【ネタバレ】「007/薔薇と拳銃(007号の冒険)」イアン・フレミング

FOR YOUR EYES ONLY (1960)
Ian Fleming



007/薔薇と拳銃 (創元推理文庫)
東京創元社
イアン フレミング

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 007/薔薇と拳銃 (創元推理文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




短編5作品を収録した、007短編集の第1弾

創元推理文庫から出ていた「007号の冒険」が、最近「薔薇と拳銃」と改題、新装版となったようです。
古いタイトルの方が好きですなー。
そういえば管理人が中学の頃、初めて読んだ007小説がこれだったよな。


薔薇と拳銃 From A View To A Kill

「美しき獲物たち」原作。
映画に流用されたシーンは、ひとつもなし。
フランス、サンジェルマンの森を舞台に、殺し屋とバイクで対決。
ボンドガール=メアリー・アン・ラッセルが魅力的なキャラなので、映画にもいつか出してあげて。
フライドチキンを「鳥の唐揚げ」って訳すの、おかしいよ!
他にもプジョーをポジョー、ペリエをペリエールとか・・・ まあ時代も古いし仕方ないか。

パリのEU総司令部からサンジェルマンの基地へ、極秘書類をバイクで運ぶ伝書使が2度にわたって射殺され、書類を奪われた。
ボンドはサンジェルマンの森を監視、花咲く丘の下に敵スパイの隠れ家を発見。(戦時中のレジスタンスの隠れ家?)
伝書使に化けてバイクを駆るボンド、背後から迫る敵のバイクを返り討ち。
バイク同士のチェイスは、映画では「スカイフォール」まで実現しなかったな。

ボンド豆知識
ボンド16歳の時、戦前のパリの売春屋で童貞を失った。
・パリのカフェで酒を飲みたい時はアメリカーノというカクテルを飲むといい。
・安い酒を美味くするには、高い炭酸水で割れ!(お勧めはペリエ


読後焼却すべし For Your Eyes Only

「ユア・アイズ・オンリー」原作。
かなりの部分が映画に流用された。
カナダを舞台に、凶悪な殺人者に報復するボンド
の個人的復讐といえる任務で、「消されたライセンス」でのボンドの行動を責める資格はないですな、・・・
映画ではカナダでロケしたことないんですよね。
カキのシチューって美味そうですな。

キューバに亡命していたナチスの生き残りハマーシュタインは、迫りくる共産革命を前にキュ-バを脱出すべく、ためこんだ財産をカリブ海地域の不動産に投資することに。
手下のゴンザレスを使って、地上げ屋のような荒っぽい土地買取りを行っていたが、その過程での旧友ハヴロック夫妻を惨殺してしまう。
の依頼で、その復讐を果たすべくボンドは、カナダとの国境近くバーモント州の森に潜伏するハマーシュタイン一味をライフルで狙うが・・・
両親の仇を討たんとするボウガンで武装した美女ジュディ・ハヴロックとバッタリ出会うのだった。
ジュディをかばって、敵に見つかってしまうボンドだが、銃撃戦の末、ターゲットを仕留める。

ボンド豆知識
・山にはいる時、水筒にはバーボンを3/4、コーヒーを1/4入れる。


危険 Risico

クリスタトスコロンボという対立する密輸業者、コロンボが悪玉と思いきや実は・・・といったところなど、メインプロットがほとんど「ユア・アイズ・オンリー」に流用されている。
本書収録作品の中で1番面白い。
舞台はヴェネチアなどイタリア沿岸部。

警視庁の依頼でボンド麻薬捜査に駆り出されることに。
もしかすると背後でソ連が糸を引いていて、イギリスに麻薬中毒を広めて社会混乱を狙っているかもしれないからだ。
作家を装ってボンドは事情通の男クリスタトスに接近。
コロンボという男を見つけ出し、殺しなさい・・・ あの男こそイギリスに麻薬を密輸する組織のボスなのです」
コロンボの愛人に接近するボンド、しかしリドの浜辺でコロンボ一味に拉致される。
実際のコロンボは男気あふれる、麻薬には決して手を出さない密輸業者だった。
ボンドコロンボの協力で、真の麻薬組織の黒幕クリスタトスの倉庫を襲撃。必殺のワルサーがランチアで逃走するクリスタトスを撃ち抜き、死体の重みでアクセルが入ったランチアは走る棺桶と化して丘を上っていく。

ボンド豆知識
ブラックコーヒーにはラムを入れろ!
・1人でアレクサンドラ(アレクサンダー)のような甘いカクテルを飲んでる男は怪しい!


珍魚ヒルデブラント The Hildebrand Rarity

悪役クレストムチ打ちの場面「消されたライセンス」に流用された。
ボンドの休暇の話で、カリブ海でなくセイシェルが舞台というのが珍しい。
鼻持ちならない男クレストのヨットに乗せてもらい、秘密の海中スポットを訪ねるボンド
帰りの航路で、クレストは死体となって発見される。
ミステリー風だが、犯人は謎のまま。(まあ、クレストの妻でしょうけど)


ナッソーの夜 Quantum Of solace
「慰めの報酬」原作。
映画に流用されたシーンは、ひとつもなし。
詳しくは「慰めの報酬(7)」のエントリーを見てね。
http://puripuriouch.at.webry.info/201212/article_7.html

ボンド豆知識
・結婚するならスチュワーデス、あるいは日本人の女だ!


後書きがバローズ作品でおなじみの厚木淳先生というのが、古き良き時代。
「優れたシナリオ・ライターなら、本書の短編を使って長編映画を作れるだろう」という予言どおり、「ユア・アイズ・オンリー」という傑作が生まれましたが・・・
タイトルだけを流用した「美しき獲物たち」「慰めの報酬」は玉砕しました・・・












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

蟷螂の斧
2019年10月19日 05:18
おはようございます。

>極秘書類をバイクで運ぶ伝書使が2度にわたって射殺され、書類を奪われた。

この場面なんかは映画で使用して欲しいですよね。

>「我は生き」はいいんだけど他人を「死なせる」ことはないですよね笑

サラリーマン社会では「解雇」は「死ぬ」こと。まあ、いろいろあります。上司への告げ口が得意な奴もいるし。

>主人公の球一より大門の方が過去とか人間性とか、よく書きこまれてましたね。

大門「お主一人で十分だろう。猿回しの役は。」バロン森「つまんねえジョークだぜ!この小心者が。」あの場面を思い出します。大門は拳法は無茶苦茶強いけど、案外気が小さい人でしょうね。
女性っぽく振舞ってるバロン森や球三郎は気が強そうです!
あうち
2019年10月19日 11:55
おはようございまーす。
「薔薇と拳銃」の映画への活用、いつか実現するんじゃないかと楽しみにしております。

解雇は新たなる出発のチャンスでもありますよ!
けっこう自分から辞めるというのも大変ですからね・・・
それに解雇の場合、失業保険は3か月の待期期間なしでただちに支給されるんですよ笑

バロン森もいいキャラでしたねえ。
漫画史上に残る死に様でした・・・
蟷螂の斧
2019年10月20日 06:34
おはようございます。

>読後焼却すべし

スパイ小説らしくていいですね。

>かなりの部分が映画に流用された。

映画は原点に戻って地味。それもまたいいです。

閑話休題。
ロジャー・ムーア主演映画「ゴールド」を昨日見ました。監督はピーター・ハント(女王陛下の007)。そして、ジョン・グレンが第二班監督と編集。大掛かりなセットで大迫力!南アフリカの綺麗な景色も楽しめました。
あうち
2019年10月20日 10:38
あ、ゴールドは私も以前から見たかった映画です・・・ パニック映画ブームのころ、タワリング・インフェルノやポセイドン・アドベンチャーなんかといっしょに紹介されてまたね。
最近ワウワウかなんかで放映されたようですが・・・
そのうち有料動画で見てみようかな。
監督がピーター・ハントだったとは知りませんでしたね・・・うーん見たい!
蟷螂の斧
2019年10月21日 06:10
おはようございます。

>最近ワウワウかなんかで放映されたようですが・・・

シネフィルWOWOWです。

>監督がピーター・ハントだったとは知りませんでしたね・・・うーん見たい!

ぜひ、そのうち!

>バロン森もいいキャラでしたねえ。

初打席では球二が「この人、何となく憎めないなあ。」でも三振後、手強い奴だとわかる。しかし、物語が進行していくと男気があって、結構いい奴かなと思う。本当にいいキャラです!

>・山にはいる時、水筒にはバーボンを3/4、コーヒーを1/4入れる。

体が温まって、尚且つ眠気を感じない?
あうち
2019年10月21日 09:43
バロン森、運動神経は良くても超人相手だと不利ですよねえ。
一応ふつうの人間だし。
アストロ球団はバロンとか球三郎のような「女っぽい美形キャラ」の先駆けでしたね。
後に「リングにかけろ」が受け継いで少年ジャンプの定番となっていきますが・・・

この冬はセブンイレブンの100円コーヒーにラムをたらしてみようかなあ。
蟷螂の斧
2019年10月22日 04:50
おはようございます。
コーヒーが体を冷やす飲み物というのはよく聞きます。逆に温めるのは紅茶。
バーボンは、どちらなんでしょう?そしてラムは?

>バロン森、運動神経は良くても超人相手だと不利ですよねえ。

大門がキレた時、球四郎を盾にする。そして大門の手にスパイク!まあ、バロンらしい闘い方です(笑)。

>コロンボが悪玉と思いきや実は・・・
>本書収録作品の中で1番面白い。

映画も面白い。さすが!ジョン・グレン監督。
あうち
2019年10月22日 09:15
えっコーヒーが体を冷やすんですか。
私は紅茶よりコーヒー派なんですが、暑がりだからちょうどいいか・・・
アルコール度の高い酒は、おしなべて体が温まるんじゃないですかねえ。

大門とバロンがケンカしたのはすっかり忘れてました。
アストロは全巻揃ってるので読み直してみますか・・・

私も映画ではユアアイズが一番好きです!
蟷螂の斧
2019年10月23日 06:11
おはようございます。

>えっコーヒーが体を冷やすんですか。

緑茶も体を冷やします。熱い状態で出されたものでも。だから真夏でも暑い緑茶を飲む人がいるんでしょうね。

>アルコール度の高い酒は、おしなべて体が温まるんじゃないですかねえ。

体を冷やす酒は焼酎、ビール、ウイスキー、白ワインです。

>死体の重みでアクセルが入ったランチアは走る棺桶と化して丘を上っていく。

こう言うのもいいですねー!

>私も映画ではユアアイズが一番好きです!

主題歌も人気があります。
あうち
2019年10月23日 10:53
ほえー緑茶が体を冷やすとは・・・
これからの季節、何を飲めば笑
ビールで冷えるのはわかるけどウイスキーは意外ですねー。

シーナ・イーストンの主題歌はシリーズで一番好き!
一番007らしくないですけど笑
蟷螂の斧
2019年10月24日 07:09
おはようございます。

>これからの季節、何を飲めば笑

紅茶、ほうじ茶、生姜湯、ココア、ゆず茶、甘酒、日本酒、赤ワイン、紹興酒、ブランデー・・・だそうです。

>帰りの航路で、クレストは死体となって発見される。

強烈なラストでした・・・。
あうち
2019年10月24日 13:14
おはようございまーす。
ボンドもクレストのヨットに乗せてもらったり、けっこう世話になってるくせにクレストに対する態度は酷い笑
別に世界征服を企む悪人ではないのに笑

ほうじ茶は温まるんですか、買っておこうかなー。
ブランデーはお値段が高くて(涙
蟷螂の斧
2019年10月25日 07:54
おはようございます。

>ボンドもクレストのヨットに乗せてもらったり、けっこう世話になってるくせにクレストに対する態度は酷い笑

まあそのあたりの非情さがボンドの魅力の一つかも知れません。
小説版「女王陛下の007」でも味方を見殺しにするし・・・。

寒い国発祥の食べ物や飲み物は体を温めるそうです。

さて、大雨の中自転車出勤です。
あうち
2019年10月25日 11:39
自転車、スリップに気をつけてくださいねー。
ほんとに今年の雨はひどい・・・

ということはウオッカも温まるですかねー。
そういえばロシア人は冬にうおっか飲みまくってるようですが。

たしかに非情なプロフェッショナルぶりがボンドの魅力。
21世紀も変わらずにいてほしいですが、今度のボンドは心配だなー。
新作のタイトルは「ノータイム・トゥ・ダイ」に決定したそうです。

この記事へのトラックバック