ネタ・ヴァレー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【ネタバレ】「家の中の絵」H・P・ラヴクラフト

<<   作成日時 : 2013/06/14 21:20   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

THE PICTURE IN THE HOUSE (1920)
Howard Phillips Lovecraft



ラヴクラフト全集 (3) (創元推理文庫 (523‐3))
東京創元社
H・P・ラヴクラフト

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ラヴクラフト全集 (3) (創元推理文庫 (523‐3)) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




★登場する怪物★ なし

短いけど日本の昔話「黒塚」を連想させる、人食い老人を題材にした印象的な一篇。
ニューイングランドの田舎って、そんなに恐ろしいのか・・・
クトゥルウ神話の架空の街アーカムが初めて登場する作品だそうで。
そのアーカムを目指し旅行中の私は、雨に降りこめられ、古びた木造家屋に飛びこむ。
無人の荒れ家かと思いきや、不気味な老人が1人住んでいた。
ニコニコと私を歓迎してくれて、立派な蔵書の数々を見せてくれる。


★衝撃の結末★

老人が特にお気に入りの1冊は、ラテン語で書かれた「コンゴ王国」(16世紀に書かれた実在する希少な本)だ。
ラテン語は読めないらしいが、挿絵を見て楽しんでるようで、とりわけ気に入ってるのは人食い人種による食人の図
その絵を見て恍惚となる老人、よく見るとページには血のような赤いシミが・・・
「この絵を見て興奮したので、羊を殺しただけじゃ・・・」と老人は言うが、人間も殺しているのではないか?
見ると、ページの赤いシミは、どんどん広がっていく・・・真上の天井から、赤い雫が滴り落ちているのだ!
私の恐怖が頂点に達した時、家に落雷が落ちて、すべては忘却の彼方に。

老人の語ったことを詳しく調べると、人間を食うことによって寿命を延ばし、恐ろしく長生きしていたらしいことがわかる。
雨宿りで飛びこんだ家に恐ろしい鬼が・・・という展開、本当に日本の怪談みたいだよね!






[カシオ]CASIO 腕時計 フィズ LAP MEMORY 60 STR-300CJ-1JF
CASIO(カシオ)
2007-03-22

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



[カシオ]CASIO 腕時計 スタンダード F-91W-1JF
CASIO(カシオ)
2013-10-31

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【ネタバレ】「家の中の絵」H・P・ラヴクラフト ネタ・ヴァレー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる