【ネタバレ】「名状しがたいもの」H・P・ラヴクラフト

THE UNNAMABLE (1923)
Howard Phillips Lovecraft



ラヴクラフト全集〈6〉 (創元推理文庫)
東京創元社
H・P・ラヴクラフト

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ラヴクラフト全集〈6〉 (創元推理文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




★登場する怪物★ 名状しがたいもの?

産地ピンチ!産地ピンチ!でおなじみの「ニャル子さん」2期
制作は「名状しがたい制作委員会のようなもの」と、クレジットされております(笑
「名状しがたいもの」といえば、ラブクラフト
ラブ先生の作品以外で、「名状しがたい」なんて形容詞、聞いたことないよね?
おそらく、幽霊や悪魔といった古典的な怪物に替わる、まったく新しい怪物を生み出そうという悪戦苦闘の末、「名状しがたいもの」としか書きようのない境地に達したのではないでしょうか。

私はオカルト現象を信じない頑固な友人と、古びた墓地の倒れた墓石に腰かけ、オカルト現象について議論していた。
私が怖い話を語りまくったので、さすがの友人もビビッてくるが・・・
その時!


★衝撃の結末★

そばの墓穴から何かが飛び出してきて、私たちは失神した。
2人ともケガをして病院送りになったものの、命は取りとめた。
飛び出してきた何かを目撃した友人の話だと、それは単純な幽霊などではなく、ゼラチン状でネバネバした、恐ろしい形をした「名状しがたいもの」としか言いようのないものだったという。
ハッキリいって、この作品自体が「名状しがたいもの」
なんと言っていいかわからん。











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック