【ネタバレ】「大空港」アーサー・ヘイリー

AIRPORT (1968)
Arthur Hailey


画像


画像



NEW!映画版「大空港」のエントリーはこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/201409/article_12.html


吹雪に閉ざされた大空港の大変な一夜が、パニック映画を生んだ

アーサー・ヘイリーといえば、「ホテル」「自動車」など特定の業界を舞台に、さまざまなポジションにいる登場人物が織り成す社会派小説ばかり書いてる人ですな。
最近、本屋さんですっかり見なくなりました・・・
情報小説としての側面もあるため、年月がたって情報が古くなると「お役御免!」になってしまうのかなー。
でも小説としての面白さは、年月がたっても変わらないんですけどねー。
本作は空港で働く人々を描いた業界小説であると同時に、トラブルにトラブルが重なってドンドン大変なことになっていくサスペンス小説でもあり、映画化されて「パニック映画」というジャンルを生み出しました。
しかもシリーズ化されて、「エアポート'75」「エアポート'77/バミューダからの脱出」「エアポート'80」と4作、作られております。
原作者ヘイリーは続編が作られるなんて知らなかったらしく、あわてて契約書を読み直すと「勝手に続編を作るよ」という一文があったそうで(笑
なので、1作目以降はヘイリー関係ないオリジナル作品ですが。
ちなみに「エアポート'80」の原題が「エアポート'79」って、笑えません?
日本公開がズレこんじゃったんだね・・・

最初のパニック映画の原作となるこの小説、リンカーン国際空港を舞台に、これでもかこれでもかとトラブルが起こります。
こういう業務上のトラブルが大きくなっていって、いわゆるパニックという状態にいたるんですね。(英語ではパニック(恐慌)と言わずにディザスター(災害)ムービーと言うらしいよ)
ここに、物語中のトラブルを一覧にしてみたいと思います。

記録的な大雪・吹雪で、欠航が相次ぎ、空港ロビーは大混乱。
・他の便への振替えにグダグダ文句を言うイヤな客、カウンターの女子スタッフが泣き出して、客にリストを投げつけてしまう。
・最も重要な滑走路で、メキシコ航空機の車輪が滑走路を外れて雪の中にスタック、機が横向きになって滑走路をふさいでしまう
・そのメキシコ航空機を助け出すには、百戦錬磨の整備主任ジョー・パトローニの力が不可欠だが、彼が空港に向かう途中、トレーラーとトラックが衝突事故、道路をふさいでしまう。(映画でパトローニを演じるのはジョージ・ケネディ、まさにハマリ役!)
・空港長のメルとの関係が険悪になっており、今夜も妻と約束したパーティーに出席できそうもない。
メルの弟キースは管制官として働いているが、以前に彼の責任で事故が発生、それ以来鬱病気味、今夜も当直が終わり次第、睡眠薬で自殺をしようと考えている。
・空港近くの住宅街の住人たちは騒音に悩んでおり、今夜もインチキ弁護士のもとで反対集会、そのままの勢いで空港に乗りこんでくる。
ローマ直行便の機長デマレストは、スチュワーデスのグエンと不倫関係にあったが、彼女の妊娠が発覚。
・この頃は飛行機のタダ乗りも可能だったようで、タダ乗り常習犯のクソババア(映画版ではアカデミー助演女優賞を受賞)が、ローマ直行便に乗りこんでくる。
・事業に失敗した男ゲレロ、家族に保険金を残すため、手作り爆弾をケースに隠し、ローマ直行便に乗りこむ。

と、まあ、小さいのから大きいのまで、プライベートな問題から大量殺戮になるものまで、いろんなトラブルが同時進行します。
パニック映画の黄金パターン「離婚直前の主人公夫婦」というやつ、本作のメルシンディが元祖でしょう。
ただし2人は、後の作品のようによりを戻さず、そのまま離婚に至りますが。

後半、いよいよパニック展開へ。
タダ乗りバアさんの活躍で、ゲレロから爆弾を奪った!
空気を読めない乗客が奪い返して、ゲレロに返してしまった!
爆弾がついに爆発、機体に大穴が開いた!
ゲレロ死亡、そばにいたグエンも重傷!
機長デマレストグエンへの愛に目覚め、もし無事に出産したら、ちゃんと責任もって育てようと決意!
ローマ直行便は瀕死の状態で、リンカーン国際空港に引き返す!
着陸できる唯一の滑走路は、メキシコ航空機がふさいでるやつだけ!
整備主任パトローニ、間一髪、メキシコ航空機を動かし、離陸させる!
入れ替わりにローマ直行便が、無事着陸!
必死の管制でローマ直行便を誘導したキース自殺を思いとどまり、今の仕事をやめ、新たな人生を始める決意をする。
こうして、パニックの夜は無事、明けたのだった。

機内で酸素マスクが降りてきたら、15秒以内に装着しろ!
さもないと死ぬ!

これマメな。



爆弾で大穴が開いたボーイング707の機長デマレストを映画版で演じたディーン・マーティンが、ジャッキー・チェンロジャー・ムーア公道レースで勝負する映画「キャノンボール」のエントリーはこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/201209/article_8.html

機長デマレストと不倫するスチュワーデス、グエンを映画版で演じたジャクリーン・ビセットが刑事スティーブ・マックイーンの恋人となる映画「ブリット」のエントリーはこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/201209/article_39.html

機長デマレスト「堕胎は良くない」と説教する同僚のパイロットを映画版で演じたバリー・ネルソンは、TV版「カジノ・ロワイヤル」ボンドを演じた正真正銘の初代007だった・・・その辺を解説したエントリーはこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/201304/article_1.html

爆弾で大穴が開いたボーイング707を無事に着陸させようと奮闘する空港長メルを映画版で演じたバート・ランカスターが、細菌に感染した大陸横断列車を鉄橋から突き落とそうと企む「カサンドラ・クロス」のエントリーはこちら
http://puripuriouch.at.webry.info/201301/article_5.html






Fire TV Stick
Amazon
2017-04-06

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック