映画。
音楽がまたしてもエンニオ・モリコーネでビックリです。
前エントリー「太陽の下の18才」とまったく異なる、無機質な不気味サウンド。
さすが世界一引き出しが広いモリコーネ先生!
でもちょっと眠くなる音楽です。

極地の氷の下から掘り出した宇宙人が、隊員を襲う・・・
というストーリー、まんまラヴクラフト「狂気の山脈にて」っぽいですねー。
しかもヌトヌトグチャグチャの触手いっぱいモンスター、まさにヨグ・ソトスとかそんな感じ。
原作はJ・W・キャンベル、編集長を務めていたアスタウンディング誌ラヴクラフト作品も掲載してたしね。


*** ネタバレあらすじ(サクッと) ***

南極大陸、ノルウェー隊のヘリに追われる1匹のハスキー犬を、アメリカ隊が保護するところから始まる。
ヘリは墜落、ノルウェー隊とも連絡が取れない。
仕方なくノルウェー基地まで足を伸ばす主人公たち、だが、そこで見たものは、おぞましい死体と化した隊員たちと、太古の氷の下に埋まっていた未知の宇宙船だった。

その頃、アメリカ基地では保護されたハスキー犬が正体を現し、犬や人間を襲い始めた!
それは食らった生物に同化する能力を持つ、宇宙から飛来した未知の生命体Xだったのだ!
そいつの狙いは隊員に同化し、南極を脱出して、地球上全ての人間を同化すること。
アメリカ基地の隊員と未知の怪物の死闘が始まった。
胸が開いてパックン生首から足が生えてトコトコ、そして隊員たちは1人また1人と犠牲になり、主人公はついに基地ごと怪物を爆破するが・・・

ラスト、生き残った2人のうち、主人公(カート・ラッセル)じゃない方は、果たして本当に人間なのか、怪物が化けてるのか・・・
燃料も食料も燃えつきた基地で、2人は助かるのか・・・
スッキリしないイヤな終わり方。


全滅したノルウェー基地で何があったのか?
それが明らかになる「遊星からの物体X ファーストコンタクト」のエントリーはこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/201403/article_5.html

原作小説「影が行く」のエントリーはこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/201607/article_7.html











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

綾小路清隆(仮名)
2018年04月19日 20:45
「光る眼」の記事で思い出しましたが、高校の時に放課後のバス待ち時間に皆で観た映画の一つですね(家から持ってきたやつです)
僕が最初に観たのは親戚の伯父さんの家でですが。
放課後にこの映画観た際、ほとんどが怖がってました(特に女子が)
仮面ライダーオタクの後輩はバス乗り前に気分を悪くしてたの思い出しました。特に悲鳴あげそうになってたのは犬がエイリアンになる場面だったような。
あうち
2018年04月19日 21:11
犬の場面は名場面ですよね。
私は公開時に劇場で見ましたが、たしかにスパゲッティを食べたくない気分でした笑
その後輩はかなり繊細な人ですね笑
ニャル子さん風に言うと「SAN値がピンチ」というやつですね。
でもそれくらいの方がホラーを心から楽しめるかも

この記事へのトラックバック