【ネタバレ】「狂気の山脈にて」H・P・ラヴクラフト

AT THE MOUNTAINS OF MADNESS (1931)
Howard Phillips Lovecraft



ラヴクラフト全集 (4) (創元推理文庫 (523‐4))
東京創元社
H・P・ラヴクラフト

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ラヴクラフト全集 (4) (創元推理文庫 (523‐4)) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




★登場する怪物★ 旧支配者=古(いにしえ)のもの、ショゴス

ラヴクラフト3大長編の1つ、正直言って読むのに少々くたびれますが、クトゥルウ神話の基本となる宇宙観が描かれた、読みごたえのある代表作であります。
南極大陸で発見されたのは、はるか古代に宇宙より飛来した異生物が築き上げた、巨大都市だった・・・
廃墟と化した都市に残された壁画により、人類誕生以前の地球の歴史が明らかになる。
言葉もわからないのに、壁画を見ただけで歴史を解読しすぎだろ!
限られた時間なのに巨大な遺跡を隅々まで探検しすぎだろ!
などなど、いつになくツッコミ所が多く感じるのは、科学的描写?が多く、怪奇よりSFの色合いが濃いからでしょうか。
現在、TVで気軽に南極の風景を見ることのできる我々にとって、想像力だけで描かれたインチキ臭い南極は、やはり時代を感じずにはいられません。
他のラヴクラフト作品で、時代が古いなんて感じること、あまりないんですけどね・・・

ミスカトニック大学が派遣した南極探検隊は、未知の大陸に上陸、奥地へと歩を進めるが、先発隊との連絡が途絶えてしまう。
南極の奥地にはヒマラヤをも越える大山脈が連なり、そのふもとにキャンプしていた先発隊は、氷の中から何か未知の生物を掘り出したらしいが、主人公たち一行が到着した時には、その生物は影もなく、ただ先発隊メンバーの無残な死体が転がるのみであった。
南極大陸に眠る宇宙人・・・ 「遊星からの物体X」を思い出しますな!

事件の鍵を握る生物を求めて、主人公たちは小型飛行機で大山脈を越えるが・・・ その彼方には、未知の巨大石造都市が!
ここの風景描写で思い出すのは、チベットやラダック地方で見られる、岩山から生えたような四角い石造の僧院。
たぶんラヴ先生も、その辺の風景写真か絵を見たことあるんじゃないかな。
廃墟と化した巨大都市に降り立った主人公たちは、巨大な回廊に描かれた壁画・・・ 恐らくは都市の歴史を主題にしたと思われる壁画を丹念に観察するうち、言い知れぬ恐怖に包まれる。


★衝撃の結末★

ヒトデのような頭、樽のような胴体に翼が生えてるという、あまりカッコいいデザインではない生物・・・ 本作では「旧支配者」と訳されてますが、「古(いにしえ)のもの」という訳し方の方が有名な、英語では「ジ・エルダー・ワン」と呼ばれる知的生命体・・・ 彼らこそが人類誕生のはるか以前に地球に飛来し、巨大都市を築き上げた種族だった!
壁画には、地球における彼らの興亡の歴史が刻まれていた。
先発隊が氷の下から仮死状態で掘り出したのも、この生物らしい。
だが壁画を読み進めていくと、だんだんと恐ろしい内容へ変化していく。

「旧支配者」が作り出した人工生命体「ショゴス」
ブヨブヨしたスライム状で、無数の眼や触手が現れたり消えたりという怪物だ。
スライム状モンスターの元祖かもしれません!)
そのショゴスを労働力として使役、巨大な都市文明を築き上げた「旧支配者」だが、年月とともにショゴスは知恵をつけ、反抗的になっていった。
そしてついに反乱を起こし、主人である「旧支配者」を捕食するようになった!

というあたりまで壁画を読み進んだところで、まだ新しい「旧支配者」の死体を発見!
先発隊を皆殺しにして逃走したと奴と思われるが・・・ 単なる死体ではなく、バラバラに引きちぎられ、食い散らかされているではないか!
一体、何者がこんなマネを・・・ まさか・・・
その先の円形の広場で、ついに姿を現す、今も生きていた恐るべきショゴスの姿!
「テケリ・リ!テケリ・リ!」というショゴスの鳴き声、本文でも書いてあるようにエドガー・アラン・ポーの南極探検小説「アーサー・ゴードン・ピム」で主人公が耳にする謎の鳴き声なわけですが、本作によって、その正体がショゴスだと判明するという仕掛け。
恐怖で狂ったように主人公たちは脱出。
その際、メンバーの1人が都市上空の雲の中に恐ろしいものを見て、神経をやられてしまう。
何を見たのかはハッキリと書かれていないが、巨大ショゴス?だろうか。
そのメンバーはついには、「テケリ・リ!テケリ・リ!」というただ1つの言葉だけを繰り返すようになったしまったのだから・・・

そういえば「ニャル子さん」にもショゴスが登場した回がありましたな。
ちゃんと「テケリ・リ!テケリ・リ!」って、言ってました。



ショゴスを萌えキャラ化した「テケリさん」なんてヒロインが出るラノベもあるのか・・・・(呆)

うちのメイドは不定形 (スマッシュ文庫)
PHP研究所
静川 龍宗

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by うちのメイドは不定形 (スマッシュ文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




Fire TV Stick
Amazon
2017-04-06

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック